トーチ作戦とインテリジェンス, 戦史に見るインテリジョンスの失敗と成功

【前回までのあらすじ】
本連載は、1940年から1942年11月8日に実施されたトーチ作戦(連合国軍によるモロッコおよびアルジェリアへの上陸作戦のコードネーム。トーチとは「たいまつ」の意味)までのフランス領北アフリカにおける、 ...

CIA, 巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

スペイン(イベリア半島)、ラテンアメリカに関する”兵法的”な面白い実生活に役立つお話しを開始する予定

巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

政治、軍事、経済の中で、前二者(政治、軍事)に関しては・・・興味深い発想、着想やら、あまり知られていない淵源やら、それらは意外と”スペイン”という国にあるのです。

巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

あなたは、このようなスペインやらラテンアメリカやらについての背景があることを知りつつ、使用する参考資料に関しては注意して洗い直して吟味しなければなりません

未分類

「日常の一線を超える」ことで「神様と出会える」というところは同じでありましょう。

CIA, スペイン・ラテンアメリカ講座

グラシアンは、日本でも「グラシアン基金」というスペイン政府学術助成金の名称になっているくらいで、後世の他の欧州の哲学者、思想家たちにも影響を与えたスペインが生んだ傑物であり、欧米ではメジャーな存在です。

スペイン・ラテンアメリカ講座

印欧神話の有する”三機能”に合わせて考えて見るとよく判りますが、第一機能とは”戦略”であり、第二機能が”戦術(前線)”に、第三機能が”兵站(銃後)&# ...

スペイン・ラテンアメリカ講座

大凡、人とは、一人では存在出来ないものです。故に、必ず他者を必要として、共同体を成立させて、その組織の構造と体系を管理・運営する法則・秩序を有しています

スペイン・ラテンアメリカ講座

イベリア半島で特徴的なことは、中央部にスペイン語で”机”、”テーブル”を意味する”メーサ”(mesa)に縮小辞が付いて派生した言葉である”メセータ&# ...

CIA, スペイン・ラテンアメリカ講座

このジブラルタル海峡は、現在はイギリス領(防衛上の拠点)であることは知られていますが、対岸のモロッコ側には、セウタ(Ceuta。こちらは貿易上の拠点)というスペイン領の”enclave”(エンクラーベ:飛地)が ...

CIA, 未分類

スペインをテーマとする際、イベリア半島を一つの”総合的単位”として考慮して行くようにしてください。

スペイン・ラテンアメリカ講座

「日欧交渉意外史」に見られる注意点は、「日欧交渉史」を改めて研究する上で、大変重要であり、今後、複雑化する国際関係の中で、スペインと同じく海洋国家の性格を持つ日本が「21世紀の国際平和戦略」(表向きの表現として・・・)を策定するにあた ...

未分類

スペイン軍将校の軍服は、離れて見ると陸上自衛隊のものと殆ど同じに見えました。日本も、天皇陛下が海外に行幸される際には、ビシッと自衛隊の将校がそれこそ正式な侍従武官として活躍すれば、国連の活動の他にも、それなりの国益上の効果があるかも知 ...

スペイン・ラテンアメリカ講座

徳川幕藩体制は、この欧州の哲学・思想分野に関しては、かなり神経質な態度を取り続けています。このようなことが近代日本の基礎となった明治以降の日本人の西洋や欧米といったものに対するものの見方と考え方にかなりの反作用を及ぼしたと考えられるの ...