軍事情報トップ  »  軍事情報記事  »  朝鮮の軍事情報  »  北鮮核武装に関する現時点での国際社会の共通認識

北鮮核武装に関する現時点での国際社会の共通認識

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

大げさな題目ですが、結局は常識的な

・北鮮の核保有は東アジア地域の核拡散を招くきっかけとなった。
・最大の問題は、民主主義国家日本が自衛のための核武装に動くことであり、これ
 はシナが何より怖れる事態である。
・米は先日の国連安保理決議採択時、「日本核武装」カードを切って、シナとロシ
 アを反北鮮陣営に引き入れることに成功した。

といったところでしょう。

⇒東アジア地域における核拡散の対象として考えられているのは、日・韓・台の3
国ですが、米では「日本での核武装論議は下火になっているが、韓国では逆に、多
数が自衛のための核抑止力保有を支持している」と見ているようです。

日韓に駐留部隊を置いている米国は、両国に対して「核武装するな」とはとてもい
えない事情があります。もしそう言えば、米駐留軍は「前方展開部隊」でなく「東
アジアの核の人質」になってしまうからです。
ですので「核の傘を保障する」というのが精一杯なんですね。

なお、台湾に米軍は駐留していないので両国とは違い、「核武装は許さない」とい
うことになるのでしょう。

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2006年11月18日 20:12
北鮮核武装に関する現時点での国際社会の共通認識の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 北鮮核武装に関する現時点での国際社会の共通認識

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/7



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する