2011-04

インテリジェンス

Improvised Explosive Devices in Iraq, 2003-09: A Case of Operational Surprise and Institutional Response

Authored by Brigadier Andrew Smith. Institutional defense establishments guide the development of national military capa...
スペイン・ラテンアメリカ講座

【第75講】スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その53)

関係詞といっても、次の三種類しか出て来ません。
巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

守ってはダメな人がいる

1945年8月15日、大日本帝国を敗戦に導いた「同じ構造(無能リーダーによる政治指導)」が戦後も日本を支配しているということに気がついて、それを改めなければならない時機に来ています。苦戦を重ねざるを得なかった戦線で起こったことと同じようなことを現在の自衛隊が強いられている姿を見るには同じ日本人としてとてもつらいものがあります。
インテリジェンス

Central Asian Security Trends: Views from Europe and Russia

Edited by Dr. Stephen J. Blank. The war in Afghanistan has made Central Asia an ever more important strategic theater an...
インテリジェンス

Other People's Wars: PLA Lessons from Foreign Conflicts

Authored by Mr. Daniel Alderman, Mr. Joe Narus. Key Insights: " The Chinese People's Liberation Army (PLA) has not foug...
インテリジェンス

Hard Power and Soft Power: The Utility of Military Force as an Instrument of Policy in the 21st Century

Authored by Dr. Colin S. Gray. The concepts of "hard" and "soft" power are subjected to close critical scrutiny.
スペイン・ラテンアメリカ講座

【第74講】スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その52)

スペイン語の場合・・・関係代名詞の重要な点とは、名詞や代名詞とおなじく性・数、それに「格」を意識することが非常に重要な役割を果していることです
巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

戦後日本的な意識の清算時機について

戦後の日本人が考えることから遠ざかっていたことを現時点で意識することが求められています。それには、日本人一人一人のレベルで戦略、情報、兵法・・・その意識化が必要なのです。
RSS