特別連載 陸軍史あちらこちら

特別連載 陸軍史あちらこちら

海軍予備学生と学校制度―当時の常識は記録に残らない(5) (荒木肇)

陸軍に比べると海軍はずいぶんと違った文化を持っていました。士官とは高等武官たる少尉以上のことをいい(将校相当官も含める)、中でも兵科士官だけを将校という。だから、「当直将校・副直将校」というのは兵科士官だけがつく業務でした。同じような服装をしていても、高等商船学校出身の予備士官の階級章や帽章には、正規士官の桜の代わりに
特別連載 陸軍史あちらこちら

短期現役と2年現役―当時の常識は記録に残らない(4) (荒木肇)

はじめに  皆さん、ご教示、応援ありがとうございました。五反田猫様、予備役空軍大尉殿、情報提供ありがとうございました。東京法学院が中央大学の前身であること、よく分かりました。今後ともご愛読、ご指導重ねてお願い申し上げます。  黒猫ファン様、...
特別連載 陸軍史あちらこちら

海軍と陸軍の制度比較―当時の常識は記録に残らない(3) (荒木肇)

はじめに  いよいよ選挙も近づいてまいりました。自民党は「国防軍」への改称をいい、諸制度の見直しもされるつもりでしょう。これに対して、民主党は「自衛隊」でいいという。公明党も、「馴染んだものを・・・」という論調。興味深く注目しています。どれ...
特別連載 陸軍史あちらこちら

特別志願将校と特別甲種幹部候補生―当時の常識は記録に残らない(2) (荒木肇)

はじめに  先週はお休みをいただきました。陸上自衛隊の学校での講話などがたまたま連続し、また、自分自身の資料集めの都合もあり、たいへん失礼をし、お詫び申し上げます。  目黒の陸自幹部学校では陸軍大学校の系譜を引くCGS学生の皆さんに、歴史の...
特別連載 陸軍史あちらこちら

徴集と徴兵―当時の常識は記録に残らない(1) (荒木肇)

時代の常識  ある時代(直線で区切られるようなものではありませんが)の常識、当たり前はなかなか記録に残りません。むしろ、今も読みつがれたり、映像が残っていたりするようなもの・ことは、その時代でも記録に価するような、珍しかったり、驚かれたりす...
特別連載 陸軍史あちらこちら

救援隊が到着、そして後日談―主計大尉N氏の記録(3) (荒木肇)

はじめに  日米両軍の協力で離島奪回作戦の演習が中止になりました。報道によると、防衛省の政務三役の方々のご意向だとのこと。政治主導ですね(笑)。でも、うがった報道では、『中国を刺激してはいけない』という岡田ナニガシという政権与党の大物の判断...
特別連載 陸軍史あちらこちら

くやしかった世間の誤解―主計大尉N氏の記録(2) (荒木肇)

はじめに  派手な話はありません。Nさんからいただいた手記には多くが戦地の日常生活の中の「暮らし」が書かれています。今回はその中でも珍しい小さな実戦の話です。それから始めるのも、経理部将校達への誤解が多い、そう思われるからです。  両舷直様...
特別連載 陸軍史あちらこちら

主計大尉N氏の記録(1) (荒木肇)

未熟な人の危険な発言  また始まったか、いつもこうなる。何か外患があると、必ず勢いのいい人が出現する。こう思わされたのは他でもありません。陸上自衛隊のある学校での祝賀会食の席でした。  来賓の代表として登壇されたのは若い国会議員です。さっそ...
台湾

特別版 沖縄県と軍事史 (荒木肇)

ご挨拶とご紹介  創立60周年観艦式も終わり、いよいよ来年は陸上自衛隊の番ですね。今回の観艦式ではヘリ搭載護衛艦「ひゅうが」の艦上から、同型艦「いせ」から発艦する対潜水艦ヘリの展示訓練を見られました。艦内は大きく、広く、さすが飛行甲板も20...
台湾

陸海軍の軍医界を二分した脚気対策--脚気と日本陸軍 (荒木肇)

From:荒木肇 件名:陸海軍の軍医界を二分した脚気対策--脚気と日本陸軍 2012年(平成24年)10月10日(水) 残暑のお見舞いを申し上げます  暑さはまだまだ続きますが、それでも朝夕はいくぶんか涼しくもなってきました。みなさま、いか...
特別連載 陸軍史あちらこちら

「エリートだった輜重兵―兵站の仕組みという難問(2)」(荒木肇)

はじめに  皆さん、私の住む横浜は突然、秋になりました。朝夕の涼しさは格別で、台風のなか仲秋の名月も素晴らしい美しさでした。急な気候の変化で、体調を崩されていませんか。夏の疲れも出てくる頃かと存じます。ご自愛ください。  それにしても橋下...
特別連載 陸軍史あちらこちら

「メッケルの指導―兵站の仕組みという難問(1)」(荒木肇)

はじめに――森林太郎は脚気の原因をどう考えていたか?  蘇州在住のN様、お便りありがとうございます。森軍医総監が死ぬまで伝染病説をとっていたという批判?があることは聞いたことがあります。逆に、それはどのような確証、つまり、森が発表したどんな...
特別連載 陸軍史あちらこちら

雑卒(ざっそつ)が脚気に多くかかった-誤りを認めた森軍医総監 (荒木肇)

From:荒木肇 件名:雑卒(ざっそつ)が脚気に多くかかった-誤りを認めた森軍医総監 2012年(平成24年)9月19日(水) はじめに  尖閣問題で大さわぎのマスコミ界です。 同じように、新聞では川崎重工と防衛省技術研究本部の「天下り」と...
歴史

将校の死傷率からわかる日露戦争の実態 (荒木肇)

From:荒木肇 件名:将校の死傷率からわかる日露戦争の実態 2012年(平成24年)9月12日(水) □はじめに  9月になったというのに、こんなに暑かったでしょうか。 まるで亜熱帯です。友人たちの中にも、体調を崩したり、食欲不振に なっ...
特別連載 陸軍史あちらこちら

「銅像になった一年志願兵(富士学校資料館に残る銅像)」 (荒木肇)

From:荒木肇 件名:銅像になった一年志願兵(富士学校資料館に残る銅像) 2012年(平成24年)9月5日(水) ------------------------- □はじめに  先週は富士の総合火力演習のことを書きました。そのついでと ...
特別連載 陸軍史あちらこちら

陸軍と海軍の脚気紛争再燃--脚気と日本陸軍(荒木肇)

From:荒木肇 件名:陸軍と海軍の脚気紛争再燃--脚気と日本陸軍 2012年(平成24年)8月29日(水) ------------------------- □24年度総合火力演習  今年も防衛大臣のご臨席のもと、東富士演習場畑岡地区で...
特別連載 陸軍史あちらこちら

脚気と日露戦争--脚気と日本陸軍

From:荒木肇 件名:脚気と日露戦争--脚気と日本陸軍 2012年(平成24年)8月22日(水) ------------------------- □終戦か敗戦か、停戦か?  ずうっと誰もが「終戦」と言ってきました。私も、どうせいつも ...
台湾

陸海軍の軍医界を二分した脚気対策--脚気と日本陸軍

From:荒木肇 件名:陸海軍の軍医界を二分した脚気対策--脚気と日本陸軍 2012年(平成24年)8月15日(水) ------------------------- □残暑のお見舞いを申し上げます  暑さはまだまだ続きますが、それでも朝...
台湾

日清戦争前後の食事--脚気と日本陸軍(荒木肇)

はじめに  日清戦争は「まことに小さな国であった」近代日本が初めて行った対外戦争でした。欧米人はもちろんのこと、日本人ですらわが国が勝つとは思ってもいなかったのです。そして、世界中が、何よりわが先人たちも驚いたことに、日本は清帝国を破ってし...
特別連載 陸軍史あちらこちら

雑穀混用--陸軍兵食について

From:荒木肇 件名:雑穀混用--陸軍兵食について 2012年(平成24年)8月1日(水) □ご挨拶  暑さが日々、増してまいりました。いよいよ夏本番ですが、 皆さまいかがお過ごしでしょうか。私はいわゆる「暑気払い」と 称して、外で仲間と...
特別連載 陸軍史あちらこちら

軍事情報特別企画  麦と脚気--陸軍兵食について

From:荒木肇 2012年(平成24年)7月25日(水) □お便りありがとうございました。  五反田猫様、いつもご感想やご教示ありがたく拝読しています。 さて、陸上自衛隊の普通科中隊でも員数検査があり(正式な名称は こんど聞いてみます)、...
台湾

特別記事「偕行会」について--ある経理部士官の投稿

From:荒木肇 2012年(平成24年)7月18日(水) □ご挨拶とお礼  T山様、お忙しい中、いつもご提案、ご教示ありがとうございます。 10式もおっしゃる通り、ほんとうにハイテクというか、進化形というか。 省力化やデータリンク化、その...
特別連載 陸軍史あちらこちら

軍事情報特別企画  ノモンハン事件について思う(12)

From:荒木肇 2012年(平成24年)7月11日(水) □ご挨拶  この日曜日、静岡県小山町の陸上自衛隊富士学校の創立58周年記念日に 行って参りました。御殿場駅からのシャトルバスに乗るには、横浜駅を7時 くらいの電車に乗らなくてはなり...
RSS