トーチ作戦とインテリジェンス(32) 長南政義

トーチ作戦とインテリジェンス

【前回までのあらすじ】
 本連載は、1940年から1942年11月8日に実施されたトーチ作戦(連合国軍によるモロッコおよびアルジェリアへの上陸作戦のコードネーム。トーチとは「たいまつ」の意味)までのフランス領北アフリカにおける、米国務省と共同実施された連合国の戦略作戦情報の役割についての考察である。
 前回から、両国の情報収集関係者と作戦計画立案者・上級指導者との会談の結果が連合国の北アフリカ侵攻作戦に与えた影響について述べている。
 1942年7月下旬、ウィリアム・A・エディー海兵隊中佐が、最高幹部やアイゼンハワー将軍の幕僚と協議するためにロンドンにやってきた。
エディーが出発する前、エディー&ロバート・マーフィー&M・Z・“リガー”・スロヴィコフスキーの三人が、各機関の収集・分析した情報を統合し、エディーが収集した情報のギャップを埋めるために、アルジェのブールバール・サディ・カルノーにあるマーフィーの事務所で秘密会議を開いた。エディーは、この三者会談の結果、ロンドンで最高幹部および作戦計画立案者に対して行うブリーフィングに必要な情報を統合することができた。
エディーは、ロンドンで、ジェームズ・ドーリットル将軍(日本ではドーリットル空襲の指揮官として名高い)、ジョージ・パットン将軍、ジョージ・ストロング将軍(新しく任命された米国陸軍情報部長)と会談した。
 この会談においてエディーは、侵攻作戦計画立案に必要な北アフリカに関する情報を提供し、次のように述べた。「もし、我々が北アフリカに遠征軍を送り出したとしても、形ばかりの抵抗しか受けないであろう」。
 エディーの話の内容にとても感銘を受けたジョージ・ストロング将軍は、アイゼンハワー将軍に電話をかけ、エディーとアイゼンハワーとの会談をセッティングした。アイゼンハワーも、エディーと会談して話の内容に感銘を受けた。
 そして、アイゼンハワーは、米国陸軍参謀総長ジョージ・マーシャルに対して、「海兵隊中佐エディーが今週ワシントンに到着するであろう。彼は参謀本部にとって価値のある情報を多数持っている」との内容の電報を出したのである。
 今回も引続き、両国の情報収集関係者と作戦計画立案者・上級指導者との会談の結果が連合国の北アフリカ侵攻作戦に与えた影響について述べることとする。
【マーフィー、マーシャル将軍、リーヒ提督、キング提督の三者会談】
 1942年8月30日、米国大統領の特使として北アフリカに派遣されていたロバート・マーフ
ィー、米国陸軍参謀総長マーシャル将軍、米国陸海軍最高司令官付参謀長ウィリアム
・リーヒ提督、米国海軍作戦部長アーネスト・キング提督が、ワシントンで会談
した。この会談はトーチ作戦にとって極めて重要な会談であった。
 ウィリアム・エディーがルーズヴェルト大統領および上級指導者たちとの会談を
終えたちょうどその時、マーフィーは、外交的見地からフランス領北アフリカに
おける現状を協議するためにワシントン入りしていたのである。
 「ロバート・マーフィーは、ルーズヴェルト大統領に対し、フランス植民地関係
者が最も希望していることは、『完全なる中立である。解放を望んでいない彼ら
は、放っておいてもらいたいと望んでいる』ことであると報告した。
 しかし、フランス人の願望は、ルーズヴェルト大統領にとって優先すべきもので
はなかった。
 9月4日、ルーズヴェルト大統領はマーフィーを秘かにハイド・パーク[筆者註:ロ
ンドン]に送り帰した。外交官は、大統領が漏らそうとしている秘密について大
統領が子供のような喜びの感情を抱いていることに気づいた。大統領がマーフ
ィーに話したところでは、10万人近い部隊――その大部分が米国人――が、フラン
ス領モロッコからアルジェリアまでの1千マイル以上に及ぶ広範な地域の12か
所の地点で上陸作戦を敢行するというものだったからである。」(ジョセフ・E
・パーシコ『ルーズヴェルトの秘密戦争  ―ルーズヴェルトと第二次世界大戦にお
ける諜報戦―』、原題:Roosevelt’s Secret War: FDR and World War II Espionage)。
【マーフィーがアイゼンハワーに与えた情報】
 侵攻作戦が実施されるであろうという情報を得たマーシャル将軍は、マーフ
ィーが彼の持つ情報について関係者と議論し、アイゼンハワー将軍の軍政問題顧
問となるために、彼をロンドンへ派遣する必要があると考えた。
 マーシャル将軍は、マーシャルの言葉を借りると「誰も一介の中佐には気が付か
ない」ので、マーフィーを中佐に変装させてロンドンへ送り出すのが最良の方法
だと考えた。
 マーフィーがロンドンに到着すると、彼は直ちにアイゼンハワーおよび彼の上級
幕僚と会談した。アイゼンハワーはその会談について次のように述べている。
「我々は、マーフィーから、親連合国的心情を持つ将校の名前や、我々を積極的
に支援する準備ができている人物の名前を知ることができた。我々は、フランス
陸軍内部の感情や、現地民間人の市民感情についても多く学ぶことができた。
マーフィーは、オーギュスト・ポール・ノギュエ将軍が外相を務めるフランス領
モロッコにおいて、連合国が最大の抵抗に遭遇するであろうということをとても
精確に話してくれた。
 マーフィーは、アフリカにおけるフランス軍の軍事力の詳細に関するとても多く
の情報を我々に与えてくれた。その中には、フランス陸海空軍の装備に関するも
のや、訓練度に関するものが含まれていた。
 マーフィーによる見積もりから以下のことがはっきりした。すなわち、もし我
々がフランス人による激しい抵抗に遭遇したならば、血なまぐさい戦闘が発生す
るということ。その逆に、もし、フランス人が連合国の側につくことを迅速に決
定したならば、我々は、チュニジアを占領し、ロンメル率いるアフリカ軍団を背
後から攻撃するという連合国の主要任務を迅速に達成することができる見込みが
あることである。
 そして、連合国がこの2つの結論の中間的なものに遭遇するであろうというの
が、マーフィーの確信であった。」(ドワイト・アイゼンアワー『ヨーロッパ十字軍』、原題:Crusade in Europe )。
【トーチ作戦計画立案のために不可欠であったマーフィーの情報】
 アイゼンハワーは、この会談についてさらに次のように続けている。
「マーフィーは、我々の大部分――特に米国人に――たくさんのフランス人政府関係
者に関する情報を与えてくれた。マーフィーは、我々が出会うであろう主要な将
軍や政府関係者の性格や政治的傾向について詳細に説明してくれた。
 マーフィーは、その当時、フランス人による英国人に対する反感と比較すると、
米国政府および米国人がフランス人によってとても尊敬されている点を特に強調
した。」(ドワイト・アイゼンアワー『ヨーロッパ十字軍』)。
 マーフィーは、彼が収集した情報を分析する時間を持っていただけではなく、外
交官としての10年にも及ぶフランス勤務を通じて、彼が直接話したことのあるヴ
ィシー政権の要人の大部分を個人的によく知っており、彼らの政治的傾向、クセ
や思考パターンまで詳細に把握していた。そして、マーフィーが提供したこのよ
うな詳細かつ当面の問題解決のために適切なたくさんの情報が、これまで提供さ
れ続けてきた情報が十分精確なものであると、トーチ作戦を指導する上級指導者
およびこの作戦の作戦立案担当者たちを納得させたのであった。
【フランスのマス陸軍少将と連合軍クラーク少将との会談】
マーフィーがアルジェリアに帰還してから一ヶ月以内に、重要な会談が行われ
た。シャルル・マス(Charles Mast)陸軍少将が、連合軍の高級指揮官との正式会見を
要請するためにマーフィーに接触してきたのである。マスは、フランス領北アフリカに駐
留するフランス軍が連合国側につく潜在的可能性を議論するために連合軍の高級指揮官
との会見を申し出たのである。
 1942年10月16日、マーフィーは、マス将軍のメッセージをアイゼンハワーに送
った。アイゼンハワーはこのメッセージを持ってチャーチル英首相の許へ行き、
彼らはアルジェリア沿岸でマス陸軍少将と会見するために、アイゼンハワーのも
とで副司令官を務めるマーク・クラーク陸軍少将を派遣することに合意した。
 1942年10月22日、クラークとその随員はアルジェリア郊外にあるビーチ・ハウ
スでマスと会見した。この会談により、フランス人および米国人将校が一緒にな
ってトーチ作戦の計画立案に際し考慮すべき事項を議論する機会が形成された。
 クラークにとって最重要任務は、将来実施される上陸作戦は、ドゴール将軍率い
る自由フランスは排除されるものの、厳密にいうと米国人だけで実施されるわけ
ではないということをマスに伝えることにあった。クラークは、米国海軍を太平
洋戦線に展開する緊急的要請があるために、英国海・空軍が地中海戦線で必要と
されていることや、北アフリカ上陸直後に英国軍がチュニジアに向けて東進する
ことなどを、マスに対して説明した。マスはこの点に関しては異議を挟まなか
った。
 クラークたち米国人将校にとって驚きであったことに、マスとその幕僚は、米軍
が北アフリカに侵攻するための最良の計画を準備していて、その書類をクラーク
に手渡してくれた。カサブランカ近郊に対する攻撃が欠けていることを除けば、
フランス人将校の計画はトーチ作戦の作戦計画と極めて類似していた。
 クラークたち米国人将校は、マス配下の部隊がアルジェにあるブリダ空港とボ
ーンにある空軍基地を支配しており、連合軍の上陸初日にそれらを連合軍に利用
させてくれることも知らされた。
 マスは、北アフリカ侵攻作戦計画だけではなく、空軍基地、兵器庫、砲台および
その他の重要地点に関する詳細な研究までもクラークらに提供してくれた。連合
軍司令部第一部のジュリアス・C・ホームズ大佐は、マスが提供した侵攻計画は
「ほとんど我々の計画と同じもので、驚くほどであった」と述べている(ピータ
ー・トムプキンス『ダルラン提督暗殺 陰謀の研究』原題:The Murder of Admiral
Darlan, A Study in Conspiracy)。
 結論をいうと、このような会談や、この一ヶ月前にエディーやマーフィーが参加
して開かれた会談は、北アフリカでインテリジェンス活動を実施する情報機関に
よって過去1年間にロンドンやワシントンに送られた情報の確かさを再確認する
きっかけとなっただけではなく、これらの会談に参加したすべての人々のエデ
ィーやマーフィーに対する信頼を再確認するきっかけともなったのである。

コメント

RSS