軍事情報トップ  »  軍事情報記事  »  中国の軍事情報  »  中国、ベネズエラ-ウルグアイの衛星を軌道に投入する計画

中国、ベネズエラ-ウルグアイの衛星を軌道に投入する計画

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

メキシコの報道によれば、ベネズエラとウルグアイは今年中に通信衛星を打ち
上げる計画を持っているそうです。二〇〇五年十一月に合意した内容によれば、
「VENESAT-1」(ベネズエラでは「シモン・ボリバル衛星」と名付けられたとか)
という名の衛星は、シナ軍系の航空宇宙企業「中国長城工業総公司」(*)が
計画・製造・テスト・軌道への投入を行なうこととなっています。

打ち上げは今年九月後半から十一月初旬までの間に、シナのロケットで行なわ
れます。

複数の情報筋によれば、この衛星は十五年の耐用年数を持ち、シナ南西部にあ
る西昌衛星発射中心から長征3号B(CZ-3B)に搭載され打ち上げられるそうです。
あわせてシナは、ベネズエラ領内での複数の衛星観測施設建設に対する援助も
行ないます。

ベネズエラのブリセノ国防相は「この衛星は民生目的である。ベネズエラとウ
ルグアイにおける通信産業発展を図るためのものだ」と述べています。
こんなことば、誰も信じてません。笑

⇒産油国でお金を沢山持っているベネズエラは、一九九九年に左翼のチャベス
大統領が就任してから、シナとの関係を強化してます。同大統領は、「ボリバル
革命」を提唱しています。

ちなみにシモン・ボリバルというのは南米独立闘争の英雄の名前です。

【参考】
シナが新ロケット発射拠点を建設へ
http://okigunnji.com/cat18/100/post_110.html
中国長城工業総公司
http://www.cgwic.com.cn/

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2008年4月12日 20:41
中国、ベネズエラ-ウルグアイの衛星を軌道に投入する計画の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 中国、ベネズエラ-ウルグアイの衛星を軌道に投入する計画

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/438



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する