軍事情報  (空幕長・田母神空将クビに関連する投稿(4))

━━☆☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 軍事情報  (空幕長・田母神空将クビに関連する投稿(4))   11,754部
                              平成20年(2008年)11月7日
┏【目次】─────────────────────────────☆
┃  ☆ いかにも野暮 (べー)
┃  ☆ 発行 おきらく軍事研究会
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
――――――――――――――――――――――――――――――――
取材・インタビュー・原稿作成・webコンテンツ用テキスト文作成・自費出版の
原稿作成支援およびアドバイス・その他《書く》ことに附帯する一切の業務に
ついて執筆活動を展開しております。     ライター・平藤清刀
E-mail hirafuji@mbr.nifty.com
WEB http://homepage2.nifty.com/hirayan/
――――――――――――――――――――――――――――――――
平藤さんは、私エンリケがもっとも信頼するプロのライターです。
年間三十日の訓練に出頭する、即応予備自衛官でもいらっしゃいます。
ライター経験はすでに十六年を超え、雑誌「サピオ」への寄稿やご著作
『予備自衛官になる本』、弊メルマガ連載『ひらやんのブツクサ独り言』
など、さまざまな媒体での実績をお持ちです。(エンリケ)
こんにちは! エンリケ航海王子です。
べーさんから頂いたご投稿を紹介します。
(エンリケ航海王子)
わが空幕長・田母神空将の論文「日本は侵略国家であったのか」
以下でDLできます。
http://www.apa.co.jp/book_report/images/2008jyusyou_saiyuusyu.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
◎◎◎ いかにも野暮 (べー) ◎◎◎
———————————————————————-☆
 今回の田母神論文については随分話題になっているが、いかがなものか、とわ
たしは思う。
 論文それ自体は「論文」というより、「主張」とでもいうべきもので、ご本
人が述べておられるように日頃の意見を陳述しているにすぎなかろう。
 内容的にも至極もっともで、最前線にいる軍隊の長としては、一朝事ある時
は部下に死を命じなければならない。
 そのためには、守るべきものの大切さを常に部下に説き、士気を鼓舞しなけ
ればならない。
 火事や犯罪のように、目前に守るべきものがあれば使命感が動機ともなろう
が、戦場においては目前に守るべき民間人はいないのだから、引き鉄を引く覚
悟を日頃から醸成せねばならぬのは当然のことだ。
 国の正義を確信し、イザと言うときには命を懸けて戦う。
 田母神氏は、軍人としてそれを言っているに過ぎない。
 自衛隊の指揮官としての覚悟を述べて、更迭されたのだ。
 わが政府が世界中の笑いものになったのが、何とも惜しまれる。
 政局を優先させ国家百年の計を失った、というべきだろう。
 しかし一方で、田母神氏が述べて居られるように、この論文が最優秀賞にな
ったというのが予想外であっただろうこともうなづける。
 そもそもこの企画が出されたきっかけとなった「報道されない近現代史」
だが、5月末に行われた出版記念パーティに、どういうわけか田母神氏が出席
している。
 ・・・というか、著者の元谷外志雄氏は空自・小松基地の金沢友の会会長だ
から。
 それから考えれば、田母神氏に「ちょっと書いてみませんか」くらいのこと
を言い、気楽に応じて書いたのがこの論文なのではないか。
 そして旧知の田母神氏に優秀賞を取らせた、くらいの筋書きは容易に読める。
 その甘い気持が仇となったのが今回の事件だろう。
 正しく贔屓の引き倒しだ。
 田母神氏もまさかそんなことは言えまいが、ひとことも言わないのもエライ。
 とは言え、田母神氏にも佳作くらいになって宿泊券くらいくれるかな、とい
った気持もなかったわけではないかもしれない。
 だからこそ他の隊員も大勢応募しているのだろう。
 内幕の詮索はともかく、そんな気軽な日頃の信念を処罰するのは、いかにも
野暮。
 「この論文に書かれた認識が、日本の防衛をになう自衛隊の航空幕僚長とし
ての職務を妨げるとは思わない。」くらいのことは、麻生氏は無理でも浜コー
の倅くらいは言って欲しい。
 それで首を切られたら、親父は誉めてくれるだろう。
(べー)
前空幕長・田母神さんの論文「日本は侵略国家であったのか」
以下でDLできます。
http://www.apa.co.jp/book_report/images/2008jyusyou_saiyuusyu.pdf
———————————————————————–
今年も大ブレイクしましたよ♪ 北野幸伯さんのメルマガです。
「RPEジャーナル」は、硬派な話題を軟派に解説するという新しいメディアスタ
イルを作りました。
詳しくは⇒ http://www.mag2.com/m/0000012950.html
最新刊『隷属国家日本の岐路』 今メチャメチャ売れてます
⇒ http://tinyurl.com/6ccy4r
———————————————————————–
これまで一貫して自衛隊を「人」の側面から見つめ、文筆活動を行なって
こられた教育家・荒木肇さんのメルマガです。御著書「指揮官は語る」は
エンリケの座右の書です。
http://www.melma.com/backnumber_174026/
———————————————————————–
天皇・皇室をあなたにわかりやすく話し掛けてくれる専門家・斎藤吉久さんの
メルマガです。
詳しくは⇒ http://www.melma.com/backnumber_170937/
———————————————————————–
シナ庶民の生活・意識の変化を先取りできるメルマガです。シナ在住のOJI
Nさんが週に三回届けてくれます。
⇒ http://www.mag2.com/m/0000074019.html
———————————————————————–
────────────────────────────────
メールマガジン「軍事情報」
☆ 編集・発行人:エンリケ航海王子(おきらく軍事研究会)
☆ メルマガ紹介(まぐまぐ):< http://www.mag2.com/m/0000049253.html >
※ご意見等を投書されたい方は、本メールに返信する形で投書下されば、担当
者によるセキュリティ等のチェックを行ってから数日後に、編集部に転送され
る形となっております。
※弊マガジンへのご意見、投稿は、投稿者氏名等の個人情報を伏せたうえで、
メルマガ誌上及びメールマガジン「軍事情報」が主催運営するインターネット
上のサービス(携帯サイトを含む)で紹介させて頂くことがございます。
あらかじめご了承ください。
※投稿文の著作権は各投稿者に帰属します。その他すべての文章・記事の
著作権はメールマガジン「軍事情報」発行人に帰属します。
────────────────────────────────
■購読・解除は、ご自身でお願いいたします。こちらから出来ます。
まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000049253.html
────────────────────────────────
メールマガジン「軍事情報」は
最新軍事情報(毎週月)、自衛隊ニュース(毎週火)
別冊「中東ぶらぶら回想記」(隔週木)、別冊「スペイン・ラテンアメリカ講
座」(隔週木)、本の紹介(ほぼ毎週金)の定番マガジンと、その他随時に記
事を配信しています。
────────────────────────────────
最後まで読んでくださったあなたに、心から感謝しています。
マガジン作りにご協力いただいた各位に、心から感謝しています。
そして、メルマガを作る機会を与えてくれた祖国に、心から感謝しています。
Copyright (C) 2000-2008 GUNJIJOHO All rights reserved.

RSS