陸上自衛隊

国防ニュース最前線

【10月6日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「イージス・アショアは再検討するべき~装備品老朽化で災害派遣に支障が出る!?」市川文一元武器学校長【チャンネルくらら】

猫でもわかる防衛論
自衛隊情報

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {"mat":"1NQ5R5+9ERNZM+1AYA+BWGDT","alt":"商品リンク","id":"1Lv5vqN-g7-qROB9K4"},"goods": {"...
自衛隊情報

陸上自衛隊普通科[歩兵]連隊総覧

第1普通科連隊(東京 練馬) 第1師団長隷下 帝国陸軍歩兵1聯隊の部隊番号を受け継ぐ頭号連隊。首都防衛の任を負う。 第2普通科連隊(新潟 高田) 第12旅団長隷下 第3普通科連隊(北海道 名寄) 第2師団長隷下 日本最北の駐屯地に所在する連...
武器・装備

陸上自衛隊 12式地対艦誘導弾

88式地対艦誘導弾の後継として2012年から調達が始まった。 諸元 ミサイル直径:約0.35m ミサイル全長:約5m ミサイル重量:約700kg 射程:百数十km 推進方式:固体燃料ロケットモーター(ブースター)+ターボジェットエンジン(...
国防ニュース最前線

【2月3日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「トランプの外交防衛政策どう見る?マティス新国防長官来日で今後の日米安保体制はどうなる?」用田和人元陸上自衛隊西部方面総監・陸将【チャンネルくらら】

国防ニュース最前線

【1月27日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「大国間の戦争はあるか?米中戦争、その時日本は必ず巻き込まれる!」渡部悦和元東部方面総監【チャンネルくらら】

国防ニュース最前線

【1月13日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「米中戦争そのとき日本は~トランプ新大統領に備えよ!」渡部悦和元東部方面総監・陸将【チャンネルくらら】

国防ニュース最前線

【1月6日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「まもなく誕生トランプ新大統領!アメリカは引きこもるのか?米国政治とマハンの海上戦略」福山隆元陸将・倉山満【チャンネルくらら】

おすすめの軍事本・書籍

オススメ本:『「日露陸戦国際法論」を読み解く ─武力紛争法の研究─』 佐藤庫八

こんにちは、エンリケです。 大東亜戦争が終わったのは昭和20年9月2日ですが、 戦後日本国内では、停戦のご詔勅が出た昭和20年8月15日を、 戦争が終わった日と認識させられています。これも戦争の大惨禍 を招いたのは日本人ですと日本人に思いこ...
国防ニュース最前線

【12月9日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「元陸自・化学防護隊長が明かす日本のテロ対策の実態~そしてもう一つの顔は・・ゲスト石原ヒロアキ」【チャンネルくらら】

石原ヒロアキ漫画館
国防ニュース最前線

【12月2日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「突如沸き起こった韓国朴槿恵の進退問題!裏にある勢力とは?!これから何が起きる?」ゲスト:福山隆元在韓防衛駐在官・陸将【チャンネルくらら】

防衛駐在官という任務 ~38度線の軍事インテリジェンス~
国防ニュース最前線

【11月25日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「南スーダン派遣、PKOを最も良く知る司令官がどこにも明かしていない駆けつけ警護の真実を語る!」川又弘道前中央即応集団司令官・陸将【チャンネルくらら】

その他

10式戦車

軍事に詳しい人が口をそろえて言うことに、 装備や兵器は兵士を守るためにある という真実があります。 陸戦の銃や手りゅう弾、地雷もすべて、兵士を守るために存在します。 もちろん戦車もそうです。 戦車は、陸戦で最も抑止力が高い装備です。 ...
その他

日章旗と旭日旗

わが国の国旗(にっぽんのこっき、にほんのこっき)は、法律上は日章旗(にっしょうき)と呼ばれています。 古くから、また今日でも一般的には日の丸(ひのまる)と呼ばれています。 【送料無料】祝祭日国旗掲揚キャンペーン 日の丸(日本国旗・天竺綿)...
インテリジェンス

【7月15日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「中国が狙う尖閣諸島を自衛隊は守り切れるのか?宮下寿広元西部方面総監・陸将にお聞きします!」【チャンネルくらら】

現在の陸自には、宮古水道警備、尖閣警備に必要な射程を持つ装備が配備されていません。
国防ニュース最前線

【6月10日配信】新番組!桜林美佐の国防ニュース最前線「宗像久男元陸将(元東北方面総監)をお迎えして~熊本地震と自衛隊災害派遣についてお聞きします」 【チャンネルくらら】

「みちのくアラート」はものすごいものだった!
おすすめの軍事本・書籍

わが軍事・自衛隊・防衛省に造詣が深いほど楽しめます

ゲラゲラ笑いながら、気付くと背筋に寒いものが流れてる。 そんな作品です。 軍事関連本で、ここまでゲラゲラ笑ったのは初めてです。 ハチャメチャストーリーなんですが、深くて面白い。 ブラックユーモアの醍醐味をたっぷり味わえますよ。 個人的に好も...
インテリジェンス

【自衛隊の情報戦】塚本勝一氏に聞く激動の終戦・戦後 [桜 H21/3/2]

塚本閣下のインタビュー。聞き手は大高美貴さんです。 その1 その2 その3 その4 その5 『陸幕第2部長の回想』塚本勝一(著)
自衛隊情報

陸上自衛隊 中央即応集団

中央即応集団は、2007年に創設された大臣直轄の機動部隊。規模は師団レベル。 非常時に迅速に展開する機動部隊と特殊部隊を一元管理・運用すること、および、国際平和協力に関わる研究・教育訓練・指揮を行うため創設された。 中核となる司令官(陸将)...
家村和幸

武士道精神入門(9) –武士たちが遺した教え:宮本武蔵『独行道』–

▽ ごあいさつ  こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。 今回は「武士たちが遺した教え」の第五回目といたしまして、戦国時代から江戸時代への移行期をひたすら剣の道に生きた武芸者・宮本武蔵が遺した言葉を紹介します。  一切の甘え捨て、厳しい...
国際情勢

伊東寛さんの「サイバー新部隊の実力と各国サイバー事情」[桜H24/2/14]

元一等陸佐で元陸自システム防護隊初代隊長の伊東寛さんが、自衛隊サイバー部隊のあるべき姿や、技術が兵器となるための条件、防衛省が二の足を踏んでしまっている「攻撃」の研究の成否こそが、サイバー戦における勝敗を決するという真理など
自衛隊情報

無料で使えて、かつ便利な陸上自衛隊の部隊・機関HPまとめ(大臣直轄レベル)

陸上自衛隊の公式サイトは、数が多いだけブックマークしても、スクロールするだけで大変です。そこで陸上自衛隊公式サイトを規模単位でまとめました。ここでは、最大単位の「大臣直隷レベルの部隊・機関」を紹介します。
自衛隊情報

陸上総隊構想と方面隊廃止論から日本人が学ぶべきこと

わが師団、旅団は列国のそれとことなり、強力な独立作戦能力が与えられておらず、最小限のことしかできない編成となっています。そのため非常時には、方面隊が戦況を予測し、状況に応じた各種支援をしなければ作戦単位として機能できません
自衛隊情報

陸上自衛隊東部方面隊

東部方面隊(東部方面軍)は1個師団と1個旅団および16の方面直轄部隊及び機関を隷下に置き、管内33個の駐屯地、3個分屯地で展開している。 東部方面隊(東部方面軍)の任務は関東・甲信越及び静岡県の1都10県の防衛・警備。そのため、予測できないが急にやってくる危機に対し、いつでも対応できる態勢を取ることが必要となる。危機管理のための最小限の備えとして、1個師団と1個旅団および13の方面直轄部隊を保有している。 これらの部隊の存在と、日々たゆまぬ訓練により実効性を高めることで、戦後60有余年にわたり外国からの侵略を未然に防止してきた。また、訓練で培われた実動能力や組織力は、災害派遣や各種地域行事支援等において地域及び地域住民に大きく寄与している。
自衛隊情報

陸上自衛隊東北方面隊

東北方面隊(東北方面軍)は2個師団と13の方面直轄部隊及び機関を隷下に置き、侵略・自然災害等から東北6県の県民を守るため、管内13個駐屯地でで約2万人の隊員が任務にあたっている。
自衛隊情報

陸上自衛隊北部方面隊

北部方面隊(北部方面軍)は総監隷下に2個師団と2個旅団、約50の方面直轄部隊を置き、侵略・自然災害等から道民を守るため、道内38カ所で約3.6万人の隊員が任務にあたっている。担任区域は北海道全域。 任務は北海道を守ること。そのため、予測で...
自衛隊情報

陸上自衛隊15旅団

陸上自衛隊第15旅団の編成や駐屯地などを紹介しています。あわせて、帝国陸軍(日本陸軍)第15師団に関する情報も書いてます
自衛隊情報

陸上自衛隊第8師団

陸上自衛隊第8師団の紹介。帝国陸軍(日本陸軍)の第8師団についても触れています
自衛隊情報

陸上自衛隊第4師団

第4師団は、西部方面総監の隷下にあり、司令部を福岡県春日市の福岡駐屯地に置く。九州北部(大分県、福岡県、佐賀県、長崎県)の防衛警備、災害派遣等を主たる任務としている。 編成 師団は、中核となる師団長と師団司令部(福岡)、司令部付隊(*1)...
自衛隊情報

陸上自衛隊第14旅団

第14旅団は、中部方面総監の隷下にあり、司令部を香川県善通寺市の善通寺駐屯地に置く。四国4県(香川、徳島、高知、愛媛)の防衛警備、災害派遣等を主たる任務としている。 編成 旅団は、中核となる旅団長と旅団司令部(善通寺)、司令部付隊(*1)...
自衛隊情報

陸上自衛隊第13旅団

第13旅団は、中部方面総監の隷下にあり、司令部を広島県海田町の海田市駐屯地に置く。中国5県(鳥取、島根、岡山、広島、山口)の防衛警備、災害派遣等を主たる任務としている。 編成 旅団は、中核となる旅団長と旅団司令部(海田市)、司令部付隊(*...
自衛隊情報

陸上自衛隊第3師団

第3師団は、中部方面総監隷下にあり、司令部を伊丹市千僧の千僧駐屯地に置く。滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山の2府4県の防衛警備・災害派遣等を主たる任務としている。 編成 師団は、中核となる師団長と師団司令部(千僧)、司令部付隊(*1)...
台湾

陸上自衛隊 第10師団

第10師団は、中部方面総監の隷下にあり、司令部を名古屋市守山区の守山駐屯地に置く。東海北陸6県(愛知、岐阜、三重、富山、石川、福井)の防衛警備を任務とする。 編成 師団は、中核となる師団長と師団司令部(守山)、師団司令部付隊(*1)(守山...
台湾

陸上自衛隊 第12空中機動旅団

第12空中機動旅団は、東部方面総監の隷下にあり、司令部を群馬県榛東村の相馬原駐屯地に置く。群馬県・栃木県・新潟県・長野県の防衛警備、災害派遣を任務とする。
自衛隊情報

陸上自衛隊第1師団

第1師団は、東部方面総監の隷下にあり、東京都練馬駐屯地に司令部を置く。東京都・神奈川県・埼玉県・静岡県・山梨県・千葉県・茨城県の日本の人口の約3分の1を含む、7つの都県の防衛・警備および災害派遣の担任地区としている。
自衛隊情報

陸上自衛隊第6師団

第6師団は、東北方面総監の隷下にあり、山形県東根市に司令部を置く。東北南3県(山形・宮城・福島)の防衛警備・災害派遣などを任務としているほか、大規模災害発生時には、他方面隊管轄地域に派遣される。
自衛隊情報

陸上自衛隊第9師団

第9師団は、東北方面総監の隷下にあり、青森市に司令部を置く。青森・岩手・秋田、北東北三県の防衛と警備を担任している。
自衛隊情報

陸上自衛隊第7機甲師団

第7機甲師団は、北部方面総監の隷下にあり、北海道千歳市に司令部を置く。わが国唯一の戦車を中核に編成された機甲師団である。
自衛隊情報

陸上自衛隊第11旅団

平成21年度作成の第11旅団活動紹介ビデオです。 第11旅団は、北部方面総監の隷下にあり、北海道札幌市に司令部を置く。北海道の政治・ 経済の中枢である札幌市を含む道央と道南の防衛・警備及び災害派遣を担任している。 第11旅団の編成
自衛隊情報

陸上自衛隊第5旅団

旅団司令部を置く帯広駐屯地にて開催された「第5旅団創立7周年 帯広駐屯地創設60周年 創立記念行事」(平成23年9月3日)より、記念式典、観閲行進 及び、雨の中で展開された戦車、装甲車、火砲、対戦車ヘリコプター等による迫力の訓練展示の模様...
自衛隊情報

陸上自衛隊第2師団

平成21年度作成の、第2師団の活動紹介ビデオです。  第2師団は北部方面総監の隷下にあり、旭川に司令部を置く。陸上自衛隊の中でも精鋭として知られ、最新鋭の装備を有し、旭川・名寄・遠軽・留萌・上富良野に駐屯し、郷土の防衛を全うするため日夜訓...
日本の軍事情報

【10式戦車】2012年度富士総火演での雄姿

10(ヒトマル)式戦車のこの走行を見るだけで、わが軍事戦術能力はきわめて高度なレベルにあるとわかる。
安保・戦略

【家村和幸】元陸自戦術教官が見る島嶼防衛戦略 [桜H24/11/7]

日本兵法研究会会長で、メルマガ「軍事情報」連載の執筆者・家村元2陸佐が、チャンネル桜に出演されました。
特別連載 陸軍史あちらこちら

陸軍と海軍の脚気紛争再燃--脚気と日本陸軍(荒木肇)

From:荒木肇 件名:陸軍と海軍の脚気紛争再燃--脚気と日本陸軍 2012年(平成24年)8月29日(水) ------------------------- □24年度総合火力演習  今年も防衛大臣のご臨席のもと、東富士演習場畑岡地区で...
自衛隊情報

わが海自

自衛隊情報

わが戦士 ~陸自幹部レンジャー~

おすすめの軍事本・書籍

荒木肇:日本人はどのようにして軍隊をつくったのか ~安全保障と技術の近代史~

毎年この時期になると、国を出たくなるような「マスコミ発の卑軍情報」がわが国を覆います。しかし今年は、本著とともに、例年とは違う爽やかな夏を過ごせそうです。
武器・装備

荒木肇:日本人はどのようにして軍隊をつくったのか ~安全保障と技術の近代史~

『日本人はどのようにして軍隊をつくったのか ~安全保障と技術の近代史~』 著:荒木肇 発行:出窓社 発行日:2010/7/14 本著を通じてあなたにイチバン感じてほしいのは、 <19世紀の列強が暴れまわる国際社会に、資源もカネもないま...
自衛隊情報

第4施設団の創立記念祭

しばしの雨天の後、観閲式の時には雨も止み、訓練展示や京都外国語大学体育会チアリーダー部のアトラクションなど盛り沢山でした
自衛隊情報

海を渡った自衛官─異文化との出会い─

このメルマガは、海外に赴いた隊員数十人を直接取材し、彼らが現地で何を体験し、どうやって任務を遂行してきたのか、その実際を聞き書きしたものです。 派遣先での「異文化との出会い」に悩み、戸惑いながら、事態をどう解決してきたのか? 知られざる自衛官の活躍を等身大で紹介します。
RSS