インテリジェンス, 朝鮮の軍事情報, 自衛隊情報

米国もここに来て北鮮との直接交渉の場に拉致問題を持ち出しましたね。北鮮の核放棄協定成立後の経済支援に対して、金蔓の日本がそっぽを向いていては極めて困る、という現実的な問題がボツボツ顕在化してきた可能性は大いにあり得るでしょうね ...

インテリジェンス, 日本の軍事情報

少しでも事情を知る人なら、そんなことを百も承知のはずのですが、A級戦犯を祀る千鳥ヶ淵墓苑に首相は参拝するな、とは誰もいいません。千鳥ヶ淵墓苑だけではありません。政府が主催する終戦記念日の全国戦没者追悼式も同様です。それはなぜか、といえ ...

自衛隊情報, 軍事知識

「隷属」とは、本来の指揮関係上は上位とはならない部隊の指揮下に恒常的に入ることを言います。(一方、もとから指揮下に入っている状態のことを、「隷下」と言います。)

その他

ひとつだけはっきりしていることは、なんだかよく分からない情報に振り回されたのが関係部署の軍人であり、特に空自小牧基地の軍人各位であったということです。

朝鮮の軍事情報

北鮮が30日午前、平安南道甑山付近の黄海上で艦対艦短距離ミサイル3発を発射した。このうち一部は着弾地点に到達しなかったようだ

読者の声

工作員は日本から引きあげたわけではありませんし、ミサイルも健在で国家体制はどうなったのかもわかりません。日本にとっては体制崩壊でも厄介な事になります。チベット問題も誰も覚えていないような気がします。 貴紙にはこれからも日本のマスコミが ...

読者の声

本日(5/27)は海軍記念日です。
東郷長官統率のもと、奮戦数日、帝國海軍は露國バルチック艦隊を
撃滅した、光輝あるこの日を、海軍ファンの私は心の中でお祝いし、
かつ、感謝しております。

歴史

皇室ジャーナリストの斎藤義久さんは、昨日配信された『【臨時増刊号】斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」【平成20年5月29日】』で、以下のようなことばを残されています。
<(前略)天皇の制度にしても、宮中祭祀にしても、日本の歴 ...

中国の軍事情報

中国工程物理研究院は別名を南西研究所ともいう。中共の核開発の拠点であり、水爆の研究も行っている。英語標記はChinese Academy of Engineering Physics(CAEP)である。

中国の軍事情報

地震発生直後、温家宝が核の専門家と共にすぐ現地入りし、その後胡錦涛も速やかに現地入りしたのは、今回の地震が核施設にもたらす影響を受けてのものである

朝鮮の軍事情報

また、北朝鮮が核・ミサイルを廃棄するという条件でないと在韓米軍の撤退や戦時作戦権の委譲は北の赤化統一の環境を造成するからです

国際情勢, 歴史

本著は、わが国では余り知られることのなかったNATO、欧州の軍事そして戦後ドイツの軍事について、ドイツ軍、NATOという欧州軍事の中枢で責任ある立場にあった将軍が自ら書かれた、極めて貴重な資料といえます。
冷戦構造の崩壊にあた ...

その他, 台湾

「日本が手を挙げ中共が入国を許可したことで、チベット問題で窮地にあった中共は「ミャンマーとは違い民主的」との好イメージを獲得することに成功した。天安門事件のときと同じことを日本政府はしている。はたしてこれは偶然なのか?」と捉える海外の ...

日本の軍事情報, 自衛隊情報

特に、統合幕僚長が担っていた職責を、運用局長に負わせるなどという案は、空恐ろしい気さえします。(それとも、防衛省、特に背広組?は単に馬鹿なだけなのでしょうか。)

自衛隊情報

昨年3月に四高射隊(入間)への配備がはじまってから、一高射隊(習志野・今年1月に配備完了)、二高射隊(武山:今年3月に配備完了)、三高射隊(霞ヶ浦:今年3月に配備完了)という形で首都圏のPACー3配備は完了しています。

その他, 編集雑記

いま話題の映画「南京の真実」については、メディアがその存在をほとんど伝えていません。わが国民すべてが知っておく必要があると思いますので、ここでお知らせします。

台湾, 読者の声

これからも日本人として当国で生きていきますが、我が家の子供達やブラジル人達にも、日本の事を沢山伝えたいと思っております。

編集雑記

以前聞いた言葉に「時代は人々が不安に思う方向へと動いてゆく」というものがあります。この言葉は真実のように感じます

自衛隊情報, 読者の声

何故か?マスコミが報道しない(たぶん意図的に)からです。軍というものを徹底的に忌避しこれを貶めようというものたちの執念が感じられます。一日も早い「日本国軍」の建軍を祈念するばかりです