2013-02

トーチ作戦とインテリジェンス

トーチ作戦とインテリジェンス(2)

【前回までのあらすじ】 前回から、1940年から1942年11月8日に実施されたトーチ作戦(連合国軍によるモロッコおよびアルジェリアへの上陸作戦のコードネーム。トーチとは「たいまつ」の意味)までのフランス領北アフリカにおける、米国務省と共同...
インテリジェンス

あなたの対シナIQを、周りの人より圧倒的に高くする方法

シナの脅威は目に見えないところで起き、対抗する最強の武器は「正確で妥当な知識」と「ことば」である。それを磨くことが何より重要。著者は本著全編を通じてそのことを伝えている感を持ちます。
トーチ作戦とインテリジェンス

トーチ作戦とインテリジェンス(1) by長南政義

【はじめに】 前回の連載では朝鮮戦争を素材として「情報の失敗」がどのようにして起こるかについて考察した。今回からは、1940年から1942年11月8日に実施されたトーチ作戦(連合国軍によるモロッコおよびアルジェリアへの上陸作戦のコードネーム...
インテリジェンス

弱肉強食レースを打ち破る

「ジャパニズム」という雑誌をご存知ですか? 「GARO」で知られる青林堂さんが出されている保守系雑誌です。サブカル系保守という位置づけで、おそらく読み手は20代後半~30代の非リア充、よく本を読み、軽い感覚で愛国行動を実践する男性が中核でしょうか。 今の編集長は、「竹島に行ってみた」の古谷ツネヒラさんです。
おすすめの軍事本・書籍

こんな軽い本に中身があるとは思えなかった、ページを開けてみるまでは・・・

「水陸空両用戦能力」の意義をわかりやすく理解できるから、在沖米国海兵隊が理解できる。在沖米国海兵隊が理解できるから、オスプレイの意味が理解できる。わが防衛戦略の中で水陸両用戦はどう位置づけられるか?がわかり、結果、日米同盟のなかでオスプレイがどういう意味を持つかがわかる。「わが防衛・安保にとっての「オスプレイ」配備の意味」をこれほど分かりやすく伝える書はない。
おすすめの軍事本・書籍

独学で戦争を学ぶ秘訣

戦争は軍人だけに任せておくにはあまりに大きな問題であり、政治学者や安保専門家によってでなく、軍人・自衛官によってでなく、もっと多くの人々によって、普通に取り組まれるべき問題なのである。 軍事とは何か?戦いとは何か?平和を実現するために戦争を理解することがなぜ必要か?・・戦争文化について日本人が記した初の書。
インテリジェンス

中共のにおい、恥ずかしくありませんか?

習近平の中共という観点から、21世紀の中共がどういう原理で何を行おうとするかを分析し、わが国に必要な態勢が何かを指摘する警世の書。
インテリジェンス

竹島について知りたいけど、 どうやって始めたらいいか分からないあなたへ

旅日記としても楽しめ、極めて貴重な竹島インテリジェンス報告にもなっている本著は、過去例を見ないエンタメ書であり、愛国の書です。
インテリジェンス

次の3つのイランに関する疑問のうち、 あなたはどれを解消したいですか?

イランを主軸に、中東情勢全般にわたる正鵠を射た情勢感覚を、読むだけで身につけられる基本書。
CIA

秘密戦争の司令官オバマ CIAと特殊部隊の隠された戦争

単行本(ソフトカバー): 263ページ 出版社: 並木書房 (2013/1/16) ISBN-10: 4890633022 ISBN-13: 978-4890633029 発売日: 2013/1/16
インテリジェンス

もし、建国記念の日に、 こんなことが起こったらどうしますか?

防衛庁における情報勤務の中で、戦後日本を襲った各種危機に接したわが国が情報面でいかに対処したか?戦後日本の情報体制の何に問題点があるのか?を描き出すなかで、21世紀のわが情報に意見具申する書  
イベント情報

戦闘機パイロット・佐藤守の人生

今回は、少年のころからパイロットに憧れて、防衛大を卒業後34年間を航空自衛官として任務にあたり、3800時間にわたって日本の空を飛んできた“大空のサムライ”が、操縦課程学生から戦闘機パイロット、操縦教官、そして飛行隊長へと空に歩んできた人生を振り返って貴重な体験をお話します。
おすすめの軍事本・書籍

「何が違うか明らかにするための議論」の成果

国を思う気持ちと向かう方向性は同じだが、その理由と具体策が真逆の二人による主張、討論を紹介し、この二人に代表される戦後日本の「わが国策論」の何がどう違うかについて、これまでにない深さで理解できる本。わが国における米の影の実態も把握できる。
おすすめの軍事本・書籍

戦略漫遊記 ──『インド洋圏が,世界を動かす』書評

「インド洋圏」は,概念的には決して新しいものではない──解説にも述べられている(p.522)ように,日本では「海のシルクロード」という言葉で知られている──ものの,それが「これからの国際社会の動向の中心に位置する」としたところがミソ.蟹味噌.
インテリジェンス

Guantanamo & Comfort Women [Yujiro 谷山雄二朗 Taniyama]

重要なことは、わが国の主張を世界に向けて発信し続けてゆくことです。 量には量で対処する。質ばかり気にして行動しないのはインケツです。 先人から祖国を引き継いだものとして、いわれなきウソでわが先人が侮辱される状況を無視してはいけません。 谷...
おすすめの軍事本・書籍

知ってましたか?大東亞戦争は昭和50年4月30日に終結したことを・・・

先の大戦での「アジア各地における状況」を比較分析するなかで、大東亜戦争とはいったい何だったか?を明らかにする。太平洋戦争と大東亜戦争の違いを浮き彫りにし、わが国に誇りを取り戻す本  大東亞戦争は昭和50年4月30日に終結した
RSS