【オリンピックと自衛隊】五輪飛行

『オリンピックと自衛隊』
渡邉陽子(著)
並木書房
https://amzn.to/3ftYILg

こんばんは、エンリケです。

著者の渡邉さんは、
自衛隊と国民をつなぐ架け橋でありたい
という意識をお持ちのライターさんです。

そんな渡邉さんが、
知られざるわが自衛隊の栄光に光を当て、私たちの
目に見えるところに持ってきたのは運命なのかもし
れません。

この本を読んだあなたは、
わが自衛隊がいかなる労苦を乗り越え、
オリンピック支援という地味で苦しい任務をいかに
完遂し、いかに見事な成果を残したか?を知り、感
動を覚えることでしょう。

そしていま、2020東京オリンピックでも、
彼らが同じ任務を遂行中であることを知り、
心打たれるのです。

この本を読んだあなたは、
オリンピックには、金メダルを取ること以上に大切
なドラマがあることを知ります。

今開催中の2020東京五輪も、
普通の人より深いレベルで楽しめるのです。

感動の出来事の数々が、渡邉さんらしい冷静沈着な
文面で、淡々と描かれており、心に響きます。

2020東京オリンピックは、
選手にとり、国民にとり、関係者にとり、自衛官にとり、
心揺さぶられるところ多い大会になっています。

決してスポーツ関係者だけが関わっているのではない
国家行事「オリンピック」。

縁の下の力持ち
大会運営の黒子

という面からオリンピックを見る視座を
この本で手に入れることができたら、

より広くより深くより長く

オリンピックという行事を楽しめるはずです。

『オリンピックと自衛隊』
渡邉陽子(著)
並木書房
https://amzn.to/3ftYILg

エンリケ

追伸

ブルーの飛行にも心揺さぶられましたねー

『オリンピックと自衛隊』
渡邉陽子(著)
並木書房
https://amzn.to/3ftYILg