家村和幸

家村和幸

呉子の兵法【CGS 家村和幸 闘戦経 第29回】

今回は兵書「呉子六篇」から呉子の兵法を学んでいきます。 「呉子は概ね常道を説く」、非常に短いこの言葉に隠されていたのはどんな意味なのでしょうか? 呉起の兵士の得意不得意を見極める才能と、その兵法で奮い立つ兵士たち。 何故兵士たちはここ...
家村和幸

毛利元就の謀略【CGS 家村和幸 闘戦経 第28回】

今回は毛利元就の謀略についてお話していただきました。 「疑うか、疑わないか」、その言葉の通り、毛利元就は驚くべき作戦で相手を翻弄していきます。 その巧みな作戦に的はどんどん疑心暗鬼になって行き、元就の手の上で転がされ続けます。 そん...
家村和幸

蝮蛇の毒を生ず【CGS 家村和幸 闘戦経 第27回】

前回同様、「元寇」について読み解いて行きますが、少し視点を変えての回です。 元寇においての対馬・壱岐での戦いをベースに今回も誰もが知らなかった真実の「元寇」お伝えしていきます! -------------------最新情報はコ...
家村和幸

北条時宗と元寇【CGS 家村和幸 闘戦経 第26回】

今回は二度の侵略を受けた「元寇」と、北条時宗についてのお話です。 現代の多くは「嵐が来てラッキーで勝利した」とまで言われているこの戦ですが、その裏側には数々の作戦と敵も恐れた勇猛さがありました。 今回も具体的な日付と図と共に、誰もが...
家村和幸

神功皇后と卑弥呼【後編】【CGS 家村和幸 闘戦経 第25回】

前回に引き続き「神功皇后と卑弥呼」についてお話していただきました。 男が敵わないほどの強烈な戦を成し遂げた二人の女性、それこそが「神功皇后」と「卑弥呼」でした。ふたりはどのように戦ったのか?に迫ります。 そしてそこにはやはり孫子兵法の...
家村和幸

神功皇后と卑弥呼【前編】【CGS 家村和幸 闘戦経 第24回】

今回は「神功皇后と卑弥呼」について二回に渡りお話していただきました。 今回の軸となる第十九章は闘戦経の中で唯一、婦人が登場する部分となります。 その婦人とは「松浦佐用姫」。弁財天のモデルとも言われる彼女は夫を慕って正しい道に生き、正し...
家村和幸

ふつのみたま【CGS 家村和幸 闘戦経 第23回】

前回は「兵法」の基本をお話していただきましたが、今回は「ふつのみたま」についてお話をしていただきました。 第十八章に書かれている「鋭気と威厳」、シンプルですが奥深い闘戦経の教えを分かりやすく紐解いていきます。 古事記に登場する神々の...
家村和幸

兵法とは何か【CGS 家村和幸 闘戦経 第22回】

前回は「神の意志を衆人に伝える」ということで、改めて四身四魂のお話をしていただきましたが、今回からまた「兵法」のことについて焦点を当てていきます。 「兵法」とは一体何なのか? 部隊はどのように編成され、それぞれがどんな役割を持っている...
家村和幸

神の意志を伝える【CGS 家村和幸 闘戦経 第21回】

今回は前回の後半に引き続き、「神の意志を衆人に伝える」をお話していただきました。 第19回でもお話していただいたように、人間には「四身四魂」というものがあり、それによって成り立っています。今回も「四身四魂」が、キーワードになってきます...
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

人の四身四魂【CGS 家村和幸 闘戦経 第19回】

闘戦経は様々なことが書かれています。 今回は「四身四魂」についてです。 前回12章の「死生観」に通ずる人間の「魂」と「神々」。 私達は4つの重要な「四身」と「四魂」によって生きています。 ではその「四身四魂」とは一体どのようなものなの...
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

孫子兵法の本質【CGS 家村和幸 闘戦経 第18回】

今回は13篇からなる孫子兵法を大きく分けて4つに区分し、分かりやすく構成し、闘戦経と比べて詳しくお話していただきました。 闘い方に優れ、日本においても武士の基本的な教養書とされてきた「孫子兵法」 しかし、それを見事に看破した闘戦経。...
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

生命誕生の「経路」とは?【CGS 家村和幸 闘戦経 第16回】

今回は11章と12章を合わせてお話していただきました。 「産霊(むすび)」とは一体何なのか?生命誕生の経緯を紐解いて行きます。 神々はどのようにして現在の「人間」の姿を作り出したのか、 そして、生命が誕生するにあたってどのような「産霊...
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

骨を丈夫にする【CGS 家村和幸 闘戦経 第12回】

イシキカイカク大学のLINE@ができました! 専用LINEに無料登録するだけで一流講師陣による非公開の公演動画や音声を完全無料でプレゼントします! 「@wnf8878w」で検索! 詳しくは下記リンクを御覧ください。 今回のお話は「骨...
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

霊魂の転生とは?【CGS 家村和幸 闘戦経 第17回】

今回は、前回から引き続き、闘戦経の12章「死生観」についてのお話です。 「産土神(うぶすなのかみ)」が与える「産霊(むすび)」とは言葉を発することや食欲が湧くこと、これらの人間の根本的な部分でした。 そうして現世に命を与えられた私達の...
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

造化の武断【CGS 家村和幸 闘戦経 第13回】

今回のキーワードは「造化の武断」です。 今回は、前回も触れた人間が誕生する経緯について「造化の武断」の視点から見ていきます。 「造化の武断」とは一体何でしょうか? 私達も聞いたことあるあの現象です。 ----------------...
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

三徳と一誠【CGS 家村和幸 闘戦経 第15回】

今回は闘戦経と孫子兵法を「骨と化すまで学んだ」とされる武人、 「楠木正成」がどのような人生を歩み、学んでいったのかお話していただきました。 仁・智・勇。志の基礎をなす三つの教えを忠実に守り、闘った武人の生き様と、それを支えた闘戦経と孫...
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

詭譎と真鋭【CGS 家村和幸 闘戦経 第14回】

今回はついに実際の戦争をもって闘戦経についてお話していただきます! 孫子の兵法書と闘戦経とは、何が違うのでしょうか? それは漢と倭の兵士への考え方の違いからくるものになります。 実際に各々兵士とはどのように捉えていたのかお話していた...
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

生成化育 その2【CGS 家村和幸 闘戦経 第9回】

イシキカイカク大学のLINE@ができました! 専用LINEに無料登録するだけで一流講師陣による非公開の公演動画や音声を完全無料でプレゼントします! 「@wnf8878w」で検索! 詳しくは下記リンクを御覧ください。 前回、「はら」と...
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

剛毅【CGS 家村和幸 闘戦経 第10回】

イシキカイカク大学のLINE@ができました! 専用LINEに無料登録するだけで一流講師陣による非公開の公演動画や音声を完全無料でプレゼントします! 「@wnf8878w」で検索! 詳しくは下記リンクを御覧ください。 この世には様々な...
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

神の御実体【CGS 家村和幸 闘戦経 第11回】

今回は前回に引き続き、剛毅についてお話していただきました。 なぜ、兵法書である闘戦経について学ぶときにこれらの知識が必要なのでしょうか? それは、闘戦経の筆者である大江匡房の考えが関係しています。 -----------------...
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

生成化育【CGS 家村和幸 闘戦経 第8回】

今回のじっくり学ぼう!闘戦経は、「道」がキーワードです。 地球の誕生も、人類の誕生も様々な神々によって「道」が作られたことでできました。 その道はどのようにしてできたのでしょうか? -------------------最新情報はコ...
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

自分の踏むべき道に徹する【CGS 家村和幸 闘戦経 第7回】

今回は、与えられた役割についてのお話です。 私達人間も含め、様々なものには役割が与えられています。 その役割をどのように理解し、徹すればいいのか? お話していただきました。 -------------------最新情報はコチラ!--...
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

「文」と「武」【CGS 家村和幸 闘戦経 第6回】

今回は文と武についてのお話です。 「文武両道」という言葉があるように、文と武は異なる2つのものとして捉えられることが多々あります。 古事記ではその2つをどのように捉えているのでしょうか? -------------------最新情...
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

オノコロ島誕生【CGS 家村和幸 闘戦経 第5回】

今回から第二章に突入! 「文武一元と武先文後」の解説です。 注目すべきポイントは最後の2行『天祖先づ瓊鋒を以て磤馭を造る。』 伊邪那岐命と伊邪那美命はホコを突き刺し、オノコロ島を作りました。そこから生命が誕生していったというお話です。 ...
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

我が道は万物の根源 前編 【CGS 家村和幸 闘戦経 第3回】

前回、神々は宇宙を創造されました。 そして次に地球が創られます。科学的に証明されている地球の成り立ちと古事記に記されているものは同じだということが分かります。 具体的にはどのように地球はできたのでしょうか? お話していただきました。 ...
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

我が道は万物の根源 後編 【CGS 家村和幸 闘戦経 第4回】

今回は前回の続きになります。 今回も前回に引き続き古事記を読み解き、地球の成り立ちをお話していただきました。 古代の人々はどのようにして地球の成り立ちを理解していたのでしょうか? お話していただきました。 ------------...
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

天地の初め 【CGS 家村和幸 闘戦経 第2回】

今回は、天地を創造した神々のお話となります。 日本には様々な神がおり、様々な現象は神の御業とされています。 世界はどのようにして生まれたのか? また、皆さんが当たり前のように行っていることにも神の名前が付いています。 --------...
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

天地に先だつ神武 【CGS家村和幸 闘戦経 第1回】

「じっくり学ぼう!」最新シリーズは「世界と日本の戦争史」でおなじみの家村和幸先生と共に平安時代に成立したとされる兵法書「闘戦経」について学んでいきます。 初回となる今回は「闘戦経」の基礎知識、そしてすべての入口となる『神武』についてのお...
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

【じっくり学ぼう 世界と日本の戦争史】西ローマ帝国の滅亡【CGS 世界と日本の戦争史 第6回】

「戦争」を主軸に、世界と日本の歴史を並行的に検証していくと、さまざまなことが見えてきます。 3世紀から5世紀まで、日本では卑弥呼登場!ヨーロッパの平和~最悪の疫病ペストによる人類激減~ヨーロッパの形成と盛りだくさんな内容です。
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

【じっくり学ぼう 世界と日本の戦争史】パクス・ロマーナの時代【CGS 世界と日本の戦争史 第5回】

「戦争」を主軸に、世界と日本の歴史を並行的に検証していくと、さまざまなことが見えてきます。 ローマの平和の時代や、スパルタクスの奴隷戦争や、黄巾の戦いと濃密な歴史トークとなっております。
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

【じっくり学ぼう 世界と日本の戦争史】古代の戦争その2 共和政ローマの領土拡大【CGS 世界と日本の戦争史 第4回】

「戦争」を主軸に、世界と日本の歴史を並行的に検証していくと、さまざまなことが見えてきます。 紀元前3世紀から紀元前2世紀までの戦争、特に共和政ローマの領土拡大について簡単にご説明いたします。
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

【じっくり学ぼう 世界と日本の戦争史】古代の戦争その1 上古と古代初期の世界【CGS 世界と日本の戦争史 第3回】

「戦争」を主軸に、世界と日本の歴史を並行的に検証していくと、さまざまなことが見えてきます。 上古から古代初期の戦争について説明いたします。教科書に載らない歴史の話も多々あります。
CGS(チャンネルグランドストラテジー)

【じっくり学ぼう 世界と日本の戦争史】戦争・武力紛争の発生状況【CGS 世界と日本の戦争史 第2回】

「戦争」を主軸に、世界と日本の歴史を並行的に検証していくと、さまざまなことが見えてきます。 人類の歴史には、戦争が多発した時代と戦争がほとんど発生しなかった時代があります。
家村和幸

武士道精神入門(最終回)  武士道精神まとめ:武士道精神と死生観

▽ ごあいさつ  こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。 今年3月から掲載してまいりました「武士道精神入門」も、今回を以って最終回となります。  日本人が長い歴史を通じて培い、磨き上げ、守り続けてきた価値観や伝統精神である『武士道精...
家村和幸

武士道精神の実践:吉田松陰の家族と松下村塾  武士道精神入門(24)

▽ ごあいさつ  こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。 今回は「武士道精神の実践」の第十話(最終回)といたしまして、忠君愛国の士・吉田松陰の人物像について、その家族や師、弟子たちとの人間的なふれあいの観点から紹介いたします。  吉田松...
家村和幸

武士道精神入門(23) 「武士道精神の実践:二人の強者(つわもの)-平敦盛と熊谷直実」

▽ ごあいさつ  こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。 今回は「武士道精神の実践」の第九話といたしまして、『平家物語』に出てくる有名な武士たちの物語について紹介いたします。か弱き者、敗れたる者、虐げられた者への仁愛の情こそが、「賢く、...
家村和幸

武士道精神入門(22)—武士道精神の実践:空の武士道—

【第22回】武士道精神の実践:空の武士道  平成11年11月22日、13時2分。  航空自衛隊パイロット、二等空佐・中川尋史と三等空佐・門屋義廣は、飛行訓練のため、T33練習機に搭乗し、航空自衛隊入間基地を飛び立ちました。二人とも、航空学生...
家村和幸

武士道精神入門(21)ーー武士道精神の実践:サムライ艦隊、地中海へーー

▽ ごあいさつ  こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。  今月5日に発売させていただきました拙著「兵法の天才 楠木正成を読む 河陽兵庫之記・現代語訳」(*)を、私が尊敬する国会議員の西村眞悟先生に贈呈いたしましたところ、西村先生から御...
家村和幸

武士道精神の実践:剣と外国人ーー武士道精神入門(20)

▽ ごあいさつ  こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。 今回は「武士道精神の実践」の第六話といたしまして、「剣と外国人」を紹介いたします。  これまで、日本人が長い歴史を通じて培い、磨き上げ、守り続けてきた価値観や伝統精神である『武士...
家村和幸

武士道精神の実践:第六潜水艇長・佐久間大尉の遺書

From:家村和幸 こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。 新刊を予約くださったKさんから、ご質問をいただきました。 お問い合わせの内容 ------------------------------------ 一族の命運を賭けた楠木正...
家村和幸

武士道精神の実践:柴五郎中佐と北京の日本兵たち

こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。 前回お届けしたメルマガに対し、お便りをいただきました。 <非常におもしろい逸話でたのしく読みました。 ただ、武道の話をよく聞くものとしては精神面の観念論だけでなく、いったいどういう事だったのか...
イベント情報

新刊の予約を受け付けています

こんにちは。エンリケです。 金曜日の連載でお馴染みの家村和幸さんが新刊本を出すことになり、 おき軍事では、今回の出版を記念し以下の特典つき先行予約を受け付けています。
家村和幸

【第17回】武士道精神の実践:千葉周作-生きる道-

こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。 前号をお読みになったTさんからお便りをいただきました。 <乃木閣下の学習院での講話のことは初めて知りました。毎回感動のメールマガジンをどうもありがとうございます>(Tさん) こちらこそ、ありがとう...
家村和幸

【第16回】 武士道精神の実践:日本はここにある! 明治天皇と乃木大将

こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。  今回は「武士道精神の実践」の第二話といたしまして、明治における“武士道精神の体現者”乃木希典(まれすけ)大将について紹介します。  明治天皇と乃木大将の“君臣一体”となった「心の絆(きずな)」に...
家村和幸

武士道精神の実践:ペリリュー島守傭隊長 中川州男大佐

こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。 本メルマガ記事「武士道精神入門」も3月に連載を開始して以来、「武士道概説(3月)」、「武士たちが遺した教え(4~5月)」といった流れで進めてまいりました。そして、いよいよ今回から「武士道精神の実践...
家村和幸

武士道精神入門(14)–武士たちが遺した教え:西郷隆盛の言葉(『南洲翁遺訓』から)–

▽ごあいさつ  こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。 今回は「武士たちが遺した教え」の最終回といたしまして、明治維新の立て役者でありながら、西南の役に散った“ラスト・サムライ”西郷隆盛の言葉を『南洲翁遺訓』の中から紹介します。  『南...
家村和幸

武士道精神入門(13)–武士たちが遺した教え:山岡鉄舟 『鉄舟二十訓』– 家村和幸

▽ごあいさつ  こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。 今回は「武士たちが遺した教え」の第九回目といたしまして、幕末から明治初期の剣術の達人・山岡鉄舟の自省訓『鉄舟二十訓』を紹介します。  また、『鉄舟二十訓』に加えて“無刀流”の極意を...
家村和幸

武士道精神入門(12)–武士たちが遺した教え:佐藤一斎 『言志四録』–

▽ ごあいさつ  こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。  今回は「武士たちが遺した教え」の第八回目といたしまして、江戸中・後期の儒学者・佐藤一斎(いっさい)が学問の道を通じて自得したこと、すなわち「志」を書き綴(つづ)った『言志四録』...
家村和幸

武士道精神入門(11)–武士たちが遺した教え:大道寺友山『武道初心集』– 家村和幸

▽ごあいさつ  こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。 今回は「武士たちが遺した教え」の第七回目といたしまして、江戸時代の兵法家・大道寺友山(だいどうじ ゆうざん)が武士の子弟のために書いた武士道入門書『武道初心集』を紹介します。  山...
家村和幸

武士道精神入門(10) –武士たちが遺した教え:山鹿素行『武教小学』–

▽ ごあいさつ  こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。 今回は「武士たちが遺した教え」の第六回目といたしまして、山鹿流兵学の祖・山鹿素行が「武士が幼少から守るべき日常生活の規範」を説いた『武教小学』を紹介します。  これは「武士の一...
家村和幸

武士道精神入門(9) –武士たちが遺した教え:宮本武蔵『独行道』–

▽ ごあいさつ  こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。 今回は「武士たちが遺した教え」の第五回目といたしまして、戦国時代から江戸時代への移行期をひたすら剣の道に生きた武芸者・宮本武蔵が遺した言葉を紹介します。  一切の甘え捨て、厳しい...
家村和幸

武士道精神入門(8) –武士たちが遺した教え:武田信玄の言葉–  家村和幸

▽ ごあいさつ  皆様、こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。今回は「武士たちが遺した教え」の第四回目といたしまして、“孫子兵法の体現者”である戦国大名・武田信玄が遺した言葉を紹介します。  「人は城 人は石垣 人は堀 なさけは味方 あ...
家村和幸

武士道精神入門(7) –武士たちが遺した教え:戦国島津家の家訓–

▽ ごあいさつ  こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。今回は「武士たちが遺した教え」の第三回目といたしまして、戦国大名島津家の初代として鹿児島の戦国期に大きな役割を果たした武将・島津忠良(出家名“日新斉”)が子孫と家臣団への精神教育と...
家村和幸

武士道精神入門(6)–武士たちが遺した教え:大楠公の遺訓(楠流兵法書から)– 家村和幸

▽ ごあいさつ  皆様、こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。今回は「武士たちが遺した教え」の第二回目といたしまして、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した河内の武将・楠木正成(大楠公)の遺訓を紹介します。  楠木正成は、兵法の天才...
家村和幸

武士道精神入門(5)–武士たちが遺した教え:古の武人たちの歌–

▽ ごあいさつ  皆様、こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。今回から「武士たちが遺した教え」に入ります。全部で十回にわたり、宮本武蔵の「独行道」や戦国島津家に伝わる「日新公いろは歌」など、それぞれの時代を生きてきた武士たちが書き遺した...
家村和幸

武士道精神入門(4)–兵制の変革と武人の特質(後編)– by家村和幸

▽ ごあいさつ  皆様、こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。今回は鎌倉幕府が成立してからの兵制の遷り変わりとそれぞれの時代における武人の特質について述べてまいります。なお、今回をもちまして「武士道概説」は終了いたします。 【第4回】武...
家村和幸

武士道精神入門(3)–兵制の変革と武人の特質(前編)– by家村和幸

▽ごあいさつ  皆様、こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。 今回と次回の二回にわたり、我が国における兵制の遷り変わりとそれぞれの時代における武人の特質について述べてまいります。全体の構成と前後編の区分は、次のとおりです。  1 通 説...
家村和幸

武士道精神入門(2)–武士道概説:武士の沿革と武士道– by 家村和幸

From:家村和幸 2013年(平成25年)3月8日(金) ▽ ごあいさつ  こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。 前回は、人間が作り上げた最高の理性とも云うべき武士道が、日本人特有の理念・道徳規範である大和心と一致不可分であること...
安保・戦略

孫子「火攻篇・用間篇」と闘戦経の教え

■戦(いくさ)を知り、真の平和を学ぶ!■ 戦の本質を理論的に鋭く突いた優れた兵法書『孫子』十三篇の原著者は、春秋時代の呉国の軍師であった孫武であると言われています。 また『闘戦経』は、天地自然と共に生きてきた日本人が、全ての戦いを「詭道」と...
安保・戦略

【家村和幸】元陸自戦術教官が見る島嶼防衛戦略 [桜H24/11/7]

日本兵法研究会会長で、メルマガ「軍事情報」連載の執筆者・家村元2陸佐が、チャンネル桜に出演されました。
家村和幸

[12/8開催]第7回 家村中佐の兵法講座 -孫子と闘戦経を表裏で学ぶ-

■戦(いくさ)を知り、真の平和を学ぶ!■ 戦の本質を理論的に鋭く突いた優れた兵法書『孫子』十三篇の原著者は、春秋時代の呉国の軍師であった孫武であると言われています。 また『闘戦経』は、天地自然と共に生きてきた日本人が、全ての戦いを「詭道」と...
イベント情報

「今語る「尖閣防空作戦」–佐藤守元空将の講演会

こんにちは。エンリケです。 元空将で元南西航空混成団司令の佐藤守さんの講演会が行われます。 対外関係に関する発言については、マスコミでちやほやされる人の言葉にホンモノはありません。 一視聴者として、正確妥当な判断を下すためには、 別ルートで...
RSS