軍事情報トップ  »  軍事情報記事  »  中国の軍事情報  »  シナの台湾向けミサイル900基を超える

シナの台湾向けミサイル900基を超える

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

DF11.jpg【東風11 (写真 新浪軍事)】

11月9日、呉・台湾行政院大陸委員会主任委員は、シナが台湾向けミサイルを900基以上保有していることを明らかにしました。

その後の19日、インターナショナル・アセスメント・アンド・ストラテジー・センターのリチャード・フィッシャーさんが、「台北タイムス」に寄稿した論文「台湾はより深刻な危機に直面している」のなかで、以下のような指摘をされています。

・シナ軍は全天候型精密誘導爆弾「JDAM」を空軍で展開しようとしている。
・第二砲兵はこの2年で、対地巡航ミサイル(LACM)の配備を開始している。
・シナは、いずれも短射程弾道ミサイル(SRBM)の「東風15型[DF-15,CSS-6]」(射程600キロ)と「東風-11(改)[DF-11,CSS-7]」(射程300キロ)をあわせて800基程度配備している。
・巡航ミサイルの精度は高く、衛星ナビの使用と最新型の電磁パルス(EMP)弾頭で、民間の電子インフラを崩壊させる能力を持つ。
・真の問題はシナが衛星を保有し「JDAM革命」が進展している点にある。
これによりシナには衛星誘導の「JDAM(全天候型精密誘導爆弾)」運用が可能となった。
JDAMは爆撃機に搭載できる。

最後にフィッシャーさんは、
「台湾政治の分裂は国防の妨げを招いており「台湾は生き残るための決断に欠け
る」との印象を与えている」と締めくくっています。

⇒シナのミサイルについて米国防情報庁(DIA)は、「短射程弾道ミサイル(SRBM)
は、年あたり約100基増加されている」とし、台湾国防部は「05年末現在で784基が
配備済みの短射程弾道ミサイル(SRBM)は年間70~100基のペースで増加している」
(台湾国防部 2006年版「国防報告書」)としています。

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2006年11月21日 13:24
シナの台湾向けミサイル900基を超えるの関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: シナの台湾向けミサイル900基を超える

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/10

米海軍は二個空母任務部隊(「キティ・ホーク」と「ニミッツ」その他艦艇)の訓練を台湾東方沖で実施 続きを読む



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する