啓発に富むインテリジェンス対談 上田篤盛×秋山進

インテリジェンス

メルマガ連載でおなじみの
元防衛省情報分析官・上田篤盛さんの対談記事が
ダイヤモンドオンラインにて公開されました。
是非ご覧ください。
(前篇)安全保障の「インテリジェンス」をビジネスでも使うべき理由
(後篇)元防衛省情報分析官に聞く、仕事に活かせる実践分析術
目の前の脅威と日々取り組んでいるのは
軍人や警察官だけではなくビジネスマンも同じです。
しかるに、インテリジェンスのエキスを吸収し、
本業で活かそうとする姿勢を持つビジネスマンの数は
そう多くありません。
いま地球上は、1000年に一度レベルの大転換点のさなかにあります。
現在国内外で騒がれていることなど、これから起こることに比べたら、
些細な問題に過ぎません。
日本が日本として生き伸びてゆくには、政治や軍事だけでは
とても力が足りません。
国民レベルの民のインテリジェンス能力が必要不可欠なのです。
前後編通して、示唆に富む重要な指摘やヒントが全編にわたって
散りばめられていますので、もし読むのでしたら、必ず前後編通し
てすべてお読みください。
なお、上田さんは四月に
「情報分析(インテリジェンス)実践講座」の講師を勤められます。
あわせてご確認ください。
「情報分析(インテリジェンス)実践講座」
※定員となりましたので受付終了しました
エンリケ
———————-
上田篤盛(うえだ・あつもり)
1960年広島県生まれ。元防衛省情報分析官。防衛大学校(国際
関係論)卒業後、1984年に陸上自衛隊に入隊。87年に陸上自衛
隊調査学校の語学課程に入校以降、情報関係職に従事。92年か
ら95年にかけて在バングラデシュ日本国大使館において警備官
として勤務し、危機管理、邦人安全対策などを担当。帰国後、
調査学校教官をへて戦略情報課程および総合情報課程を履修。
その後、防衛省情報分析官および陸上自衛隊情報教官などとし
て勤務。2015年定年退官。
現在、軍事アナリストとしてメルマガ「軍事情報」に連載中。
著書に『中国軍事用語事典(共著)』(蒼蒼社、2006年11月)、
『中国の軍事力 2020年の将来予測(共著)』(蒼蒼社、2008
年9月)、『戦略的インテリジェンス入門─分析手法の手引き』
(並木書房、2016年1月)、『中国が仕掛けるインテリジェン
ス戦争─国家戦略に基づく分析』(並木書房、2016年4月)、
『中国戦略“悪”の教科書─兵法三十六計で読み解く対日工作』
(並木書房、2016年10月)など。
『中国戦略“悪”の教科書
 ─兵法三十六計で読み解く対日工作』
http://okigunnji.com/url/161/
※兵法をインテリジェンスに活かす知恵
『中国が仕掛けるインテリジェンス戦争』
http://okigunnji.com/url/93/
※インテリジェンス戦争に負けない心構え
『戦略的インテリジェンス入門』
http://okigunnji.com/url/38/
※インテリジェンス能力をゼロから養う

コメント

RSS