御誓文(いわゆる『五箇条ノ御誓文』 明治元年または慶応4年3月14日)

『御誓文』

「国是誓約ノ御祭文」
掛巻も畏こき天神地祇の大前に今年三月十四日を生日の足日と撰定めて禰宜
申さく今より天津神の御言寄しの随に天下の大政を執行はむとして親王卿臣
国々諸侯百僚官人を引召連て此神床の大前に誓ひ奉らくは近き頃ひ邪者の是所
彼所に荒び武びて天下さやぎにさやぎ人の心も平穏ならず天下の諸人等の力を
合せ心を一つにして皇らが政を輔翼奉り仕奉らしめ給へと請祈申す礼代は横山
の如く置高成て奉る状を聞食て天下の万民を治給ひ育給ひ谷蟇の狭渡る極み
白雲の墜居向伏限り逆敵対者あらしめ給はず遠祖尊の恩頼を蒙りて無窮に仕
奉る人共の今日の誓約に違はむ者は天神地祇の倏忽に刑罰給はむ物ぞと皇神等
の前に誓の吉詞申給はくと白す
一 広ク会議ヲ興シ万機公論ニ決スヘシ
一 上下心ヲ一ニシ盛ニ経綸ヲ行フヘシ
一 官武一途庶民ニ至ル迄各其志ヲ遂ケ人心ヲシテ倦マサラシメン事ヲ要ス
一 旧来ノ陋習ヲ破リ天地ノ公動ニ基クヘシ
一 智識ヲ世界ニ求メ大ニ皇基ヲ振起スヘシ
我国未曾有ノ変革ヲ為サントシ朕躬ヲ以テ衆ニ先ンシ天地神明ニ誓ヒ大ニ斯
国是ヲ定メ万民保全ノ道ニ立ントス衆亦此旨趣ニ基キ協心努力セヨ
年號月日 御諱

RSS