別冊 本土決戦準備の真実, 家村和幸

▽ごあいさつに代えて ~戦場から届いた言葉~
・・・最も熟慮を払った場所で、最も奔放に敢行する。
これこそが、われわれの流儀である。・・・
    ベリクレス(前495~429 古代ギリシヤ・アテネの政治家 ※ ...

別冊 本土決戦準備の真実, 家村和幸

ごあいさつに代えて ~戦場から届いた言葉~
・・・諸君はたった二ヵ月であったが、帝国軍人として、一生懸命に訓練に励んだ。まことに立派であった。これからは一国民として自らの業務に戻り、国家の復興に尽してほしい。短い間であったが、 ...

別冊 本土決戦準備の真実, 家村和幸

▽ ごあいさつに代えて ~戦場から届いた言葉~
・・・敵が来たときに、かねがね勉強しておいた戦略戦術、用兵、
習い覚えた技術によって、うまくこれに勝とうなんて考えても、
それは愚かなことである。諸君は潔く戦って ...

別冊 本土決戦準備の真実, 台湾, 家村和幸

▽ごあいさつに代えて ~戦場から届いた言葉~
・・・各兵団長共に士気昂(たかぶ)り、泣言を言う者なし。ただし、
作戦の思想、敵を恐れる気分が一部にある。損害を避け兵力を温存
する観念が一般的に強い。水際撃滅、決 ...

別冊 本土決戦準備の真実, 家村和幸

▽ごあいさつに代えて

~戦場から届いた言葉~

・・・誰かが、どうしても行かなならんとなれば、言われた俺が
断るわけにはいかんやないか。俺が断ったら誰かが行かなならん。
俺は行くのは嫌やから、誰か ...

別冊 本土決戦準備の真実, 台湾, 家村和幸

▽ごあいさつに代えて ~戦場から届いた言葉~
・・・我々は明日から戦おうと思っているのに、なんてことを言うのか。
とにかく死んではいけない。どうして死ぬなんていうのか。
(中略)我々も必死で、この後ろの山で戦う ...