2009-04

リンク

軍事情報 (イベント・講演会等の情報) 

田母神閣下サイン会情報
国際情勢

田母神俊雄・松島悠佐・川村純彦・勝谷誠彦 『国(暴)防論』

一言で言えば本著が伝えたいのは、 「軍人は右でも左でもない。ひたすら国防のために邁進する存在だ。それを理解しようともせず、 戦争そのものを忌避し、ひたすら軍事に無知でありつづけ、自衛隊を不当に貶め、国防に必要な手を何も打っていない戦後日本の...
おすすめの軍事本・書籍

『国防論』 田母神俊雄・松島悠佐・川村純彦・勝谷誠彦

軍人は右でも左でもない。ひたすら国防のために邁進する存在だ。それを理解しようともせず、 戦争そのものを忌避し、ひたすら軍事に無知でありつづけ、自衛隊を不当に貶め、国防に必要な手を何も打っていない戦後日本の現状は、戦争を生む土台を作っていることにほかならない
スペイン・ラテンアメリカ講座

【第23講】 スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その1)

そもそも言語にある文法というものは、一つの言語を話している人々の「思考のシステム」なのです。アウトラインを知っておくに越したことはありません
その他

本日の配信記録

090413の軍事情報配信記録です。
リンク

国益を考える講演会の模様(090322開催)

090322に岐阜で行なわれた「国益を考える講演会」には、田母神閣下の特別講演も行なわれました。主催者さんは、講演会の全編をノーカットで公開しておられます。
スペイン・ラテンアメリカ講座

【第22講】スペイン語と印欧語世界について(その4)

「平和ボケ」の根幹は、実は、他人まかせの姿勢にあり、本当は、民が主とかいうような言葉に錯覚しているのであり、自分が生きているつもりが、自分で自分の人生を本当は生きていない証拠となっている点を
RSS