兵器の独立↓なくして・・・

おすすめの軍事本・書籍

著者の視線は常に現場とともにある。
自衛隊の現場、英霊遺族の現場、そして防衛産業の現場。
日本国民の「防衛産業」への理解はゼロに近い。
あるとすれば「死の商人」という幼稚なイメージだけではないか?
しかし大山巌が言うごとく、
兵器の独立なくして、国家の独立はない。
兵器の独立は、防衛産業が支えるものだ。
すなわち、防衛産業は国防の土台であり、世界に冠たる技術力を
防衛に活かさない限りわが国に明日はない。
防衛産業は国防の土台、と啓蒙を続ける著者は、
防衛産業の現状をかなり前から伝えてきた。
そして防衛産業の実像を国民に伝えるシリーズ「防衛産業」は、
今回で第二作となった。
本著は、入門知識的側面が多かった前書より歩を進め、
各分野の詳細に踏み込んだ、より具体的な内容となっている。
読み手は、ほとんど知識を持たない防衛産業をめぐる様々な
事実を知るなかで、現実にそぐわない防衛産業への視線・対応
を痛感し、国防への真の視野を得る。
兵器や装備、需品という自衛隊の「モノ」はすべて、
国防を支えるかけがえのない資産だ。
その資産を作る「制服を着ない自衛官たち」の姿を知り、
彼らが置かれている現状を理解し、作戦用兵の基盤となる
「国防の土台」を理解する導きを提供する本著は、
前作同様、傑作と言って差し支えない作品である。
詳しくはこちら↓をクリック
http://okigunnji.com/misa/category3/

コメント

RSS