CIA

CIA

トーチ作戦とインテリジェンス(21)

【前回までのあらすじ】 本連載は、1940年から1942年11月8日に実施されたトーチ作戦(連合国軍によるモロッコおよびアルジェリアへの上陸作戦のコードネーム。トーチとは「たいまつ」の意味)までのフランス領北アフリカにおける、米国務省と共同...
CIA

トーチ作戦とインテリジェンス(17)

こんにちは。長南です。 本連載は、トーチ作戦(*)までのフランス領北アフリカにおける、米国務省と共同実施した連合国の戦略作戦情報の役割についての考察です。 (*)1940年から1942年11月8日に実施された、連合国軍によるモロッコおよびア...
CIA

トーチ作戦とインテリジェンス(16) 長南政義

こんにちは。長南です。 本連載は、トーチ作戦(*)までのフランス領北アフリカにおける、米国務省と共同実施した連合国の戦略作戦情報の役割についての考察です。 (*)1940年から1942年11月8日に実施された、連合国軍によるモロッコおよびア...
CIA

トーチ作戦とインテリジェンス(15) ~ウィリアム・ドノヴァンの略歴とその活動(2)~

From:長南政義 こんにちは。長南です。 本連載は、トーチ作戦(*)までのフランス領北アフリカにおける、米国務省と共同実施した連合国の戦略作戦情報の役割についての考察です。 (*)1940年から1942年11月8日に実施された、連合国軍に...
CIA

トーチ作戦とインテリジェンス(14)

はじめに 本連載は、1940年から1942年11月8日に実施されたトーチ作戦(連合国軍によるモロッコおよびアルジェリアへの上陸作戦のコードネーム。トーチとは「たいまつ」の意味)までのフランス領北アフリカにおける、米国務省と共同実施された連合...
CIA

トーチ作戦とインテリジェンス(13)  長南政義

前回までのあらすじ 本連載は、1940年から1942年11月8日に実施されたトーチ作戦(連合国軍によるモロッコおよびアルジェリアへの上陸作戦のコードネーム。トーチとは「たいまつ」の意味)までのフランス領北アフリカにおける、米国務省と共同実施...
CIA

トーチ作戦とインテリジェンス(8) 長南政義

【前回までのあらすじ】 本連載は、1940年から1942年11月8日に実施されたトーチ作戦(連合国軍によるモロッコおよびアルジェリアへの上陸作戦のコードネーム。トーチとは「たいまつ」の意味)までのフランス領北アフリカにおける、米国務省と共同...
CIA

トーチ作戦とインテリジェンス(6) 長南政義

【前回までのあらすじ】 本連載は、1940年から1942年11月8日に実施されたトーチ作戦(連合国軍によるモロッコおよびアルジェリアへの上陸作戦のコードネーム。トーチとは「たいまつ」の意味)までのフランス領北アフリカにおける、米国務省と共同...
CIA

秘密戦争の司令官オバマ CIAと特殊部隊の隠された戦争

単行本(ソフトカバー): 263ページ 出版社: 並木書房 (2013/1/16) ISBN-10: 4890633022 ISBN-13: 978-4890633029 発売日: 2013/1/16
CIA

少し憂鬱になります(一読者)

「秘密戦争の司令官オバマ CIAと特殊部隊の隠された戦争」を読んでみました。 取り急ぎの感想は以下の通り。少し憂鬱になります。
CIA

秘密戦争の司令官オバマ CIAと特殊部隊の隠された戦争

この本は、一期目のオバマ政権が行った「軍事戦略」「秘密諜報活動」を詳細にレビューする中で、オバマの戦争の実像とはなんなのだろうか?との問いに答えを導き出す試みです。 「軍事」「インテリジェンス」「無極化する世界と米の衰退」 という三つの側面から、アフガン・パキスタンひいては中東の現状・今の戦争を見る視座を与えてくれます。
CIA

秘密戦争の司令官オバマ CIAと特殊部隊の隠された戦争

オバマさんが大統領に就任した時、 「戦争のない世界を実現しようとする理想の指導者なのではないか」 と多くの人が淡い期待を抱きました。
CIA

新連載スタート

本連載では、過去4年間の「オバマの戦争」の実態を振り返って検証します。 連載を通じて米国の戦争の仕方を知ることができます。 支那との対立がますます激しくなる中、日米同盟のあり方が問われている 現在のわが国にとって、それを知ることはきわめて重要なことと考えます。 お知り合いの方にも是非おススメください。
CIA

「使いまわされた情報(Circular reporting)」 朝鮮戦争における「情報の失敗」 ~1950年11月、国連軍の敗北~(31)

前回までのあらすじ  前回、ウィロビーの著作やマッカーサーの議会証言は主観的で信憑性に欠ける部分が多く、史料的に問題がある旨を指摘し、具体的にどういった点が信頼できないのであろうかという点を考察した。 「外国の意図をあつかう軍事的政治的調査...
CIA

新COP建設Part2 ~ミラン発射~ — フランス外人部隊・日本人衛生兵のアフガニスタン戦争 Vol.24

From:野田力 件名:新COP建設Part2 ~ミラン発射~ -------------------------- 軍事情報特別連載  フランス外人部隊・日本人衛生兵のアフガニスタン戦争 Vol.24 陸上自衛官を志すも挫折。自分が立派な...
CIA

兵頭二十八 「日本人が知らない 軍事学の常識」 草思社

CIA

朝鮮戦争における「情報の失敗」 ~1950年11月、国連軍の敗北~(5)

■はじめに ~前回までのあらすじ~ こんにちは。長南です。 東京は、二十四節季の蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)を迎え、急に春めいてきました。昼夜の寒暖の差が激しい季節ですのでお風邪など召されませんようにご自愛くださいませ。 さて、前回の...
CIA

The Saudi-Iranian Rivalry and the Future of Middle East Security

Authored by Dr. W. Andrew Terrill. Saudi Arabia and Iran have often behaved as serious rivals for influence in the Middl...
CIA

スペイン学開始にあたっての事前準備

スペイン(イベリア半島)、ラテンアメリカに関する"兵法的"な面白い実生活に役立つお話しを開始する予定
CIA

【第78講】スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その56)

今回は、引き続き"語形成"についてのお話しです。語形成の知識を仕入れると、 知らない単語に出くわしても「類推」が可能となり、それは、的から外れぬ範囲で解釈 が可能となって来ることを意味するのです。
CIA

【第73講】スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その51)

文法でいう「条件文」とは・・・一つの文で言っていることが他の文で言われることの成立/不成立に関わる内容となっている・・・即ち、常に原因と結果のセットで表現されるパターンになっています。接続詞の"Si"(if もし)を使用して、次の公式に単純に当てはめるだけで結構 です
CIA

【第66講】スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その44)

スペイン語の過去には相(アスペクト)の完了/不完了の対立に従って二種類の活用による表現があります
CIA

【第58講】スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その36)

動詞の本格的な各時制を学ぶ前段階として、動詞に示される時を明確にする副詞について学びましょう。副詞の働きは、単に時を示すだけではなく・・・様態、状態、条件、譲歩・・・など幾つかあります。が、今回、その基本とするところを整理しておきましょう。
CIA

【第52講】スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その30)

スペイン語では、英語のbe動詞は、機能別に・・・「つなぎ動詞」("ser")と「状態動詞」("estar")の「二つの動詞が使い分け」されているのです
CIA

【第50講】スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その28)

スペイン語では動詞のことを習う前に、先ずは名詞のこと、即ち、名詞のカテゴリー(性・数・格)および・・・名詞の仲間、即ち、名詞と同じカテゴリーを共有する品詞である冠詞(定冠詞/不定冠詞)、形容詞、指示詞(指示形容詞、指示代名詞)などを一旦マスターしなければ、「~は、・・・です」や「~は、・・・にいる・ある」という文の構造を理解して表現につなげることが不可能に なっているのです。
CIA

【第45講】 スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その23)

原理とは、そもそも言語化されにくいものです。それが言語化されているのです・・・言語化すること・・・これは戦略や情報にとってはとても重要なことです!即ち、このようなことこそ、「己の頭で考え、己の口から出す」ことであり、そして「己の行動」に"リンク"することであり、結果として「己の居る現実が動いて行く」ことなのです。
CIA

【第39講】 スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その17)

指示詞とは、「これ、それ、あれ」という言葉で、要するに、「もの・こと="名詞"について話者( =自己)を中心にして、近い遠いを指し示す言葉」です。
CIA

【第35講】 スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その13)

グラシアンは、日本でも「グラシアン基金」というスペイン政府学術助成金の名称になっているくらいで、後世の他の欧州の哲学者、思想家たちにも影響を与えたスペインが生んだ傑物であり、欧米ではメジャーな存在です。
CIA

【第30講】 スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その8)

本講座の配信日である7月30日と言えば・・・大日本帝国海軍潜水艦の活躍を描いた今年の映画に「真夏のオリオン」がありますが、この映画のモデルと言われる伊58が米重巡洋艦インディアナポリス(原爆を運んでいたとかで有名です)を撃沈した日であり、海軍最後の大戦果となっています
CIA

【第29講】 スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その7)

喉の奥、舌の一番後ろの付け根の所、即ち、うがいをする時に息のゴロゴロと擦れる所を利用する。ここに擦れるようにカラのうがいをする=簡単に説明すると、少し汚いような感じもしないことはありませんが、「タンを切る」(カハーッツ!)ようにするとこの発音がすごく簡単にできるのです。
RSS