軍事情報トップ  »  軍事情報記事  »  自衛隊情報  »  予備自衛官の煩悶

予備自衛官の煩悶

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

アメリカのテロ以降、予備自衛官の召集が現実味を帯びてきてから、その可能
性を真剣に考えている今日この頃です。

直接侵略があった時は国民として、子として、親としてこれを防ぐことに躊躇
はありませんが、最近の国際貢献を前提とすると、人員の不足による直接侵略
以前での召集も想定されます。

召集されたとき、現役の場合、事後の生活は公務員として保証されていますが
(一部理解のある大企業も?)、中小・零細企業勤務や個人事業をしている予
備自には全く保証がありません。

従って昨今の中国情勢などの問題に対しては、お役人様よりもずっと過敏にな
っています。

(予備自衛官)


【050425配信 メールマガジン「軍事情報」第196号より】

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2005年4月25日 21:54
予備自衛官の煩悶の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 予備自衛官の煩悶

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/376



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する