陸上自衛隊女性自衛官教育隊

渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。





渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

陸上自衛隊女性自衛官教育隊記事一覧

陸上自衛隊女性自衛官教育隊(1)

今回から陸上自衛隊女性自衛官教育隊の連載となりますが、その前にまず、「女性自衛官について」から話を始めさせていただきます。随分前の話になりますが、駒門駐屯地に勤務するひとりの女性自衛官を取材したことがあります。阪神大震災で被災した際に自衛隊の支援を目の当たりにし、自分も人の役に立ちたいと防大に入校、...

≫続きを読む

 

陸上自衛隊女性自衛官教育隊(2)

今回は、女性自衛官の中でも将来陸曹となるべく教育を受ける新入隊員、一般曹候補生をクローズアップしてみます。一般曹候補生とは自衛隊の基幹要員となる「曹」を養成するコースで、入隊後2年9か月以降、選考により3曹に昇任、4年で一般幹部候補生部内選抜試験の受験資格が得られ、合格すると幹部に昇任できます。20...

≫続きを読む

 

陸上自衛隊女性自衛官教育隊(3)

 陸上自衛隊唯一の女性自衛官を育成する専門部隊である女性自衛官教育隊は、東部方面混成団の直轄部隊。 東部方面混成団は東部方面隊の基本教育部隊である第1教育団を母体とし、2011年3月に方面総監直轄部隊として編成されました。混成団では新入隊員に対する教育、主に関東甲信越(静岡県を含む)1都10県に所在...

≫続きを読む

 

陸上自衛隊女性自衛官教育隊(4)

 今回は女性自衛官教育隊の歩哨訓練の様子をご紹介します。 取材に訪れたときはすでに入隊して2か月ほど経っているので、新入隊員達の動きにぎくしゃくしたところはなく、自衛官としての基本動作はすでに「考えるより先に体が動く」といった様子でした。 眉も耳も全開に見えるほど短くカットされた無個性な髪型は、「候...

≫続きを読む

 

陸上自衛隊女性自衛官教育隊(5)

 前回に続き、女性自衛官教育隊の歩哨訓練の様子をご紹介します。 区隊長の講義が続きます。「この掩体は1人用で深さ70センチ。この交通壕を通って前進する」「中間は視界が良好でいい掩蔽が可能だが、上空の敵機への警戒も必要となる」「報告要領は1H5Wで簡潔に」 隊員たちは通称「緑本」と呼ばれる新入隊員必携...

≫続きを読む

 

陸上自衛隊女性自衛官教育隊(6)

引き続き女性自衛官候補生へのインタビューです。駐屯地や基地が数多くあるため、自衛隊に関わる人口も多い青森県出身のBさんは、もともと大学卒業後は民間企業に勤めるつもりで就職活動を行っていたそう。「それが企業説明会に行ったときに自衛隊のブースがあって、なにげなく話を聞いてみたら興味を持ったというのがきっ...

≫続きを読む

 

陸上自衛隊女性自衛官教育隊(7)

女性自衛官教育隊の連載、最終回です。昼食後の休憩をはさみ、午後は歩哨と斥候の班に分かれての訓練となりました。歩哨を行う班の候補生は2人1組で掩体に入り、有線代わりの鳴子を付け、小銃を構えます。そのすぐ隣で班長が指導していきます。目印になるものは何か、左右の限界はどこか、敵の経路は車両と徒歩でどのよう...

≫続きを読む

 

 





渡邉陽子さんのデビュー作

オリンピックと自衛隊

1964東京五輪は、自衛隊の支援なしに成功しなかった!
2020東京五輪も、自衛隊は同じ役割を求められることになる
知られざる自衛隊の苦難と栄光の歴史が、ここに明らかに!!
オリンピックに熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。

自衛隊家族会発行「おやばと」、「隊友」160715号、 「月刊モデルグラフィックス」2016/8号「月刊丸」2016/8号160712「防人の道 NEXT」「歴史群像」8月号(学研)160701 桜林美佐の国防ニュース最前線、「月刊世界の艦船」2016/9号、160809 政治学者・岩田温の備忘録 で取り上げられました。




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



渡邉陽子さんへのお問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓