中国の軍事情報


1951年、サンフランシスコ講和条約により南沙、西沙諸島の領有権を日本が放棄すると中国は領有権の正当性を主張し始め、南ベトナムとの領有をめぐり対立するようになる。
1973年、ベトナム政府が南沙・西沙諸島の

巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

そして、それを「平和的に解決した」とか、「国民のためにやった」とか言ったことをみんなに”強弁”し始めるのであろう・・・と思って笑ってしまった・・・