【本の紹介】「主任設計者が明かすF-2戦闘機開発 「平成のゼロ戦」はこうして作られた!」  神田國一(著)

おすすめの軍事本・書籍

こんにちは、エンリケです。

「はじめからできないと思ったら何もできない。進取の気性を持て」
(増田逸郎・三菱重工元技師長)

「技術者の情熱が名機を作る」
(松宮簾・元空将・防衛庁技術研究本部技術開発官(航空機担当))

「技術者の『やりたいもの』『やれるもの』の設計は顧客から不
安をもって見られる。『やるべきもの(目標)』を設定し、これ
を実行するのが設計の基本」
(日根野譲・元三菱重工航空機事業本部長)

戦闘機開発技術者への遺言

著者の神田さんは、「おわりに」でこういう言葉を残されています。

<私たちも、FS-Xの日米共同開発において、米国の官民が考えた
ほど、F-16の技術を尊重したり、ありがたく思って、そのまま利
用したということはありませんでした。FS-Xの設計は私たちが独
自に考えた哲理です。>

これまで国内外で出たFS-Xにまつわる書は、
本著の登場を通じ、相当程度内容を修正する必要が出てくる気が
します。

兵器共同開発の全体像は、具体的な細部の交渉ごとや検討事項、
現場でしかわからない様々な問題の解決などで成り立っている。
部外者がその詳細を知る機会はまずない。

本書は、そんな稀有な機会を提供する稀有な記録である。
手にした読者は稀有な機会をモノにできた喜びを、時の経過とと
もに実感することになろう。

著者の神田氏は、FS-Xプロジェクトの柱として活躍したエンジニ
ア。

略歴は次のとおり。

1938年生まれ。群馬県出身。
1962年東京大学工学部航空学科卒業、同年新三菱重工
(現・三菱重工)入社、名古屋航空機製作所に勤務。MU-2、
XT-2/F-1、CCV研究機などの開発に従事。1990年FSET(F-2開
発チーム)チーム・リーダー、1992年技師長・FS-Xプロジェ
クト・マネージャー、1997年三菱重工顧問。2013年没、
享年75.

技師長と聞くだけで姿勢が直るのは私だけだろうか。

「主任設計者が明かすF-2戦闘機開発 「平成のゼロ戦」はこ
うして作られた!」
著:神田國一(FS-X設計チーム・リーダー)
出版社: 並木書房
発売日: 2018/12/10
サイズ: ソフトカバー 四六判259ページ
18.8 x 13.1 x 1.9 cm
http://okigunnji.com/url/8/

FS-Xについては、手嶋さんの本が有名です。
そのためでしょうか、一般的には
「アメリカが、わが国産戦闘機開発を潰した件」という
イメージ「だけ」が伝わっている感を持ちます。

「FS-Xはあの時消えてなくなった」
という認識を持つ人も現実には多くいます。

独自開発が米の圧力でできなくなったことはもちろん事実ですが、
日米共同開発となって、F-2支援戦闘機に結実したんです。
量産化につながってるんです。

これによりわが方は、
「戦闘機製造技術の継承」という極めて大きな価値を手にしたわ
けで、必ずしも日の丸お涙頂戴ばなしのみで片付けてはいけない
重要なプロジェクトだったことがわかります。

現場は、
日米共同で戦闘機を作る、
という前代未聞の取り組みにあたって凄まじい時を積み重ね、
越えられないと思われた壁を次々と乗り越えたのです。

その過程をリーダーの立場からつぶさに記録した本著は、
「戦闘機製造技術の継承」の一点に集中。現場で最善を尽くし、
立派な果実を結実させた関係者たちの大和魂の結晶ともいうべ
き作品です。

景山氏の手になる「解題」でわかる、
本著が世に出ることになった経緯も非常に面白いです。

「主任設計者が明かすF-2戦闘機開発 「平成のゼロ戦」はこ
うして作られた!」
著:神田國一(FS-X設計チーム・リーダー)
出版社: 並木書房
発売日: 2018/12/10
サイズ: ソフトカバー 四六判259ページ
18.8 x 13.1 x 1.9 cm
http://okigunnji.com/url/8/

プロジェクトリーダー自ら記した手記である点も非常に貴重です。
記述の信頼度がぜんぜん違います。

数え切れないほど現れる壁に直面した技術者たちが、
知恵を出し合い、助け合ってたくましく乗り越えてゆく姿は
誠に爽やか。戦闘機に少しづつ結実してゆく過程は感動的です。

なかでも、本著の総まとめともいうべき第11章は、
「開発技術力継承のための三つの要諦」はじめ、
そのすべてが読みどころといって差し支えありません。

わが国が続く限り永遠に残る、いや遺さなきゃいけない
「技術者魂」「技術の伝承」に欠かせぬ一冊と断言して差し
支えありません。名著です。

「戦闘機技術者」はもちろんですが、「戦闘機技術の恩恵を受け
るすべての国民」が読む必要のある書です。

ではこのF2戦闘機開発技術史の内容を見ていきましょう。

□目次

はじめに(神田國一)9

第1章 FS‐Xの初飛行 25

延期された初飛行 25
FS‐X試作初号機の初飛行 28
GD社が欲しかった日本固有の新技術 32

第2章 超音速技術習得の出発点 36

F‐86のライセンス生産でスタート 36
超音速機XT‐2の国内開発 40
ジェット戦闘機F‐1の開発(FS‐T2改)48
次世代機に欠かせない新技術の開発 51
将来航空機技術の大物研究 55

第3章 FS‐Xの開発計画 64

米国からの圧力 64
FS‐X設計準備チーム 72
日米政府間協議 77
FS‐X日米共同開発に着手 80

第4章 FS‐Xの基本設計 84

設計チームの発足 84
官側TSCと民側ECM 93
設計チームの公用語は英語 94
三菱流の技術資料の書き方 96
チーム・リーダーとしての役割 97
準拠スペック 98
開発作業の流れ 104
FS‐Xの任務 107
F‐16の特徴 108
F‐16からの主要改造 111
さまざまな壁を乗り越えて 131

第5章 現実化した「平成のゼロ戦」138

モックアップ公開と松宮開発官の直言 138
米国関係者のモックアップ見学 144

第6章 米国に技術移転された複合材 146

複合材一体成形主翼の試作 146
GDからロッキード・マーチン(LM)へ 147
軌道に乗ったGDの主翼製造 148
飛行制御システム試験 150
アビオニクス・システム統合試験 152
専門技術を持つ米国装備品メーカーの存在 153

第7章 ロールアウト 155

FS‐X初号機組み立て完了 155
ロールアウトの報道 159
高性能機は美しい 161

第8章 社内飛行試験 163

全機地上機能試験 163
地上滑走試験 164
初飛行に移行する条件 166
社内飛行試験 168
試作機納入 171

第9章 技術実用試験へ 175

計一二〇〇回の飛行試験 175
初期の技術試験で判明した要改善事項 178
全機静強度試験で判明した主翼の要改善事項 181
垂直・水平尾翼等舵面の要改善事項 186
量産機への改善事項の反映 190
量産初号機納入式 193

第10章 米国の評価 194

日本への技術移転の厳しい制限 194
米国会計検査院(GAO)の報告書 196
「独自開発に近い大規模改造」200
開発成功について 207
世界レベルの戦闘機の開発技術力 212
日本に航空機開発技術を与えたのは誰だ 215
ジェフ・シアーの結論 217

第11章 絶やしてはならない技術の継承 220

技術の進歩に応じた開発が必要 220
技術者の思いがFS‐Xを作り上げた 222
「技術者の情熱が名機を作る」224
開発技術力継承のための三つの要諦 226

おわりに(神田國一)238

堀越二郎氏の教え 238
松宮元開発官の「開発の教訓」241
開発に成功した要因と今後の課題 243

主要参考文献 247

解題「平成のゼロ戦」を作り上げた技術者たちの情熱と矜持
(景山正美)250

本書刊行の経緯 250
神田氏の人柄とリーダーシップ 252
チーム・リーダーの心構え 255
技術継承─?平成のゼロ戦と堀越二郎?257

はじめに(一部)

< これは、三菱重工が主契約者となり開発した、
防衛省(当時防衛庁)の支援戦闘機F‐2(当時FS‐X)の技
術関係の開発物語です。

私たちはもともとFS‐Xは独自国内開発するのが当然だと
考えていました。一方、米国にとって日本は米国の軍用機の重要
な市場だったので、この市場を確保するとともに、同じ戦闘機を
保有して、万一の場合に日米共同運用する可能性を維持したいと
考えていたものと思われます。

しかし、日本の支援戦闘機の任務は、F‐15などの要撃戦闘機
を支援するのが目的ではなく、敵艦艇が日本に侵攻するのを阻止
する海上自衛隊や、侵攻部隊が着上陸するのを阻止する陸上自衛
隊を航空戦力で支援するのが目的であって、F‐15などの要撃戦
闘機とは運用目的が異なります。

したがって、FS‐Xとして米国の既存機をそのまま運用す
るのは日本の要求に合致しないという日本の主張に対し、米国は、
米国の既存機を日本の複合材構造や新型レーダー、新型ミサイル
などの新技術で能力向上を図った戦闘機を、日米共同で改造開発
して、航空自衛隊が運用することを提案してきました。

この案が日米両政府の合意するところとなり、日本側が取りま
とめ役となって日米共同でF‐16を改造開発する案が実現したの
です。

なぜ独自国内開発するのが当然かといいますと、戦闘機の技術
資料、試験結果は、どこの国でもすべて「秘扱い」とするので、
不具合対策を実施する時も能力向上のため改良をする時も、それ
ら資料やデータがないと何もできず、秘資料やデータを保有して
いる外国のメーカーに提供を依頼すると長い時間と高い経費がか
かるからです。

FS‐Xでは防衛庁の部隊使用承認を取得する時、残った課題
を、その後数年にわたって技術的追認で確認し、たとえば高度・
速度の飛行可能領域を拡大することができました。これと同様に、
今後の性能向上、能力向上も必要な時に、合理的な経費で実現で
きます。

(中略)

この本を執筆する私の動機は三つあります。

一つ目は、米空軍が現在運用中の第一線戦闘機(F‐15、
F‐16など)のレベルで、日本の運用要求を満たし得る戦闘機を
日本が主導的に米国と共同で開発することに成功したこと。これ
によって今後、FS‐Xの能力向上と、さらなる改造の能力を習
得したことを皆様に承知していただきたいことです。
同時に、日本で戦闘機を製造していることも知らない皆様に、
作るだけなら五〇年も前からライセンス生産をしており、日本で
開発した超音速戦闘機F‐1も一九七五年から量産していること
を、認識していただけると期待しています。

二つ目は、開発中の強度試験で主翼にひび割れが発生したと
か、飛行中なら墜落の恐れがあるとか、何回か報道されました。
それが、その後どうなったのか、FS‐X関係者でもご存知ない
方が大勢いること。そして試験で判明した要改善事項は試作機だ
けでなく、量産機も一号機から全機に適用して問題なく部隊運用
が開始されたことは、あまり大きくない記事が、一度出ただけで、
知らない方が多いと思います。
FS‐Xは開発に成功したと認識されていないと、FS‐X
だけでなく、自衛隊機の将来のためにも好ましくないので、読者
の皆様に実情をご理解いただきたいと思います。

三つ目は、米国の評価は、後述のランド社のマーク・ローレル
の報告でも、ドキュメンタリー作家ジェフ・シアーの著書でも、
結論は「FS‐Xの開発は(日本にとって)成功」と書かれてい
ますが、それがほとんど知られていません。これは日本の関係者
にはぜひ紹介しておきたいと思いました。

ただし、FS‐XはF‐16の改造機ですから、たとえばFS‐
Xの性能値を公表するとF‐16の性能値を推定しやすくすること
になり、F‐16を保有している世界中の各国の安全を脅かすこと
になります。したがって、防衛秘密にかかわるようなことは、公
表されている範囲で書くことにしました。

また、試作機の試験というのは、防衛庁が実施する技術実用試
験のことで、自衛隊機が飛行したことのない高度、速度の条件で
飛行したり、実施したことのない旋回運動など、飛行試験データ
を見るまではどんな荷重がかかるかなど、未知の領域で予見でき
ないことが発生することがあります。

したがって、試験中に判明する要改善事項は、この試験中に
積極的に出して、運用に入る前に改善しておく必要があります。
このような試験中に判明した要改善事項は防衛庁が公表した範囲
で紹介します。皆様にご理解いただければ幸いです。

(中略)

私は昭和三七(一九六二)年に三菱重工に入社後、MU‐2、
T‐2/F‐1の開発、次いで将来航空機の技術的可能性をさぐ
るCCV研究機の開発、そしてFS‐X国内開発案の提案などを
担当し、FS‐X設計チーム発足からはチーム・リーダー、その
後プロジェクト・マネジャーを務めました。

定年退職後、平成一四(二〇〇二)年まで、設計チームの顧
問でしたが、これからは忘れる一方になります。この本は私がい
まだ覚えていることを、巻末の参考文献など手元にある書籍、新
聞記事などを参考にして執筆しました。

この本を、読者の皆様が航空機開発史を顧みるよすがにしてい
ただければ幸いに存じます。>

「主任設計者が明かすF-2戦闘機開発 「平成のゼロ戦」はこ
うして作られた!」
著:神田國一(FS-X設計チーム・リーダー)
出版社: 並木書房
発売日: 2018/12/10
サイズ: ソフトカバー 四六判259ページ
18.8 x 13.1 x 1.9 cm
http://okigunnji.com/url/8/

あとがきにある神田さんの

<結局、長期的に見て必要な時に合理的な価格で戦闘機を買い揃
えるのは、自国に戦闘機を開発し生産する能力がないとできない
ことになるので、FS-Xは独自開発をすることを計画した点は正し
かったと考えられます。>

との言葉、

そして、松宮元空将・防衛庁技術研究本部技術開発官(航空機担当)
の「開発の教訓」は、日本人必読です。

(エンリケ)

コメント

RSS