スペイン・ラテンアメリカ講座

未だ来たらぬ時間のことは、「事実」に基づいてそこから展開するのではなく・・・自分の心に基づいて、その気持ちを述べる・・・ことになっています。よって、決めつけて言わないところが特徴になっているのです。 ですから、全てに「予め・推測」する ...

CIA, スペイン・ラテンアメリカ講座

スペイン語の過去には相(アスペクト)の完了/不完了の対立に従って二種類の活用による表現があります

スペイン・ラテンアメリカ講座

時制とは、単純に過去、現在、未来と三つの区分から成り立っていて、それらだけで考えれば良いものだ・・・と思いがちです。が、言語の実相においては、動詞とは、時制だけのものではなく、「時制」を思い浮かべる場合には必ず法(モード)、相(アスペ ...

スペイン・ラテンアメリカ講座

何よりも、印欧語の思考を理解すること・・・それが戦略、情報、地政学の分野を構築して来た欧米系の人々の思考でもあるからです

スペイン・ラテンアメリカ講座

今回は、この動詞の持っている性質を土台にして・・・接辞化(接頭辞、接尾辞をつけること)することで動詞から別の品詞(形容詞と副詞)を作り出すことをします。

スペイン・ラテンアメリカ講座

再帰動詞は、不定形の時、語末に再帰代名詞の第三人称単数形”se”をシンボルとして必ず付けています。それで再帰動詞であることを一般の動詞から区別してください

巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

如何に”虚”の元凶を解明するか・・・即ち、己の脳内を点検すること、そして個人的能力として如何に”システム”(多次元的多面的な思考と行動)を”より大きくして行くか” ...

スペイン・ラテンアメリカ講座

スペイン語の文を解読するには、動詞について知っておくこと・・・これをきちんとしておけばかなり的確に早く原典を読み取ることが可能となってきます(これは英語、ドイツ語、フランス語・・・などでも同じことが言えます)。

スペイン・ラテンアメリカ講座

「スペイン語臭~い表現」が出て来ていますが、思考習慣から来る違和感を十分に吟味しておいてください。「物の見方考え方」に興味を持ちましょう!外国語学習での違和感とは、本当は、戦略思考、情報思考を鍛えるとても良いツールになっているのです! ...

スペイン・ラテンアメリカ講座

他律化構文は、スペイン語の学習者の間でもややこしいと思われるところですが、違和感のある発想も何度も繰り返して行くと普通になって来るものです。スペイン語にはスペイン語の「世界」があります。それをむしろ楽しむ・・・という心で学んでいってく ...

CIA, スペイン・ラテンアメリカ講座

動詞の本格的な各時制を学ぶ前段階として、動詞に示される時を明確にする副詞について学びましょう。副詞の働きは、単に時を示すだけではなく・・・様態、状態、条件、譲歩・・・など幾つかあります。が、今回、その基本とするところを整理しておきまし ...

スペイン・ラテンアメリカ講座, 台湾

「与格(~ニ)」と「対格(~ヲ)」はどう違うのか?について学んで行きましょう。

未分類

如何にリラックス・・・のお盆休みですが・・・そういう時にスペイン語を効率良く楽しく学びたい・・・そのためには?

スペイン・ラテンアメリカ講座

スペイン語でも・・・やはり特定のものごとを指し示す言葉が起源になっています。日本語も英語もスペイン語も・・・第三人称というのは、指示詞から由来しているのか・・・と考えてください。そうすれば、指し示す名詞の性や数を明確に指定して相手に分 ...