【オリンピックと自衛隊】知られざる自衛隊の栄光。

こんにちは、エンリケです。

先週、夕刊フジで連載された桜林さんの連載記事はご
覧になりましたか?

テーマは東京オリンピックと自衛隊でしたが、
面白かったですね。

さて例えばこの記事、

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/210730/dom2107300002-n1.html

ここで<前回の自衛隊支援について詳述した>本と
して取り上げられたのが

木曜日の連載の著者・渡邉陽子さんのデビュー作
『オリンピックと自衛隊 1964-2020』です。

今日からしばらくこの本についてご紹介しましょう。

公式文書以外で1964年の東京オリンピックと自衛隊
との関わりをここまで追求した書籍はない

と評されるこの本。

まさに今こそ読んでほしい内容です。

本著を読みながら取った、
エンリケの読書ノートをちょっとご覧ください。

———————-

軍人が軍人を評価する「ライフル競技」支援の重圧。
選手と心をひとつにした支援は、自衛隊にしかでき
ないレベルの高いもの。

東京五輪フリーライフル金メダリスト・アンダーソ
ン選手のことば
「今までにこのようにすばらしく運営された大会に
参加したことはない。
用意していた望遠鏡をほとんど使わなかった。標的
はタイミングよく上下され、その操作は機械より正
確で、私はただ冷静に銃を構えるだけでよかった。
世界新記録で優勝できたのは、まったく協力隊員の
おかげである」

国際射撃連合事務総長 チンメンアン氏のことば
「私は50年にわたる射撃歴においてこれほど立派
な協力を見たことない」

射撃競技のジンクスが破られた東京五輪

クレー射撃担当は空自。
競技終了後、主席審判員が支援隊全員の集合を要請
し、「今回のクレー射撃大会はひとつのトラブルも
なく実に立派に行われ、私がいまだかつて見たこと
もないすばらしいものであった。これはすべて自衛
隊の支援がよかったからにほかならない。諸君に空
前絶後の立派な協力に対し、ここに改めて敬意と謝
意を伝えます」と挨拶した。

自転車競技の支援は最も難しかった。
支援担当は伊丹3師団基幹の149名。
何が難しいか?が、すごく意外で興味深い。
まったく問題なく任務を完遂した自衛隊の能力の高
さを実感。

————————–

・・・

国内でこれまで開催されたオリンピック運営に
自衛隊が協力している事実を知る人はほとんどいま
せん。

いまでもそうでしょう。

知っていても
ブルーインパルスが飛んだよね?
表彰式で国旗掲揚してるよね?
くらいではないでしょうか?

渡邉さんによれば、
現役自衛官ですら「1964東京オリンピック支援」
をほとんど知らないそうですから、一般人ならさも
ありなんです。

オリンピックと自衛隊のかかわりをテーマにした
一般向けの本はいまでも見当たりません。

関係機関の報告書や資料はあるんですが、
素人が入手するのは困難ですし・・・
読んでもチンプンカンプン・・・

そんななか、誠に時宜を得た
渡邉さんの『オリンピックと自衛隊 1964-2020』。

自衛隊の協力なしにオリンピックが運営できなかっ
た事実を詳細に丹念に追い、一般人が読める形のよ
みものに丁寧にまとめた本です。

おそらく、この分野で初めて出た一般向けの本でし
ょう。

オリンピックで自衛隊が示した驚くべき支援内容の
事実を知り、わが自衛隊への誇り、そして日本への
誇り、オリンピック自国開催という静かな誇りが、
読み手のこころ奥深くじんわり染みわたってゆく本
です。

1964東京五輪への自衛隊支援について記された本著
ですが、ここに描かれていることは、いま展開中の
支援任務で活かされていることは間違いないでしょ
う。

刊行からいまにいたるも、これを超える五輪自衛隊
支援本はありません。

五輪は4年に一回ですが、東京五輪は生涯一度です。
まさに今が読みごろの本といって差し支えありませ
ん。

『オリンピックと自衛隊』
渡邉陽子(著)
並木書房
https://amzn.to/3ftYILg

エンリケ

追伸
自衛隊の五輪支援とは?

『オリンピックと自衛隊』
渡邉陽子(著)
並木書房
https://amzn.to/3ftYILg