おすすめの軍事本・書籍

こんにちは。エンリケです。
家村和幸さん(元二等陸佐、日本兵法研究会会長)が、
新刊を出されました。
家村さんのライフワークは「兵法研究」ですが、
その大きな柱の一つに「楠木正成」研究があります。 ...

家村和幸, 武士道精神入門

▽ ごあいさつ
 こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。
今回は「武士たちが遺した教え」の第五回目といたしまして、戦国時代から江戸時代への移行期をひたすら剣の道に生きた武芸者・宮本武蔵が遺した言葉を紹介します。 ...

巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

地政学・・・は、”兵法”をヌキにしては単なる空理空論になります。

巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

あなたは、このような話しを聞いて・・・戦後日本のスキというものが見えて来ませんか?

巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

戦後の日本人が考えることから遠ざかっていたことを現時点で意識することが求められています。それには、日本人一人一人のレベルで戦略、情報、兵法・・・その意識化が必要なのです。

巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

そして、それを「平和的に解決した」とか、「国民のためにやった」とか言ったことをみんなに”強弁”し始めるのであろう・・・と思って笑ってしまった・・・

未分類

古今東西の戦史や政治史を縦軸として・・・それに名将、凡将、愚将・・・名君、暗君とその参謀や臣(おみ)クラスなどを横軸として・・・運とか縁とか相性とかを見なおしてみると何が分かるのでしょうか?

未分類

ところで・・・この配信がなされる日あたりから、彼岸も過ぎて春の気配も進みゆき、そして、次の配信がなされる頃には・・・桜の花が満開を迎える頃となりましょう。

未分類

段階を重ねて注意することで、段々と”玄人”になって来るのです。今日は、無理でも、畳の目程のたゆまぬ努力が必要です。

リンク, 編集雑記

スペイン語圏のスペイン・ラテンアメリカ地域を戦略的・地政学的に総合的に捉える見識を持つための基礎講座です。最適の講師をお迎えできたことを、感謝するばかりです。

スペイン・ラテンアメリカ講座

「外国を知る」ということは、実は、「日本を知る」ことであり、先ずは己を知り、彼を知るという順序を弁(わきま)えて、「スペイン&ラテンアメリカ」の諸事象に当たっていただくことで、初めて本格的な裏と表が合一した”一廉(ひとかど ...