軍事情報トップ  »  軍事情報記事  »  中国の軍事情報  »  人民解放軍、中将三名を上将に昇進

人民解放軍、中将三名を上将に昇進

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

中共の中央軍事委員会は六日、中将三名の上将昇進発令式を開催しました。
発令されたのは以下の三名です。

副総参謀長 許其亮中将
総後勤部政治委員 孫大発中将
海軍司令員 呉勝利中将

式では、中央軍事委員会主席(党総書記 国家主席)の胡錦涛が、三名に対し
発令書を交付しました。

その他、式に出席したのは以下の七名です。

中央軍事委員会副主席 郭伯雄上将
同 曹剛川上将(国防相)
同 徐才厚上将
中央軍事委員会委員 李継耐上将(総政治部部長)
同 廖錫龍上将(総後勤部部長)
同 喬清震上将(空軍司令員)
同 靖志遠上将(第二砲兵司令員)

委員では、総参謀長の梁光烈上将と、総装備部部長の陳炳徳上将が出席してま
せん。

今回昇進した三名の略歴は以下のとおりです。

○呉勝利上将(Wu Shengli)

Wu.jpg

 1945年生まれ。河北省出身。海軍。
 海軍福建基地司令員、東海艦隊副司令員、南海艦隊司令員。
 二〇〇四年から副総参謀長を勤め、昨年八月から海軍司令員。


○孫大発上将(Sun Dafa)

Sun.jpg

 1945年生まれ。安徽省出身。元瀋陽軍区政治部主任、元16集団軍政治委員。


○許其亮上将(Xu Qiliang)

Xu%20Qiliang.jpg

 1950年3月生まれ。山東省出身。空軍。
 元瀋陽軍区空軍司令員。前空軍副政治委員。
 

ちなみに、同日人民解放軍 4総部では他にも人事発令が行なわれています。

注目は総参謀部総参謀長助理(補佐)に発令された陳小工少将です。
各方面で「異例の人事」といわれています。

未来の総参謀長の呼び声高い副総参謀長・章泌生中将が、今回の異動で広州
軍区司令員に発令されています。今年初めに総参謀長助理から昇格していたこ
とが確認されてましたが、何だか無理な人事で、これにも異例さを感じます。

章中将は、部隊経験がないのが弱点とされていましたので、総参謀長就任への
布石ということでしょうか・・・
ちなみに、後任の副総参謀長は広州軍区司令員です。

で、陳少将ですが、
章中将が担当していたとされる情報・対外工作部門はこの人が引き継ぐようで
す。

同少将は1949年生まれ。山東省出身。
略歴は次のとおりです。
解放軍軍事学院戦略研究所研究員。副所長。1985年、総参謀部情報部第五局副
処長。同処長。同副局長。同局長。在米シナ大使館附武官を経て、前職は中央
外事工作領導小組弁公室副主任。

一貫した経歴から見て少将は、明白に情報将校です。
ちなみに父親は、初代駐日大使・陳楚です。

軍情報部当時の部長は、対日謀略活動で有名な熊光楷上将(退役)でした。
陳少将は、当時から熊上将にずいぶん可愛がられていたそうです。
ちなみに、章中将も熊上将のお気に入りです。

シナの対外情報・謀略活動は、総参謀部情報部が行なっているとされます。
しかし、少将が長く勤めた総参謀部情報部第五局がいかなるものかは不明で
す。「第五列」を担うところなんでしょうかね。(苦笑)

【参考】 人民解放軍4総部の人事

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2007年7月 9日 21:35
人民解放軍、中将三名を上将に昇進の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 人民解放軍、中将三名を上将に昇進

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/69



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する