日本兵法研究会

CGS(チャンネルグランドストラテジー)

【じっくり学ぼう 世界と日本の戦争史】西ローマ帝国の滅亡【CGS 世界と日本の戦争史 第6回】

「戦争」を主軸に、世界と日本の歴史を並行的に検証していくと、さまざまなことが見えてきます。 3世紀から5世紀まで、日本では卑弥呼登場!ヨーロッパの平和~最悪の疫病ペストによる人類激減~ヨーロッパの形成と盛りだくさんな内容です。
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

【じっくり学ぼう 世界と日本の戦争史】パクス・ロマーナの時代【CGS 世界と日本の戦争史 第5回】

「戦争」を主軸に、世界と日本の歴史を並行的に検証していくと、さまざまなことが見えてきます。 ローマの平和の時代や、スパルタクスの奴隷戦争や、黄巾の戦いと濃密な歴史トークとなっております。
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

【じっくり学ぼう 世界と日本の戦争史】古代の戦争その2 共和政ローマの領土拡大【CGS 世界と日本の戦争史 第4回】

「戦争」を主軸に、世界と日本の歴史を並行的に検証していくと、さまざまなことが見えてきます。 紀元前3世紀から紀元前2世紀までの戦争、特に共和政ローマの領土拡大について簡単にご説明いたします。
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

【じっくり学ぼう 世界と日本の戦争史】古代の戦争その1 上古と古代初期の世界【CGS 世界と日本の戦争史 第3回】

「戦争」を主軸に、世界と日本の歴史を並行的に検証していくと、さまざまなことが見えてきます。 上古から古代初期の戦争について説明いたします。教科書に載らない歴史の話も多々あります。
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

【じっくり学ぼう 世界と日本の戦争史】戦争・武力紛争の発生状況【CGS 世界と日本の戦争史 第2回】

「戦争」を主軸に、世界と日本の歴史を並行的に検証していくと、さまざまなことが見えてきます。 人類の歴史には、戦争が多発した時代と戦争がほとんど発生しなかった時代があります。
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

戦争・武力紛争の定義と区分【CGS 世界と日本の戦争史 第1回】

「戦争」を主軸に、世界と日本の歴史を並行的に検証していくと、さまざまなことが見えてきます。 人類の歴史は、戦争の歴史です。戦争とは何か、それを学ばなければ、独立と平和を守ることはできません。
家村和幸

武士道精神入門(10) –武士たちが遺した教え:山鹿素行『武教小学』–

▽ ごあいさつ  こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。 今回は「武士たちが遺した教え」の第六回目といたしまして、山鹿流兵学の祖・山鹿素行が「武士が幼少から守るべき日常生活の規範」を説いた『武教小学』を紹介します。  これは「武士の一...
イベント情報

戦闘機パイロット・佐藤守の人生

今回は、少年のころからパイロットに憧れて、防衛大を卒業後34年間を航空自衛官として任務にあたり、3800時間にわたって日本の空を飛んできた“大空のサムライ”が、操縦課程学生から戦闘機パイロット、操縦教官、そして飛行隊長へと空に歩んできた人生を振り返って貴重な体験をお話します。
イベント情報

【兵法講座】楠流兵法と武士道精神力を鍛える

幼少から『孫子』と『闘戦経』の二大兵法書を表裏で学び、智恵と仁愛と勇気の三徳を兼ね備え、湊川において自らの命を惜しまず義に殉じた大楠公の生き様こそが、日本人の武士道精神の模範でもあります。本講座では、「万世の明鏡」ともいうべき大楠公の遺訓を後世に伝えるために記された楠流兵法書を現代口語訳し、さまざまな逸話などを交えつつ、初歩から分かりやすく解説いたします。
イベント情報

第10回 軍事評論家・佐藤守の国防講座

そして、昭和50年4月30日をもってこの「聖戦」の目的は 達成されたのです。  隠された大東亜戦争の「真実」が今、明らかになります!
家村和幸

[12/8開催]第7回 家村中佐の兵法講座 -孫子と闘戦経を表裏で学ぶ-

■戦(いくさ)を知り、真の平和を学ぶ!■ 戦の本質を理論的に鋭く突いた優れた兵法書『孫子』十三篇の原著者は、春秋時代の呉国の軍師であった孫武であると言われています。 また『闘戦経』は、天地自然と共に生きてきた日本人が、全ての戦いを「詭道」と...
イベント情報

「今語る「尖閣防空作戦」–佐藤守元空将の講演会

こんにちは。エンリケです。 元空将で元南西航空混成団司令の佐藤守さんの講演会が行われます。 対外関係に関する発言については、マスコミでちやほやされる人の言葉にホンモノはありません。 一視聴者として、正確妥当な判断を下すためには、 別ルートで...
RSS