軍事情報トップ  »  軍事情報記事  »  自衛隊情報  »  防衛省、法律制度を検討する委員会を設置

防衛省、法律制度を検討する委員会を設置

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

防衛省の発表によれば、「防衛法制に関する検討委員会」が設置されるとのこと。

詳細は以下のとおり。

1 趣旨

 我が国が新たな脅威や多様な事態に実効的に対応すべく、多機能で弾力的な
実効性のある防衛力を整備していくためには、運用や装備と並んで、法制的な
面からも検証が必要である。
 このため、省への移行も踏まえ、防衛省・自衛隊に関わる法制について、防
衛省として、改めて包括的に見直し、問題点や改善すべき点などがないか検証
するため、防衛法制に関する検討委員会を設置する。

2 委員会の構成

(1)委員会
委員長 : 寺田防衛大臣政務官
副委員長: 事務次官
委 員 : 統合幕僚長、陸上幕僚長、海上幕僚長、航空幕僚長
        大臣官房長、防衛政策局長、運用企画局長、法制・IT等担
        当防衛参事官、法制担当審議官 等

(2)検討チーム
 委員会の下に、委員会を補佐し、所要の作業を行うため、法制・IT等担当
防衛参事官をチーム長とし、関係の審議官・課長クラスをメンバーとする検討
チームを設ける。

3 検討内容
 1の趣旨に沿って、例えば次のような点について、立法経緯やこれまでの法
的な整理、各種の議論等を調査・整理するなどして、現在の防衛法制について
包括的に検証する。

* (1)「防衛二法」(防衛省設置法・自衛隊法)を中核とする現在の法体系
* (2)自衛隊の行動類型区分
* (3)武器使用に係る法制
* (4)自衛隊の公共の秩序維持任務に関する法制
* (5)自衛隊の行う国際平和協力活動についての法制
* (6)海洋における自衛隊の活動に係る法制

※その他、検討の進捗に応じ、検討項目を追加

(備考)委員会の庶務は、大臣官房文書課(法令審査)において処理する。

⇒まったく期待してません。役所内で話せば話すほど、いじればいじるほど
自衛隊は軍隊のあるべき姿から遠ざかり、その首が締められるだけでしょう。
憲法九条があるのに、小手先をいじることで泥縄式に軍事行動できるようにす
るという姑息な姿勢が、そもそも間違いです。

法律をいじってどうのこうのという小手先の泥縄対処の積み重ねが、自衛隊の
あり様を摩訶不思議な存在へと追いやる現状を生んでいるわけで、ここまで
来た以上、時間はかかっても改憲しか道はないと思います。

そうしないと、国民の精神的腐敗、国家の劣化は進む一方です。
軍の姿は国家・民族の道義が形になったものともいえますから。

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2008年6月 6日 02:50
防衛省、法律制度を検討する委員会を設置の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 防衛省、法律制度を検討する委員会を設置

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/640



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する