スペイン・ラテンアメリカ講座

スペイン・ラテンアメリカ講座

【第79講】スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その57)

「比較」ということは、常に二つ以上のものが話者にとって対象とされているということです。
CIA

スペイン学開始にあたっての事前準備

スペイン(イベリア半島)、ラテンアメリカに関する"兵法的"な面白い実生活に役立つお話しを開始する予定
CIA

【第78講】スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その56)

今回は、引き続き"語形成"についてのお話しです。語形成の知識を仕入れると、 知らない単語に出くわしても「類推」が可能となり、それは、的から外れぬ範囲で解釈 が可能となって来ることを意味するのです。
巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

"祝3周年!!!"と今後の展開についてのお知らせ

地政学・・・は、"兵法"をヌキにしては単なる空理空論になります。
スペイン・ラテンアメリカ講座

【第77講】スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その55)

このように"新たなものごと"、"新たな概念"に新しい名前を付けることとは、新しい言葉の創造をすること=初めて「言語化」ということを行う訳です。
巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

あなたは戦略家! 無から有を生ずる?

あなたは、このような話しを聞いて・・・戦後日本のスキというものが見えて来ませんか?
スペイン・ラテンアメリカ講座

【第76講】スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その54)

"命令形"といった場合には、命令する際に使う動詞の取っている語形(直説法現在とかとは異なった活用語尾の付いている形態)を意味します。
巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

軍事図書情報について

"戦後日本"という時代的流れ、そして、図書館を仕切る人々の思想的偏向もあり、図書館では、偏った左翼系出版物を多数目にすることはあっても・・・バランスのとれた内容のものは殆どない・・・のではないでしょうか?
スペイン・ラテンアメリカ講座

【第75講】スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その53)

関係詞といっても、次の三種類しか出て来ません。
巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

守ってはダメな人がいる

1945年8月15日、大日本帝国を敗戦に導いた「同じ構造(無能リーダーによる政治指導)」が戦後も日本を支配しているということに気がついて、それを改めなければならない時機に来ています。苦戦を重ねざるを得なかった戦線で起こったことと同じようなことを現在の自衛隊が強いられている姿を見るには同じ日本人としてとてもつらいものがあります。
スペイン・ラテンアメリカ講座

【第74講】スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その52)

スペイン語の場合・・・関係代名詞の重要な点とは、名詞や代名詞とおなじく性・数、それに「格」を意識することが非常に重要な役割を果していることです
巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

戦後日本的な意識の清算時機について

戦後の日本人が考えることから遠ざかっていたことを現時点で意識することが求められています。それには、日本人一人一人のレベルで戦略、情報、兵法・・・その意識化が必要なのです。
CIA

【第73講】スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その51)

文法でいう「条件文」とは・・・一つの文で言っていることが他の文で言われることの成立/不成立に関わる内容となっている・・・即ち、常に原因と結果のセットで表現されるパターンになっています。接続詞の"Si"(if もし)を使用して、次の公式に単純に当てはめるだけで結構 です
巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

非常時のリーダー

苦難は共にする・・・逃げない・・・これが日本人であります。
スペイン・ラテンアメリカ講座

【第72講】スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その50)

そもそも、スペイン語の未来時制は、義務の概念から発達したものでした。義務というのは、「未来におけるその時にやってしまう」という「完了」の意味を持っています。単純に未来時制と言ってみても、時制のみならず法や相が相互に連関しあって機能していることをここで確認しておきましょう。
巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

知識、知恵、そして勇気

幕藩体制下で政治をしていたのは武士ですが、その中で・・・もし、家老職クラスが今回の前原誠司氏と同じことをすれば「切腹」であり、少なくとも明るみになった日に腹を切るのが礼儀というものでありましょう。
スペイン・ラテンアメリカ講座

【第71講】スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その49)

多くの場合ですが、熟語形式になっています。
巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

強い奴には強く、弱い奴には弱い (組織の虚実・応用編)

兵法からあなたの抱える「弱い奴には弱い」ところを観察すれば、 まさしく敵対組織の崩壊に置き換えることで応用できる訳です。
スペイン・ラテンアメリカ講座

【第70講】スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その48)

最も時間をかけて理解しておくと"後の3つとも"がとても楽に理解できる用法があります。それが即ち、「名詞節」の用法です
巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

強い奴には強く、弱い奴には弱い (組織の虚実・基礎編)

「客観性や思い切りは外には自然にできるのに、内側にはできない」という悩みがあります。これが所謂、内弁慶を製造する元凶なのでもあります
スペイン・ラテンアメリカ講座

【第69講】スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その47)

一言で言うと、相手に自分の気持ちや感情という「想い」を伝える「表現の方法」のことなのだ・・・ということを先ずは押さえておいてください
巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

SF映画『宇宙戦争』から侵略パターンを考える

そして、それを「平和的に解決した」とか、「国民のためにやった」とか言ったことをみんなに"強弁"し始めるのであろう・・・と思って笑ってしまった・・・
スペイン・ラテンアメリカ講座

【第68講】スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その46)

日本語では、"~ダロウ"(推量の助動詞)までは同じですが、スペイン語の"未来"では、「~するダロウ」という訳が、そして・・・過去未来では、「~したダロウ」という訳が来るので、日本語と比べながら頭を整理するとマスターしやすいと思います。
巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

新しい時代に向かう条件=心について

他人に操作されるのは止めて・・・「心で創り出すことを意識的に実践する一年にしよう!」になって来ますね
スペイン・ラテンアメリカ講座

【第67講】スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その45)

未だ来たらぬ時間のことは、「事実」に基づいてそこから展開するのではなく・・・自分の心に基づいて、その気持ちを述べる・・・ことになっています。よって、決めつけて言わないところが特徴になっているのです。 ですから、全てに「予め・推測」する内容を含めて表現することになります
巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

みんなのスペイン学

政治、軍事、経済の中で、前二者(政治、軍事)に関しては・・・興味深い発想、着想やら、あまり知られていない淵源やら、それらは意外と"スペイン"という国にあるのです。
CIA

【第66講】スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その44)

スペイン語の過去には相(アスペクト)の完了/不完了の対立に従って二種類の活用による表現があります
巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

スペイン&ラテンアメリカ研究の「真実」

あなたは、このようなスペインやらラテンアメリカやらについての背景があることを知りつつ、使用する参考資料に関しては注意して洗い直して吟味しなければなりません
スペイン・ラテンアメリカ講座

【第65講】スペイン語文法入門―兵法的外国語学習への誘い―(その43)

時制とは、単純に過去、現在、未来と三つの区分から成り立っていて、それらだけで考えれば良いものだ・・・と思いがちです。が、言語の実相においては、動詞とは、時制だけのものではなく、「時制」を思い浮かべる場合には必ず法(モード)、相(アスペクト)と"三位一体の関係"を成り立たせていて、そこからその時その場の意味が醸成されていること・・・この重要な多面的思考をここで確認しておきたいと思います
巻頭コラム(スペイン・ラテンアメリカ講座)

政権交代の当事者ということ

何も難しい漢字の並んでいる政治用語に秘密があるのではなく、本当の政権交代の秘密は、あなたの「当事者」としての認識と自覚、そして勇気にこそあるのです
RSS