第二次世界大戦 太平洋戦争【日本ニュース】 11年式軽機関銃 99・96式軽機関銃

武器・装備
第二次世界大戦 太平洋戦争【日本ニュース】 11年式軽機関銃 99・96式軽機関銃

チャンネル登録お願い致します→http://www.youtube.com/channel/UCk2PCowS5bIgzbTZm8dRq4A?sub_confirmation=1

十一年式軽機関銃(じゅういちねんしきけいきかんじゅう)は、日本で1910年代から1920年代前期にかけて開発・採用された軽機関銃。日本軍が初めて制式採用した軽機関銃であり、1941年(昭和16年)までに計約29,000挺が生産された。
九六式軽機関銃(きゅうろくしきけいきかんじゅう)は、1930年代前中期に開発・採用された大日本帝国陸軍の軽機関銃。
九九式軽機関銃(きゅうきゅうしきけいきかんじゅう)は、1930年代後期に開発・採用された大日本帝国陸軍の軽機関銃。

様々な戦いの歴史。

戦時中のニュースフィルムや戦意高揚映画、現代の兵器まで様々な動画を集めてみました。

コメント

RSS
タイトルとURLをコピーしました