アブラハム・ラビノビッチ(著)滝川義人(訳) 『ヨムキプール戦争全史』

『ヨムキプール戦争全史』 アブラハム・ラビノビッチ(著)滝川義人(訳) 並木書房 2008/12発行
佐藤優さんも推薦する話題の一冊。こんな高い専門書なのに売れ行き好調と聞く。
存亡の危機に立たされたイスラエルが大逆転を演じて国を保った、第四次中東戦争(ヨムキプール戦争)にまつわる全ての記録といってよい。
著者はジャーナリストで、読み物としても面白いのがうれしい。
中東政治のキモをつかめることはもちろん、イスラエル、ユダヤ的なるものの「見えない強さ」を知る上で格好の参考書でもある。

コメント

RSS