『日本に自衛隊がいてよかった 自衛隊の東日本大震災』桜林美佐(著) が文庫化されました

おすすめの軍事本・書籍

月曜日の連載「美佐日記」の著者・桜林美佐さんの名著のひとつ

『日本に自衛隊がいてよかった 自衛隊の東日本大震災』

が文庫化され、きょう発売されました。

日本に自衛隊がいてよかった 自衛隊の東日本大震災 (産経NF文庫)
日本に自衛隊がいてよかった 自衛隊の東日本大震災 (産経NF文庫)

わが国では数少ない
「正鵠を射た自衛隊・防衛への理解」をもつ
防衛問題専門家の手になる書なればこその文庫化でしょう。

桜林さんの
自衛隊・防衛を見る目は、
実に正鵠を射ており、温かい。
まるでお母さんみたいです。

そういう著者だからこそ描けた自衛隊の姿があります。

あの震災からもう8年たちました。
東日本大震災という未曽有の国難に立ち向かった
わが自衛隊。みごと任務を完遂した自衛隊の姿を、
改めて読んで、見て、知って、感じてください。

すみません、
視界がぼやけてこれ以上書けません。

桜林さんの名著の文庫化です。
単行本をお持ちの方も、文庫本はぜひお手元に。

日本に自衛隊がいてよかった 自衛隊の東日本大震災 (産経NF文庫)
桜林美佐(著)
文庫: 224ページ
出版社: 潮書房光人社 (2019/2/22)
ISBN-10: 4769870094
ISBN-13: 978-4769870098
発売日: 2019/2/22
梱包サイズ: 15.1 x 10.7 x 1.3 cm
https://amzn.to/2XgFm1y

コメント

RSS
タイトルとURLをコピーしました