軍事情報トップ  »  軍事情報記事  »  中国の軍事情報  »  中共の821工場

中共の821工場

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

四川地震では821工場も被害を受け、そこにあった核関連物質が怪しい状態にあるようです。

集めた情報を箇条書きで記します。

1.四川省広元市三推には1973年半ばに稼動を開始したプルトニウム製造施設「821工場」がある。(32° 25' 60.00", +105° 52' 0.00")

【衛星写真】

大きな地図で見る

1.今回の地震で同工場も被害を受けた。
1.三推には「核工業技術学校」「四川核工業」など核関連施設が集中している。
1.共同によれば、821工場の入口付近は軍と警察が封鎖しており、立ち入り禁止になっているとのこと。
1.821工場はICBM「東風5号」等の核弾頭用のプルトニウムを製造する施設である。
1.821工場はIAEAには登録されていない

1.中共環境省は二十三日、今回の地震で五十個の放射性物質に関し問題が発生し、うち三十五個を回収したが十五個は行方不明と発表した。その時点では「放射能洩れは起きていない」と強く主張している
1.一方、地震発生直後、821工場に対し千二百トンに及ぶコンクリートが運び込まれたとの情報が二十四日までに出ている。821で発生した放射能洩れを封じ込める作業が行なわれていると推定される。
1.地震発生直後、温家宝が核の専門家と共にすぐ現地入りし、その後胡錦涛も速やかに現地入りしたのは、今回の地震が核施設にもたらす影響を受けてのものである。

⇒おそらく放射能洩れは起きていると思います。必死に隠しているようですが。

地震発生六日後の十八日、中共とパキスタン政府は国境警備の強化で合意しています。
合意内容はテロ関連情報の交換、容疑者引渡し、当局者の定期相互訪問制度の整備などです。

チベット亡命政府(在インド北部ダラムサラ)は十八日、チベット問題に関する中共との対話について、「中共から『六月にも正式対話を行ないたい』との要請を受けた」と明らかにしています。実現すれば七回目の対話となります。

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2008年5月26日 12:48
中共の821工場の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 中共の821工場

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/613



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する