Re:軍事情報(空幕長・田母神空将が論文でクビ)

━━☆☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 軍事情報(Re:軍事情報(空幕長・田母神空将が論文でクビ)) 11,751部
                      平成20年(2008年)10月30日
┏【目次】─────────────────────────────☆
┃  ☆ Re:軍事情報(空幕長・田母神空将が論文でクビ)(一読者)
┃  ☆ 発行 おきらく軍事研究会
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
――――――――――――――――――――――――――――――――
取材・インタビュー・原稿作成・webコンテンツ用テキスト文作成・自費出版の
原稿作成支援およびアドバイス・その他《書く》ことに附帯する一切の業務に
ついて執筆活動を展開しております。     ライター・平藤清刀
E-mail hirafuji@mbr.nifty.com
WEB http://homepage2.nifty.com/hirayan/
――――――――――――――――――――――――――――――――
平藤さんは、私エンリケがもっとも信頼するプロのライターです。
年間三十日の訓練に出頭する、即応予備自衛官でもいらっしゃいます。
ライター経験はすでに十六年を超え、雑誌「サピオ」への寄稿やご著作
『予備自衛官になる本』、弊メルマガ連載『ひらやんのブツクサ独り言』
など、さまざまな媒体での実績をお持ちです。(エンリケ)
田母神空将の論文
「日本は侵略国家であったのか」
が話題です。
以下でDLできます。
http://www.apa.co.jp/book_report/images/2008jyusyou_saiyuusyu.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
◎◎◎ Re:軍事情報(空幕長・田母神空将が論文でクビ)◎◎◎
———————————————————————-☆

●浜田大臣の管理能力の底の浅さが見えてしまいましたね。つくづく、浅はかなこ
とをしてしまったなと思えてなりませんが、これ以上防衛大臣を信頼できないと
思う隊員が急増することだけは間違いないでしょう。この方の父上なら、きっとそ
のようなことはしなかったのではないかとも思います。浜田大臣には、遅きに失し
たとは言え、せめて今後は自分が汚れ役になってでも、自分の部下を守り抜くとい
うことの尊さを覚えて頂ければと思います。(勿論、その部下が防衛省、さらには国
家のために真剣に働いていることが前提ですが・・・)
田母神空幕長の更迭は防衛省・航空自衛隊にとって大きな損失ですが、ひょっ
とすると我が国にとっては大きな利益になるかも知れません。それは、この田母
神空幕長が防衛省外で活躍される契機になるかもしれないからです。仮に国会
議員になれば、それこそ浜田大臣の父上のような存在になると思えます。そう言
う意味でも、(少なくとも現状では)情けない防衛大臣のもとを一刻も早く離れ(依
願退職して)、防衛省の外で御活躍されることを祈念致します。
更迭を決定してしまった今、浜田大臣が行うべきことは、田母神空幕長の今後の
行き先について最大限に配慮することしかありません。田母神空幕長は、麻生総
理と考え方や行動形態が共通している部分も多いので、総理に働きかけるのも一
案かも知れません。いずれにしろ、浜田大臣が最後まで管理者としての責任を果
たすことを訴えさせて頂きます。
●なお、報道によると「防衛省は内規で、隊員が職務に関する意見をメディアなど
で発表する際、文書で上司に届けることを求めている。空幕長の場合、官房長
に連絡する必要があった。・・・・・正式な文書による連絡は不要と考え、背広組
への連絡は口頭で済ませただけだったという。」ということですが、①そもそも、
なぜ空幕長が格下の官房長にこのような届け出を行う必要があるのでしょうか?
②内規の考え方に基づき、口頭では連絡したようですが、どこの社会でも組織
の最上級者レベルになると、煩雑な手続きについては、常識の範囲内で緩和さ
れてるというのが社会通念ではないでしょうか?
要は、この程度の内規違反で航空自衛隊の最上級者を更迭するなどと言うのは
あまりにも馬鹿らしくて、田母神空幕長も「そんなの関係ねえ」と言いたいところで
でしょう。
(一読者)
———————————————————————–
今年も大ブレイクしましたよ♪ 北野幸伯さんのメルマガです。
「RPEジャーナル」は、硬派な話題を軟派に解説するという新しいメディアスタ
イルを作りました。
詳しくは⇒ http://www.mag2.com/m/0000012950.html
最新刊『隷属国家日本の岐路』 今メチャメチャ売れてます
⇒ http://tinyurl.com/6ccy4r
———————————————————————–
これまで一貫して自衛隊を「人」の側面から見つめ、文筆活動を行なって
こられた教育家・荒木肇さんのメルマガです。御著書「指揮官は語る」は
エンリケの座右の書です。
http://www.melma.com/backnumber_174026/
———————————————————————–
天皇・皇室をあなたにわかりやすく話し掛けてくれる専門家・斎藤吉久さんの
メルマガです。
詳しくは⇒ http://www.melma.com/backnumber_170937/
———————————————————————–
シナ庶民の生活・意識の変化を先取りできるメルマガです。シナ在住のOJI
Nさんが週に三回届けてくれます。
⇒ http://www.mag2.com/m/0000074019.html
———————————————————————–
────────────────────────────────
メールマガジン「軍事情報」
☆ 編集・発行人:エンリケ航海王子(おきらく軍事研究会)
☆ メルマガ紹介(まぐまぐ):< http://www.mag2.com/m/0000049253.html >
※ご意見等を投書されたい方は、本メールに返信する形で投書下されば、担当
者によるセキュリティ等のチェックを行ってから数日後に、編集部に転送され
る形となっております。
※弊マガジンへのご意見、投稿は、投稿者氏名等の個人情報を伏せたうえで、
メルマガ誌上及びメールマガジン「軍事情報」が主催運営するインターネット
上のサービス(携帯サイトを含む)で紹介させて頂くことがございます。
あらかじめご了承ください。
※投稿文の著作権は各投稿者に帰属します。その他すべての文章・記事の
著作権はメールマガジン「軍事情報」発行人に帰属します。
────────────────────────────────
■購読・解除は、ご自身でお願いいたします。こちらから出来ます。
まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000049253.html
────────────────────────────────
メールマガジン「軍事情報」は
最新軍事情報(毎週月)、自衛隊ニュース(毎週火)
別冊「中東ぶらぶら回想記」(隔週木)、別冊「スペイン・ラテンアメリカ講
座」(隔週木)、本の紹介(ほぼ毎週金)の定番マガジンと、その他随時に記
事を配信しています。
────────────────────────────────
最後まで読んでくださったあなたに、心から感謝しています。
マガジン作りにご協力いただいた各位に、心から感謝しています。
そして、メルマガを作る機会を与えてくれた祖国に、心から感謝しています。
Copyright (C) 2000-2008 GUNJIJOHO All rights reserved.
【PR】ハーマンミラー アーロンチェアーの通販
http://ttpacino.blog39.fc2.com/blog-entry-329.html

RSS