【備忘録】 A級戦犯合祀、ペルシャ湾掃海、日本海海戦、潜水艦など

インテリジェンス

●「潜水艦と水上船舶が衝突したら船舶の方が沈む」と思われているが、世界の常識は全く逆。
●日本海海戦のかくれた功労者
http://tagamishihei.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-6de5.html
聯合艦隊司令長官東郷提督の北方移動命令を必死で阻止したのが、第二艦隊参謀長の藤井較一大佐。
遅参した島村速雄少将が賛同するまで孤軍奮闘。
●臺灣有事に備えるためにも、先島諸島への航空兵力前進を進めなければいけない。
●1991年の湾岸戦争の後にペルシャ湾に派遣された掃海部隊は他の参加国か
ら「カミカゼ掃海」と驚きの目で迎えられた。その理由は、世界中の海軍がリモコン
のロボットで機雷を処分する時代に、海上自衛隊は隊員が一つ一つ直接に手で触って
処分したからだった。
●「昭和天皇が靖国神社を参拝しなくなったのは、A級戦犯を合祀したからでしょ?」
いいえ違います。主権回復、国民運動という推移を経、国会決議を通じて戦犯指定は
解除されてますし、 天皇陛下がご親拝されなくなったのは昭和51年、昭和殉難者の
方々が合祀されたのはその2年後の昭和53年。
●施政権復帰の象徴は国軍の所在を顕示すること

コメント

RSS