軍事知識

From:製パン居士
 戒厳令は、軍が国家の統治機能(一部、又は全て/全国、又はある地域))を
停止(掌握)し、その機能は「戒厳司令官」等が掌握します。
英語の語義どおり、戦時(またはそれに準じた状況)で、憲法 ...

イベント情報, 軍事知識

日本最大級の補給処である北海道地区補給処で副処長を務められていた森元陸将補が補給・兵站の基礎をご自身の経験や、世界各国の戦史や自衛隊の研究・開発を通じて分かり易く説明します。

軍事知識

1.せめてこれくらいは国民として把握しておきたい軍事の常識

⇒軍事は政治の延長線上にあるもので、決して特別なものではない。
だから、軍事を忌み嫌う人は、政治を正しく理解することが出来ない。
一方で、軍 ...

自衛隊情報, 軍事知識

独立国家に軍事力は必要不可欠です。
「戦後日本」という国家(?)に必要な軍事力について各自衛隊が考え方を公表しています。
まとめて紹介します。
忘れちゃいけないこと、それは、
国防・軍事・安保戦略は、軍 ...

その他, 読者の声, 軍事知識

指揮官先頭であることは当然ですが、それに部下が積極的についていくことも同じように重要です。「良き上司であるためにはまず良き部下であれ」ということです。では、「良き部下とは何か?」ですが・・・

台湾, 安保・戦略, 日本の軍事情報, 軍事知識

中共の企図している台湾侵攻の戦火は、必ず先島諸島から我国全体に及ぶでしょう。
それを阻止できるか、否か、はまさに「バトル・オブ・ブリテン」の先例にあるとおり、彼我の航空優勢の如何にかかっています。侵攻側戦闘機は往復航程分だけ戦 ...

その他, 世界の軍事情報, 日本の軍事情報, 軍事知識

家を守ることも国を守ることも基本は同じことなのです。わが国も稀なケースとして、ジワジワむしり取られていることに気づいてほしいと願うばかりです。特に自衛隊を貶めることに必死な方々に。

その他, 自衛隊情報, 軍事知識

今のわが国での呼称は、軍人=自衛官、軍人+軍人以外の背広官僚その他=自衛隊員となっています。

自衛隊情報, 軍事知識

「隷属」とは、本来の指揮関係上は上位とはならない部隊の指揮下に恒常的に入ることを言います。(一方、もとから指揮下に入っている状態のことを、「隷下」と言います。)

おすすめの軍事本・書籍, 世界の軍事情報, 軍事知識

冷戦構造の崩壊にあたってドイツおよびドイツ軍はどう対処したのか?新たな欧州の安保構造構築にあたって、ドイツを含めた欧州は何をしてきたのか?そして今何をしているのか?ロシアをNATO,欧州はどう見ているのか?どう扱っているのか?・・・そ ...

世界の軍事情報, 軍事知識

二〇〇三年から二〇〇五年にかけて、一〇軽山岳師団長、一八〇統連合任務部隊指揮官として不朽の自由作戦(アフガン)に参加。二〇〇五年九月から二〇〇六年一〇月にかけて米中央軍参謀長。二〇〇六年十二月以降、十八空挺軍団長

世界の軍事情報, 軍事知識

ラテンアメリカで最も近代化された軍のひとつです

日本の軍事情報, 読者の声, 軍事知識

アウトソーシングの考え方こそ、長い目で見て結局は経費削減になるのではないでしょうか。

読者の声, 軍事知識

我々の若い頃、潜水艦の名前について「将来、

CIA, 自衛隊情報, 軍事知識

帝国陸海軍77年、自衛隊55年の歴史もこの意味で決して長いとは言えません

日本の軍事情報, 自衛隊情報, 読者の声, 軍事知識

今回の官邸主導の改革は従来と異なり、内局のお手盛りでない知恵が出されるであろうと

台湾, 軍事知識

必須の制度なのに欠けているので、現実には有事になると元自衛官に声を掛けて再志願してもらうしかありません。現実の有事計画もそうなっています