2011-01

スペイン・ラテンアメリカ講座

【第69講】スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その47)

一言で言うと、相手に自分の気持ちや感情という「想い」を伝える「表現の方法」のことなのだ・・・ということを先ずは押さえておいてください
巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

SF映画『宇宙戦争』から侵略パターンを考える

そして、それを「平和的に解決した」とか、「国民のためにやった」とか言ったことをみんなに"強弁"し始めるのであろう・・・と思って笑ってしまった・・・
スペイン・ラテンアメリカ講座

【第68講】スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その46)

日本語では、"~ダロウ"(推量の助動詞)までは同じですが、スペイン語の"未来"では、「~するダロウ」という訳が、そして・・・過去未来では、「~したダロウ」という訳が来るので、日本語と比べながら頭を整理するとマスターしやすいと思います。
巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

新しい時代に向かう条件=心について

他人に操作されるのは止めて・・・「心で創り出すことを意識的に実践する一年にしよう!」になって来ますね
RSS