日の丸父さん(11 )「単身赴任」 石原ヒロアキ

日の丸父さん

今週の漫画はこちら

http://okigunnji.com/url/179/

はじめに

「家を買ったらすぐ単身赴任させられる」とは、幹部自衛官の間でよく言われることです。単身赴任のメリット、デメリットはエッセイの中で書いた通りですが、単身赴任で大切なのは家族との連絡を絶やさないことです。
 私は毎日ではありませんが、定期的に家に電話をしてましたし、長期の休暇では帰省したり、逆に家族で遊びに来てもらっていました。これを怠ると自然と家族間の気持ちが離れていって、離婚ということにもなりかねません。
 それと大切なのは、留守家族が安心して生活できることです。私のところは妻と娘でしたので、とくに防犯の面で心配でしたが、幸い隣近所との関係がよく、常に助け合っていましたので心置きなく単身赴任できました。そのかわり帰省時には隣近所へのおみやげもたくさん買いましたが。
「石原ヒロアキ まんが館」を立ち上げました。 現役時代に頼まれて描いた4コマ漫画もアップしています。
http://yonekurahiroaki.wix.com/cbrn
●マンガ「第11話 単身赴任」は下記をクリック。
http://okigunnji.com/url/179/
今月末まで無料で読めます。

単身赴任

幹部や陸曹にとって、ほとんどの隊員は単身赴任から逃げられません。現役時代に家を買い、子供ができるとどうしても単身赴任をせざるを得なくなるからです。
家を買ってなくとも、子供の学校事情などで家族帯同できないときは、官舎を家族用と単身用と2つ借りられる場合があります。
 単身赴任になると、単身赴任手当が付きます。長距離になるとそのぶん金額が上がりますが、基本的に二重生活になるため出費がかさみます。私の場合、車がないと不便なところだったので、中古車を買いました。自宅にも持っていたので維持費が結構かさみます。家事も自分でこなさなければなりません。退庁後はそのままスーパーに行き、食材を買っていました。
 でも、大変なことばかりではありません。自由な時間があるので、いろいろな料理にチャレンジしたり、休日は旅行やスポーツなど趣味を楽しむことができます。北海道でしたので、夏は水泳にゴルフ、冬はスキーを満喫しました。
 単身者は単身者で1つの官舎に集められる傾向があります。そうすると夜などは暇なので、単身者どうしでよく集まって飲むことになります。とくに部隊長は単身者が多く、私はいつも第1電子隊長や師団司令部の各部長さんと飲んでいました。
 そうしたら、ある日、師団の幕僚長に呼ばれ、「今日は飲むのを控えるように」と言われたのです。最初なんのことだかわからなかったのですが、これは非常呼集の訓練があるに違いないと気づいたのです。酒気帯び運転するわけにいきません。かといって徒歩や部下の車両での登庁は時間がかかります。部隊長着任後最初の訓練で、酒で遅れては部下に示しがつきません。幕僚長の細かな心遣いに感謝しました。
 異動者は、その距離によって異動完了日が概ね決まります。距離の遠い方が、当然異動完了日が遅くなるのですが、指揮官など重要ポストにつく場合は、異動日即異動完了日は珍しくありません。
 私の場合、海外出張から帰国後、3日で異動せねばならず大変でした。普通、単身用の官舎には前任者が置いていった冷蔵庫や洗濯機などがあるのですが、ない場合は購入しなければなりません。私は、隊の先任に頼んでリサイクルショップであらかじめ適当なものを購入しておいてもらうようにしました。
 隊の先任とは、陸曹以下の隊員のまとめ役であり、隊のさまざまな雑事もこなしてくれます。部隊にとっては非常に頼りになる存在で、とくに単身赴任の隊長にとっては女房役のような存在です。現在では最先任上級曹長制度といって制度化され、腕章をつけており、執務用の個室ももっていて指揮官並みの待遇を受けています。
 近いところの単身赴任ですと、土日に自宅に帰ることはできますが、北海道と関東ではそうはいきません。夏休みなど長期の休みに帰省するのですが、逆に家族が遊びに来ることもあります。北海道は観光地がいっぱいあるので家族の方がよく夏冬に来ていました。夏はドライブにキャンプ、冬は札幌雪祭りやスキーなどを満喫しました。
 指揮官の場合、部隊から遠くに離れるときは上司の、私の場合は師団長の許可が必要です。ですから家族が遊びに来てくれるのは気分的に楽でした。それでも単身赴任が長くなると、やはり自宅が恋しくなります。3年ぶりに自宅通勤が可能なところに異動した時は、内心ホッとしました。
 しかし、3年ぶりの自宅ではなんとなく自分の居場所がなく、浮いている感じがして、とくに思春期の娘から疎(うと)まれた寂しさは「日の丸父さん」第1話「父の日の思い出」に描いたとおりです。
(つづく)
(いしはら・ひろあき)
きょうの漫画はこちらからどうぞ
⇒ http://okigunnji.com/url/179/
※期間限定無料(11/30まで)
漫画のバックナンバーはこちら
⇒ http://okigunnji.com/url/109/
【著者紹介】
石原ヒロアキ(ペンネーム)
1958年、宮城県石巻市生まれ。青山学院大学卒業後、陸上自衛隊入隊。
第7化学防護隊長、第101化学防護隊長を歴任。その間地下鉄サリン事件、
福島第1原発災害に出動。2014年退職。学生時代赤塚賞準入選の経験
を活かし、戦争シミュレーション漫画『ブラックプリンセス魔鬼 全10巻』
(電子書籍版)を発売中。『漫画で学ぶサイバー犯罪から身を守る30の
知恵』(ラック サイバー・グリッド・ジャパン・並木書房)の漫画を担当。
家族3人(一女)。本名:米倉宏晃。
『ブラックプリンセス魔鬼』
http://okigunnji.com/url/50/
『漫画で学ぶサイバー犯罪から身を守る30の知恵』
http://okigunnji.com/url/17/
『日の丸父さん』漫画バックナンバー
http://okigunnji.com/url/109/
※最近「石原ヒロアキまんが館」(URL:http://okigunnji.com/url/97/)
というホームページを開設しました。
ここには、化学学校ホームページで掲載中の4コマ漫画
『CBRNロボタマ子さんが行く!!』を毎週1話ずつアップしていきます。
このホームページは部内用なので普通閲覧できませんが、
CBRN(シーバーン)の啓蒙も兼ねて化学学校の許可を得て
掲載しています。ぜひご覧ください。

コメント

RSS