【2013/1/12開催】伊藤祐靖先生独演会 『尖閣上陸そして我が国への想い』

軍事情報 読者の皆様
いつもお世話になっております。
 士気の集いの千田で御座います。
昨年は多くの軍事情報 読者の皆様にお越しいただきました。
お陰様を持ちまして1年間で24回の講演、延べ1900名余りの皆様にお越しいただきました。ありがとう御座います。
11月に開催された会議に至る熾烈な権力闘争の内幕と、大会後における今後の中国の動静について、語りました福島香織先生特別講演会 「第18回共産党大会後の中国」は、1/14よりDVDにて1500 円(プラス送料100円)にて販売予定です。
次回は01月12日(土) 14時~16時30分(開場:13時40分)
伊藤祐靖先生独演会『尖閣上陸そして我が国への想い』になります。
昨年8月の尖閣上陸の際に日の丸を掲げた真意とは?畏敬する御尊父との思い出を含めた生い立ちから海自時代(不審船対応や特警隊創設など)、除隊後に渡ったミンダナオで少女から受けた衝撃等を絡め、国家の意思を喪失した我が国へ熱く迸る想いを語っていただきます。
マスコミに出ない実情をお知りになりたい方、熱い思いをおもちの方はお気軽にお越し下さい。
どうぞ宜しくお願いします。
 士気の集い 千田 拝
伊藤祐靖先生独演会『尖閣上陸そして我が国への想い』
昨年8月の尖閣上陸の際に日の丸を掲げた真意とは?畏敬する御尊父との思い出を含めた生い立ちから海自時代(不審船対応や特警隊創設など)、除隊後に渡ったミンダナオで少女から受けた衝撃等を絡め、国家の意思を喪失 した我が国へ熱く迸る想いを語っていただきます。
伊藤 祐靖(いとう すけやす)先生
 元海上自衛隊特別警備隊先任小隊長
 昭和39年生まれ。日本体育大学卒業後、海上自衛隊入隊(2士)。防大指導官、「たちかぜ」砲術長等を歴任。イージス艦「みょうこう」航海長時に遭遇した能登沖不審船事件を契機に、自衛隊初の特殊部隊である特別警備隊の創隊に関わり、創隊以降7年間先任小隊長を務める。
 平成19年に中途退職(2佐)後、拠点を海外に移し、各国の警察、軍隊などで訓練指導を行う。在任中の経験や退官後の生き様が小説『奪還』(麻生幾・著)主人公のモデルとなった。
 平成24年8月19日夜明け前の午前4時に漁船から400mを単独で泳いで魚釣島に上陸し、奈良原岳(標高362m)に登頂し、頂上付近の断崖絶壁に日章旗を取り付けた。
【日 時】 平成25年01月12日(土) 14時~16時30分(開場:13時40分)
【会 場】 文京シビック4F シルバーセンター4階ホール(文京シビックセンター内)
      東京都文京区春日1-16-21  03-3812-7111
      交通:東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」直結、都営三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分
【参加費】 事前申込:1000円、当日申込:1500円
       事前申込の学生:500円、高校生以下無料
【懇親会】 17時~19時頃
      参加費:事前申込3500円 (事前申込の学生3000円)
           当日申込4000円 (当日申込の学生3500円)
【申込先】1月11日23時迄にメール又はFAXにて(当日受付も可)(懇親会は1月10日23時迄)
 ★当日は混雑が予想される為 事前申込の無い方の入場は講演10分前とさせて頂きます★
【主 催】 士気の集い・青年部 千田宛て http://blog.goo.ne.jp/morale_meeting
        FAX 03-5682-0018 E-mail:morale_meeting@yahoo.co.jp
【次回講演会予定】
 1月26日(土) 14時~ 第12代統合幕僚会議議長・元陸軍大尉 竹田五郎閣下独演会「領域保全法の制定」
 2月02日(土) 14時~ システム防護隊の初代隊長 伊東寛先生講演会
 2月09日(土) 14時~ 日本近現代史研究家 田中秀雄先生「満洲事変への道 明治編」(予定)

コメント

RSS