セルバンテス協会

スペイン・ラテンアメリカ講座

【第13講】 "南蛮兵法"―その存在及び日本軍事史からの観察―

「日欧交渉意外史」に見られる注意点は、「日欧交渉史」を改めて研究する上で、大変重要であり、今後、複雑化する国際関係の中で、スペインと同じく海洋国家の性格を持つ日本が「21世紀の国際平和戦略」(表向きの表現として・・・)を策定するにあたり、よく「彼を知り己を知る」ための貴重なケース・スタディとして学ばれるべきものと思われるのです。
未分類

スペイン国国王及び同王妃殿下の京都ご訪問

スペイン軍将校の軍服は、離れて見ると陸上自衛隊のものと殆ど同じに見えました。日本も、天皇陛下が海外に行幸される際には、ビシッと自衛隊の将校がそれこそ正式な侍従武官として活躍すれば、国連の活動の他にも、それなりの国益上の効果があるかも知れません。
RSS