軍事情報トップ  »  軍事情報記事  »  中国の軍事情報  »  人民解放軍高級将校四名の異動

人民解放軍高級将校四名の異動

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

十七期全人代を来週に控え、シナの中共は対台湾戦の作戦立案に関わった高級将校の要職への人事異動を行なっています。背景には、今回の全人代が、台湾独立を阻止するための新戦略を採用することがあるといわれています。

先日お伝えしましたとおり、軍令トップの総参謀長には前総装備部長の陳炳徳上将が先月着任しています。
この人は八十年代に南京軍区参謀長を、九十年代に南京軍区司令員を経験しています。総装備部長としては、先日お話した通り、武器の近代化、宇宙計画の迅速な現代化を指揮しました。

先月、新しい空軍司令員に着任した許其亮上将はパイロット上がりです。
こちらも先月発表されています。
また先月、国営ニュースメディアは、許其亮上将の後任となる副総参謀長に、馬暁天中将が昇進したと発表しています。

⇒アメリカ発の報道にはいろいろありますが、特にシナがらみではピント外れ
が多いです。これなどはその典型ですね。無理やりという感を受けます。

(参考)
「人民解放軍、中将三名を上将に昇進」

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2007年10月15日 18:34
人民解放軍高級将校四名の異動の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 人民解放軍高級将校四名の異動

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/160

米海軍は二個空母任務部隊(「キティ・ホーク」と「ニミッツ」その他艦艇)の訓練を台湾東方沖で実施 続きを読む



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する