【脚気と軍隊】歴史を知ると脚気問題が見えてくる!?

イベント情報


『脚気と軍隊』
こんばんは。エンリケです。
・なぜ、森鴎外には「ダメな軍医」というレッテルがいまなお
 貼られているのでしょうか?、、、
・なぜ、「帝国陸海軍と脚気問題」の評価には
 ステロタイプのものしかないのか?、、、
・なぜ、軍事にまつわる歴史をいくら学んでも、
 成長の実感を味わえないのでしょうか、、、
もしあなたが、
広く深い軍事知識が昔よりも身についたし、
以前よりも世界を見る目は豊かになったけど
「歴史からエキスを吸収して今の国防安保に活かす点に
ついては、イマイチ・・・」
と思っているなら、この本は
あなたのお役に立てるはずです・・・

この本を書いたのは荒木肇。
彼は、本業(教師)の傍ら、自らの力で軍事の研究を続け、
いまや軍制史、軍教育史分野の権威として
自衛隊などでの講演・講話にひっぱりだこ。
陸上幕僚長表彰も受けたカリスマ軍事史家。
日本のデルブリュックという人もいます。。
彼の軍事と歴史を見る目は、
これまで13冊の本を上梓し、現在も自衛隊部隊・機関
はじめ各界で講話や講演を行ってらっしゃることでも
明らかなとおり、軍事史の世界では確固たるものがあります。
荒木さん曰く
「歴史から学ぶとは当時の時代と寄り添って得たエキスを
今に活かすこと。後出しジャンケン的な姿勢は戒めるべき」
この技術を身につけないまま
歴史に接すると、、、
詳しくはこちら
↓  ↓  ↓

エンリケ

コメント

RSS