インテリジェンス

非常に面白いです。
ハイエクとミルトン・フリードマンの教えをいち早く採用した指導者たちと、そういう指導者を選んだ国民の存在がキモだったようです。
いっぽう、いまの時代に社会主義者に政権をゆだねた(!)フランスが、こてん ...

インテリジェンス, 台湾, 新穂智少佐の西部ニューギニア横断記, 歴史

新穂智(にいほ・さとる)
大正5年(1916年)鹿児島生まれ。旧制中学卒業後満州に渡り満鉄に勤務。
現地入隊で台湾歩兵連隊に入営。甲幹試験に合格。見習士官となり陸軍
中野学校の第一期生となる。卒業後の

インテリジェンス, 台湾, 新穂智少佐の西部ニューギニア横断記, 歴史

新穂智(にいほ・さとる)
大正5年(1916年)鹿児島生まれ。旧制中学卒業後満州に渡り満鉄に勤務。
現地入隊で台湾歩兵連隊に入営。甲幹試験に合格。見習士官となり陸軍
中野学校の第一期生となる。卒業後の

インテリジェンス, 国際情勢

氏の発言を「極右・軍国主義」と評する人は、自らが極左・独裁主義の立場にいる事実を図らずも証明したこととなる。
「立場をわきまえて」と評する人は、自らがわが国の未来への視座を持たないことを図らずも証明したことになる。

インテリジェンス, 台湾, 新穂智少佐の西部ニューギニア横断記, 歴史

新穂智(にいほ・さとる)
大正5年(1916年)鹿児島生まれ。旧制中学卒業後満州に渡り満鉄に勤務。
現地入隊で台湾歩兵連隊に入営。甲幹試験に合格。見習士官となり陸軍
中野学校の第一期生となる。卒業後の

インテリジェンス, 台湾

宇都参議院議員のブログに、貴重な資料がありました。
「年頭にて、政治家の本分を考える」
今年は諸国で国家元首の交代がある年です。
1月 中華民国(台湾)総統選挙
3月 ロシア大統領選挙
7月 フ ...

インテリジェンス, 自衛隊情報, 軍事知識

比較しましょう
●JGSDF’s 36th Infantry Regiment
 訳語:陸上自衛隊第36普通科連隊
●USArmy’s 36th Infantry Regiment
 訳語: ...

インテリジェンス, 安保・戦略, 歴史

「評。天下は一人の天下に非ずとは、是れ支那人の語なり。支那は則ち然り。神州に在りては、斷々、然らざる者有り。
 謹みて按ずるに、我が大八洲は、皇祖の肇めたまふ所にして、萬世、子孫に傳へたまひ、天壤と與に窮り無き者、他人の覬覦す ...

インテリジェンス, 歴史

江戸期の愛国思想家浅見絅齋『中國辯』(『靖獻遺言講義――處士劉因の條』所収)より抜書き。
<扨て中國・夷狄と云ふ事あるに付き、唐の書に、日本をも夷狄と云ひ置くを見て、とぼけた學者が、「あら口惜しや、耻かしや。我は夷狄に生れたげ ...

インテリジェンス, 国際情勢, 安保・戦略

よく整理されてますね。
大東亜戦争への罪悪感から脱却すること。
これが日本国民・日本人にかけられた洗脳を解除するために必要な
最初の感情ステップです。
役立つ資料や情報があれば、ご連絡ください

インテリジェンス, 台湾, 新穂智少佐の西部ニューギニア横断記

この動画は新穂智少佐が残した資料
「西部ニューギニア横断記」
を、動画の形で完全に残したものです。
youtubeで公開されており、全部で37話あるはずです。
きわめて長編なので、
一日やそこら ...

インテリジェンス, おすすめの軍事本・書籍, 歴史, 自衛隊情報

<わが国が敗戦に至った理由のひとつは、
国家全てが情報理論の重要さを軽視したことにある>

帝国陸軍の兵団参謀として終戦を迎え、陸自調査隊の創設に
深く関わった男が人生の最期に書き残した「知られざる戦後情報史 ...

インテリジェンス

 報道ベースで考えれば、今回の発生端緒も先般のソニー同様、既知の脆弱性が狙われ
た可能性が高い。

同社がどういうセキュリティー監査体制を敷いていたのかは判らないが、
少なくとも兵器・原発等の産業参加企 ...

インテリジェンス, 世界の軍事情報, 台湾

米国家陸上情報センター(NGIC)は米陸軍情報集団・情報保全集団の一組織で世界各地の地上軍に関する情報を各級指揮官はじめとする意思決定者に提供している機関。
ここが出した情報のうち機密解除されたレポート(*1)がある。

インテリジェンス, 世界の軍事情報

Edited by Dr. Tarek N. Saadawi, COL Louis H. Jordan, Jr.
This book answers several essential questions: What is c ...

インテリジェンス, 世界の軍事情報

Authored by Dr. Rod Thornton.
Russia’s political leaders are currently pushing a state- and society-wide pr ...