今週の「日本陸軍の兵站戦」は?

きょうから、新シリーズ「陸軍砲兵史」が始まりました!

ロシアのウクライナ侵攻では、ミサイルでなく、砲身砲と戦車の重要性が再認識されました。

・火力が勝利を決める
・野戦砲や戦車の役割は重要である
ということは、専門家からずっと言われてきましたが、耳を傾ける世の風は弱く、我が陸自の火力は減勢の一途を辿っています。が、二十一世紀に起きたロシアのウクライナ侵攻は、これまで言われてきた火力に関する指摘が正しかったことを世に知らしめたのです。

そんな秋にはじまるこの連載。

大砲の起源は鉄砲より少し遅れたこと、
現在はすべてが榴弾砲になっていること、

など、荒木先生の軍事博学雑学脱線話全てを楽しみながら「基礎知識からはじまる「火砲」をめぐる叡智」を蓄えられる貴重な機会となりそうです。

全文はこちらで