余命チーム:「余命三年時事日記1・2、ハンドブック、外患誘致罪」

おすすめの軍事本・書籍

余命三年時事日記というブログがあります。
http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/
「日本再生」を目的としたブログです。
売国奴による売国行為の数々、バックにいる国々・組織に
関する真の情報を大量に発信していることで有名です。
なかでも、記事で書かれたことが
ほぼ的中してきたところがすごいです。
実に読み応えある真の情報を発信しており、
わたしも愛読者の一人です。
初代チームのころの余命ブログは、
とにかく読みづらくw、それなのに
内容がひどく面白いからぐいぐい読んでしまう・・・
まことに疲れたことを思い出します。
さて今日紹介したいのは、この余命チームの本です。
現在の余命チームは三代目ですが、いまや余命は、
「事件」といって差し支えない反響を巻き起こす
存在になっています。
出版の世界では、たとえば一昨年に初めて出た余命本
『余命三年時事日記』
http://okigunnji.com/url/40/
は、発売5日で5刷というとんでもない記録を残しました。
その他、ネットでさまざまな呼びかけを行い、
効果的な反日勢力駆除活動に取り組んでいます。
特に功績があると思うのは、民主党政権の売国行為を
つぶさに暴いた点です。
そして、国を何とかしたい、反日勢力を野放しにするのはいやだ、
という意識はあるけどリスクある行動はとりたくないという
「大衆と庶民の間にいた人々」に、「日本の庶民」という意識を
取り戻させた点ではないでしょうか?
余命チームを支える人は、名もなき庶民ばかりです。
そんな彼らでも祖国のためにできることはある、と、
庶民でもできるノウハウを余命チームは提供しています。
余命は常に言っています。
「絶対に無理をしてはならない」
と。
そういう姿勢を持っているから、
月刊五百万レベルのPVを持っているのでしょう。
ただ、現在の余命風ブログは投稿が主体で、
余命さんの手になるコンテンツは少なくなりました。
またこのブログは、更新が日々行われており、
知りたい情報を検索するのが非常にむつかしいということもあり、
余命さんのやってきたこと、いまやっていることを知りたい、
あなたには、以下の余命本がおススメです。
現時点で4冊刊行されています。
『余命三年時事日記』
2015/12発行
http://okigunnji.com/url/40/
デビュー作です。
概算2000ページにもなるブログの全ページを編集者が読破して
ピックアップしたものを編集した本。情報がぎっしり詰まっています。
初めて読んだ人はまずビックリしますが、ブログの愛読者は
「ずいぶん穏やかで円い内容だな」という印象を持つでしょう。
『余命三年時事日記ハンドブック』
http://amzn.to/2ldxXQW
2016/3発行
この本は、デビュー作を読んで「意味がよくわからない」という感想を持った
読者のために作られた「余命を読むための前提知識と意識」を共有するための
本です。有名な「スヒョン文書」全文が読めるのはおそらくこれだけです。
『余命三年時事日記2』
2016/5発行
http://amzn.to/2ldxcr0
この本には、余命の真相と正体、歴史が記されています。
他では全く記されていない内容で、なるほどそういうことか、
と腑に落ちるところ多々あることでしょう。
『余命三年時事日記 外患誘致罪』
2017/9発行
http://amzn.to/2ldzFl5
いま余命ブログで取り組まれている「外患誘致罪」をテーマにした本です。
現実に告発は行われており、今どうなっているかはブログで確認できますが、
並行してこの本で、「外患誘致罪」とは何か?適用条件をどう見るか?
実際の告発はどうするか?といったことを現在進行形で進めてください。
庶民が売国奴の告発に動いている現実を知るうえでもオススメできる本です。
ぜひお読みください!
エンリケ

コメント

RSS