軍事情報トップ  »  軍事情報記事  »  中国の軍事情報  »  シナ海軍の原潜

シナ海軍の原潜

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

PLAN-newssbn.jpg
シナ海軍の新型原潜とのことです。【写真 新浪軍事】

PLAN-gen-class.jpg
現在建造が進められている「元」級潜水艦です。【写真 新浪軍事】


ちなみに添付記事には、

「ここ数年来、米国は中国の潜水艦に対する関心度を増してきた。

1996年3月、解放軍が東南部の沿海で空前の規模の軍事演習を行うことが海外メディアに報じられると、米国は「インデペンデンス」「ニミッツ」の2つの空母戦闘群を派遣して台湾海域の近くまで来た。

「ニミッツ」は台湾海峡を通り抜けるよう行動する、と米は公言したが、青島基地の原子力潜水艦2隻が行方不明になっているのを偵察衛星が発見したところ、急いで「ニミッツ」に対し、台湾海峡の350海里外で止まるよう命令した。

これは中国の潜水艦が米国の脅威であることを意味している。」

と書かれています。

「元」級潜水艦は、2004年に初めて存在が確認された中国最新の国産通常動力型潜水艦で、現在2隻が就役しています。性能の詳細は不明。

最新型の原潜は「晋」級と呼ばれ、1番艦が2004年7月に進水しており、 2008年就役予定です。

日本周辺国の軍事兵器 "晋級原子力弾道ミサイル潜水艦(094型/ジン級)"によれば、

「現在開発中の弾道ミサイルJL-2(巨浪2/CSS-N-5)を搭載する新型戦略原潜で、同型4隻の建造を計画しているといわれている。1番艦は2001年葫蘆島で起工され2004年に進水し、2008年に就役すると言われているが、その工程はJL-2の開発如何にかかっているといえる。いずれにせよ、夏級1隻では実質的な核抑止効果を期待できない中国にとって、本級と潜水艦発射型弾道ミサイル・システムの早期配備は緊急の課題となっている。」とのことです。

■性能緒元
水中排水量 9,000t
全長 125.0m
主機 加圧水型原子炉×2 蒸気タービン×2 1軸
水中速力 不明

【兵装】
弾道ミサイル JL-2(巨浪2/CSS-N-5) / 垂直発射筒 12基
魚雷 533mm長魚雷(12発) 6門

【参考】
新浪軍事 "図文:中国新型戦略核潜艇"
新浪軍事 "図文:中国海軍最新型元級常規潜艇"
日本周辺国の軍事兵器 "晋級原子力弾道ミサイル潜水艦(094型/ジン級)"

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2006年11月17日 22:24
シナ海軍の原潜の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: シナ海軍の原潜

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/4

米海軍は二個空母任務部隊(「キティ・ホーク」と「ニミッツ」その他艦艇)の訓練を台湾東方沖で実施 続きを読む



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する