海軍

国防ニュース最前線

【11月3日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「自衛艦旗とは何か?新型潜水艦おうりゅうの凄さとは?」伊藤俊幸元海将【チャンネルくらら】

リーダーシップは誰でも身に付けられる―海上自衛隊が実践する、米海軍式の最強リーダーシップ論
堂下哲郎

【戦う組織のリーダーシップ─今に生きる海軍先輩の教え─(10)】 「海軍こぼれ話(2)海軍大佐はなぜ四本線か?」 堂下哲郎(元海将)

181022配信 【戦う組織のリーダーシップ─今に生きる海軍先輩の教え─(10)】 「海軍こぼれ話(2)海軍大佐はなぜ四本線か?」 堂下哲郎 の目次です。 □はじめに ▼『マスター・アンド・コマンダー』? ▼配置・職務から階級へ ▼制服の制...
おすすめの軍事本・書籍

デイブ バラネック (著), 茂木 作太郎 (翻訳):『F-14 トップガンデイズ』

こんにちは。エンリケです。 コードネームは「バイオ」 F-14トムキャットは10年前に退役した米海軍の戦闘機ですが、 いまも根強い人気を誇る名機です。可変翼の採用、長射程の「フ ェニックスミサイル」を搭載し、世界最強の戦闘機として米ソ冷戦 ...
国防ニュース最前線

【5月20日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「米艦防護は間違い・北朝鮮再度ミサイル実験・ハリス米太平洋軍司令官の来日と航行の自由作戦の実態とは?」伊藤俊幸元海将【チャンネルくらら】

『自衛官の心意気 そのとき、彼らは何を思い、どう動いたか』
その他

日章旗と旭日旗

わが国の国旗(にっぽんのこっき、にほんのこっき)は、法律上は日章旗(にっしょうき)と呼ばれています。 古くから、また今日でも一般的には日の丸(ひのまる)と呼ばれています。 【送料無料】祝祭日国旗掲揚キャンペーン 日の丸(日本国旗・天竺綿)...
その他

海軍さんはスマート?

海軍さんはスマートで♪ といわれるほどおしゃれで名が通っていた海軍軍人。 江田島にあった海軍兵学校でも、 生徒は、身だしなみに特に気を払っていました。 手鏡は常に持ち歩いていたそうですし、 階段の踊り場には姿見があって、身だしなみをいつもチ...
インテリジェンス

【7月22日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「南シナ海仲裁裁判で中国に厳しい判決!日本の領海を守ってきた最前線の元司令官が解説します!伊藤俊幸元海将(前呉地方総監)」【チャンネルくらら】

朝鮮の軍事情報

2007/7 【韓国】対馬軍事侵攻計画を立案すべき、との意見

2007年7月、前韓国海軍司令官(当時)金成萬 予備役海軍中将(当時)は、対馬軍事侵攻計画を立案すべきと韓国政府に求める内容の寄稿文を著した。それがこれ↓ ソース href="
歴史

【追悼番組】渡部昇一&小野田寛郎、大東亜戦争と戦後日本を語る[チェンネル桜 140125]

2014年1月16日、91歳で天寿を全うされた元陸軍少尉・小野田寛郎さん。ご逝去を追悼し、チャンネル桜で放映された上智大学名誉教授・渡部昇一先生との対談番組をご案内します。
特別連載 陸軍史あちらこちら

海軍予備学生と学校制度―当時の常識は記録に残らない(5) (荒木肇)

陸軍に比べると海軍はずいぶんと違った文化を持っていました。士官とは高等武官たる少尉以上のことをいい(将校相当官も含める)、中でも兵科士官だけを将校という。だから、「当直将校・副直将校」というのは兵科士官だけがつく業務でした。同じような服装をしていても、高等商船学校出身の予備士官の階級章や帽章には、正規士官の桜の代わりに
特別連載 陸軍史あちらこちら

短期現役と2年現役―当時の常識は記録に残らない(4) (荒木肇)

はじめに  皆さん、ご教示、応援ありがとうございました。五反田猫様、予備役空軍大尉殿、情報提供ありがとうございました。東京法学院が中央大学の前身であること、よく分かりました。今後ともご愛読、ご指導重ねてお願い申し上げます。  黒猫ファン様、...
特別連載 陸軍史あちらこちら

海軍と陸軍の制度比較―当時の常識は記録に残らない(3) (荒木肇)

はじめに  いよいよ選挙も近づいてまいりました。自民党は「国防軍」への改称をいい、諸制度の見直しもされるつもりでしょう。これに対して、民主党は「自衛隊」でいいという。公明党も、「馴染んだものを・・・」という論調。興味深く注目しています。どれ...
特別連載 陸軍史あちらこちら

徴集と徴兵―当時の常識は記録に残らない(1) (荒木肇)

時代の常識  ある時代(直線で区切られるようなものではありませんが)の常識、当たり前はなかなか記録に残りません。むしろ、今も読みつがれたり、映像が残っていたりするようなもの・ことは、その時代でも記録に価するような、珍しかったり、驚かれたりす...
世界の軍事情報

統合軍事演習「勇敢な盾(Valiant Shield)」2012

米太平洋艦隊広報 真珠湾(ハワイ州) 米海軍の空母機動戦隊は米空軍遠征航空団、海兵隊部隊とともに、 グアム近海で実施される統合演習「勇敢な盾(Valiant Shield)」に 参加する。
世界の軍事情報

米国防大学国家戦略研究所、「支那の戦略概観(5)」を発表

米国防大学国家戦略研究所の支那軍事研究センターが 「支那の戦略概観(5)」を発表しました。 対支空海用兵をいかにコントロールするかが主眼の内容です。 米海軍作戦部長のグリナート海軍大将は100627、
中国の軍事情報

支那による南沙諸島侵略の証拠

1951年、サンフランシスコ講和条約により南沙、西沙諸島の領有権を日本が放棄すると中国は領有権の正当性を主張し始め、南ベトナムとの領有をめぐり対立するようになる。
朝鮮の軍事情報

韓国海軍潜水艦18隻体制に

韓国海軍の潜水艦は12隻で、計画中の3隻を含めて15隻態勢でした。(ミゼット除く) そんな韓国が120829、2015年に潜水艦隊を新編すると明らかにしています。 発表では潜水艦司令部と言ってますが、潜水艦を一元運用する司令部機能=潜水艦隊...
特別連載 陸軍史あちらこちら

陸軍と海軍の脚気紛争再燃--脚気と日本陸軍(荒木肇)

From:荒木肇 件名:陸軍と海軍の脚気紛争再燃--脚気と日本陸軍 2012年(平成24年)8月29日(水) ------------------------- □24年度総合火力演習  今年も防衛大臣のご臨席のもと、東富士演習場畑岡地区で...
安保・戦略

ホルムズ海峡の機雷除去

停戦後でなければ海自派遣まかりならぬ。という主張は誤り。 によれば、1987年のイラン・イラク戦争時と1991年の湾岸戦争時に、同じことが国会で議論され、法解釈の面では解決済み。 またわが国は朝鮮戦争時に「戦時掃海」を経験済みであり、戦時...
台湾

陸海軍の軍医界を二分した脚気対策--脚気と日本陸軍

From:荒木肇 件名:陸海軍の軍医界を二分した脚気対策--脚気と日本陸軍 2012年(平成24年)8月15日(水) ------------------------- □残暑のお見舞いを申し上げます  暑さはまだまだ続きますが、それでも朝...
その他

東京・横須賀方面への観光でおススメの軍事関連スポット

東京・横須賀方面への観光をお考えの方に、おススメスポットを紹介します。 <横須賀> 海軍料亭小松 横須賀の料亭小松は海軍料亭として有名です。私は行った事はありません。 建物が古いのでそういつまでも営業しないのではと思います、私も近いうちに行...
世界の軍事情報

ロシア軍の挑発動向

110908の統幕発表によれば、同日、ロシア空軍爆撃機「ツポレフ95型」2機と空中給油機「イリューシン78型」2機がカムチャッカ方面から飛来し、わが国を一周した。わが方は空自戦闘機を緊急発進させこれに対応した。 110909の統幕発表によれ...
その他

【Q&A】リーダーシップとフォロアーシップ

指揮官先頭であることは当然ですが、それに部下が積極的についていくことも同じように重要です。「良き上司であるためにはまず良き部下であれ」ということです。では、「良き部下とは何か?」ですが・・・
中国の軍事情報

「さざなみ」シナへ

「さざなみ」の中国訪問ですが、両国政府は緊張緩和をシンボリックに描こうとしていますね。国際社会は警察力の及ばないヤクザ社会と同じですから、緊張関係にある国同士では艦艇の領海通過だけでも無害航行とはみなされないわけで、波風が立ちかねません。これまでも潜水艦が南西諸島の列島線を横切ったことが大問題になりました。一方、友好国艦艇ならこんなことは問題にもならないわけ です。
世界の軍事情報

チリ軍の概要

ラテンアメリカで最も近代化された軍のひとつです
中国の軍事情報

中国海軍の晋級戦略原潜

この三十年でシナ海軍の原潜開発設計能力はほとんど進歩していない
世界の軍事情報

シナがらみで気になることなど

報道陣がわが国歌にブーイングをし、わが国旗を燃やし・・・と、
中国の軍事情報

肖新年

肖新年海軍少将 1952年10月生まれ。湖北省出身。 1969年11月入営。1970年入党。 南京潜水艦学院、青島、南京、湖南軍事学院及国防大学を卒業。 潜水艦長、潜水艦部部長、某艦隊指揮官、海軍旅順基地参謀長を歴任 2002年 北海艦隊参...
日本の軍事情報

マダガスカルとオーストラリアの甲標的

アフリカにマダガスカルという国があります。 インド洋に位置する島国です。 先の大戦で日本軍がこの島で戦ったことをご存知ですか? 長い間この島はフランスの植民地でしたが、フランスがドイツに降伏後、イギ リス軍がフランス軍を追い出して支配してい...
RSS