蛍の光も


「仰げば尊し」の話が出ていましたが、「蛍の光」について感じたことです。
下記の歌詞ですね。三番、四番はあまり歌われませんが良い歌詞です。
一、
  ほたるのひかり、まどのゆき。
  ふみよむつきひ、かさねつつ。
  いつしかとしも、すぎのとを、
  あけてぞ けさは わかれゆく。
二、
  とまるもゆくも、かぎりとて、
  かたみにおもう、ちよろずの、
  こころのはしを、ひとことに、
  さきくとばかり、うたうなり。
三、
  つくしのきわみ、みちのおく、
  うみやま とおく、へだつとも、
  そのまごころは、へだてなく、
  ひとつにつくせ、くにのため。
四、
  ちしまのおくも、おきなわも、
  やしまのうちの、まもりなり。
  いたらんくにに、いさお しく。
  つとめよ わがせ、つつがなく。
この三番、四番が、左翼の連中の神経を逆撫でしているようで、ググれば沢山の面白い記事が読めますね。三番の「くにのため」が嫌いな連中の発想ですからムベなるかな、ですが、特に四番の「いたらんくににいさおしく」が気に入らぬようです。
私などは「赴任先が例え僻地でもその地でガンバレ」と読めるのですが、彼等に云わせると「これから侵攻する外国に向けて勇気を出せ」と読むのだそうですから、コジツケここに極まれり、です。戦後のGHQ政策の刷り込みはなかなか抜けそうにありませんね。(笑)
沖縄が復帰して既に四半世紀、国後、択捉を返してもらうためにも、ぜひこの際、三番、四番を含めて大きな声で歌いたいものです。
(ヨーソロさま)

コメント

RSS
タイトルとURLをコピーしました