陸軍九五式軽戦車の里帰り計画にご協力を!

歴史
九五式軽戦車 Type 95 Ha-Go

㈱カマド自動車 所有
旧日本陸軍主力軽戦車 九五式軽戦車ハ号 Type 95 Ha-Go
Video of tanks fight is here!!! http://youtu.be/L2QhayQl-Ak

「戦場のポニー」といわれた陸軍九五式軽戦車の里帰り計画をご存じでしょうか。この運動がいよいよ本格化しました。長い付き合いの畏友、御殿場市かまどに株式会社カマドの社長であり、NPO法人「防衛技術博物館を創る会」代表の小林雅彦氏の呼びかけです。当時のエンジンで走る、世界的に貴重な1台が現在英国の好事家の手にあり、それを入手しようという計画になります。

南洋のミクロネシア連邦ポナペ島に眠っていた同車は1981(昭和56)年にわが国に還ってきました。86年から京都嵐山美術館に展示され、91年に南紀白浜ゼロパークに移管されましたが、同館の閉鎖にともなって、2004年に英国人に買われてしまいました。

英国人も大切にしてくれて、10年以上にわたって修復作業をしてくれました。現在、エンジンは軽快に作動しています。これを何とか生まれ故郷のわが国に還せないかということで、相手からのオファーは約1億円です。それから寄付金を集める苦労が始まりました。

ようやく、インターネット上のクラウドファンディングもスタートしました。4月末までが開催期間です。ぜひ、貴重な軍事技術史、車輛技術史の大切な史料を取り戻したいものです。ご関心のある方は、特定非営利活動法人・防衛技術博物館を創る会のHPもご検索ください。https://readyfor.jp/projects/type95HA-GO

荒木肇

コメント

RSS
タイトルとURLをコピーしました